子育てをどうする?
26462 家族ユニットの実態的結合を目指す
 
阪本剛 HP ( 28 千葉 SE ) 02/03/13 PM06 【印刷用へ

 じゃあ、どうすればいいか、ということなんですが、一足飛びに家族関係や制度を変えるのは、抵抗が多いんで、まず実態として、大家族を成立させてしまえばいい、と思うんです。

 近所や友人の夫婦同士で仲良くつきあっている関係を自然に拡大していく、というような方法論が考えられると思います。

 カップル同士、核家族同士を寄せ集めた結合体を作るわけです。

 まあ、これに住宅的なインフラを整備すれば、結構おもしろいことができるかもしれません。

 今の住宅は核家族を基本ユニットとしていますから、子育ての面や近所づきあいの面で、どうも不具合が大きい。お隣さんどうしが自然に隔離されている。マンションは完全にコンクリートの箱ですからね。
 これを、物理的に誰かと顔を合わせないと生きていけないという環境に作り直すんです。

 真ん中に共同の中庭やテラスを設けて、建物で囲むとか、めちゃ大きな共同の居間、リビングを作るとか、外出や食事をしようと思うと、自然にみんなが顔を合わせると、いう感じですね。

 私の家の子供も、誰かの家に遊びに行こうと思うと、友達どうし事前に電話でアポを取ったりして、結構たいへんです。
 遊び場を確保しようと思うと、結局どなたかのお宅におじゃますることになるんですが、やっぱり子供が大勢くるとなれば、おやつの準備もいりますし、大きな声を出して走り回ったりする。どう考えても、親御さん同士、遠慮しちゃいます。

 その辺の気苦労がなく遊ばせることができたら理想的ですね。



 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_26462
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
みんなで子育て〜仲間で共同生活♪家族ユニットの実態的結合〜 「毎日のありがとう☆.。.:*・゜」 05/11/14 PM10
100706 人の家・みんなの家 山田純子 05/11/11 PM11
27032 核家族同士のつながり 廣重圭一 02/03/20 AM00
26634 女は集団動物? 吉岡摩哉 02/03/15 AM01
26498 思い込みの影に隠された「共生」のニーズ 西谷文宏 02/03/13 PM11
26489 真・ゆりかごから墓場まで 西村秀彦 02/03/13 PM10
26477 >家族ユニットの実態的結合を目指す 秋山仁美 02/03/13 PM09

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp