日本を守るのに、右も左もない
265800 社会保障と税の一体化?…大ウソ!ただの搾取(2)
 
原賀隆一 HP ( 61 熊本市 デザイン自営 ) 12/06/24 PM06 【印刷用へ
社会保障と税の一体化? ほとんどウソ(2)

この制度は、明治維新のとき、伊藤博文などが選んだ(仕向けられた?)道だが、実は当時の欧米で国際金融システムを創っていた「ロスチャイルド一家」の「中央銀行(日銀)=お金創造=国家に金を貸付=国民から税金を徴収=利息を取る」が始まったのである。

庶民は最初歓喜?した「苗字」を名乗って良いことになり、「土地所有」も認められたが、「戸籍台帳」に載せられ、「年貢(現物納税)」から「現金納税義務」になったため、現金収入の少ない庶民は借金してでも払わなければならなくなった。
また、土地、家所有は「固定資産税」が科された。

そこで各種の現金税が払えず、土地を手放したため地域の財家である「犬神家?」のような「大地主」があちこちの地方に現れた。

それらの大地主や、江戸時代からの両替商、札差などの大商人、または三菱(岩崎弥太郎)など、明治維新でグラバーなどユダヤ系商人と組んで財を成した財閥などが「財」によって「貴族院=現参議院議員」になったり、貴族(公爵、子爵、卿など)として「身分と財」を謳歌したのである。

その一人、福沢諭吉はいち早くユダヤ系資本家の仲間になり、「人の上に人を創らず…」などと宣って、いかにも人は皆平等であるなどと庶民を騙したが、彼こそが「新身分制度」の最たるものである。その貢献度?によって、お札の肖像にされるはずである。

結局、明治維新後は庶民にとっては全く良いことはなく、政府関係者(王侯貴族・官・財閥)が生涯潤うように、一般国民を金融支配するために作られた国家システムだった。

 国民には江戸時代までの封建制度から欧米並みの民主主義を取り入れた「大改革=新しい国家誕生」のように教育されてきたが、このときからずっと現代までほとんどそのシステムの根底は変わることなく「お金を創る」人たちとその配下(管理している)国民は働き蜂になってしまった。それを管理しているのが公務員(政府・官僚など)である。

そのなかで、「維新後のナショナリズム」を洗脳され、日清、日露、大東亜戦争(全て、支配者たちの金儲けのための戦争)に、国民は駆り出され、命と財をむしり取られてきた。

現在、その(日本史上最悪の)「明治維新」の精神を見事に受け継いできたのが、日本の政治(官僚・公務員)・経済システムである。

おそらく、日本の一般国民にとって「世界最悪の政治システム」ではないだろうか。消費税も含んで無数の課税率の高さは125カ国中トップ10に入る。マスコミでは欧米の消費税率と比べて低いというが日本の多種多様の課税は世界でもまれである。

1年間の労働収入のうち、いつまでが「税金」だけの収入かという計算では、確か、6月何日かだという。つまり、半年が税金のために働いているという計算なのだ。まさに国民は「奴隷」とも言えるだろう。いや何度も言うが、明治以来まさにそうなのである。

「増税」、「原子力」「エネルギー」「TPP」「IFM」「WHO」「過剰医療・薬品」「ワクチン」「食糧」などなど、ほとんど国際金融組織の下請けとして、今後もずっと、日本国民の財産、生命より支配者たちの財と地位と生命を維持するため、このシステムを堅持していくことだろう。

「社会保障と税の一体化」などといつまで国民を愚弄するのだろうか。
今の政治家の多くが、そこまでして(ウソついてまで、能力不足で)政治家になって、実に悲しい人生ですねと同情する。

もちろん我々国民はこの国から逃げることも、システムを変えることも出来ないが、自分の力量内で、いかに心豊かに幸せ気分で生きていきたい。
 
  List
  この記事は 265799 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_265800
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
267012 この国の税制は、高齢富裕層が有利になるよう作られている 斎藤幸雄 12/07/27 PM09
265994 驚愕!すでに日本の消費税は世界第2位になっていた! ET 12/06/29 PM08
265858 結構大切な税金の使い方という問題 佐藤英幸 12/06/26 AM04

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、42年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp