’70年貧困の消滅と私権の衰弱
264384 金貸し勢力の弱点と自滅の構造
 
縄文男児 ( 60代 経営 ) 12/05/20 AM02 【印刷用へ
彼らの最大の弱点は、数万人に1人の極少数しかいないという点にある。
これまでは、極少数でも、豊かさの実現という目的の下に大衆を収束させ統合することができた。
しかし、豊かさが実現されると、大衆は豊かさや私権の追求に代る目的をもとめて、根源回帰してゆく。そうなると、私権の追求を身上とする金貸しや悪徳エリートは、もはや、大衆を統合することができなくなってゆく。
また、豊かさが実現されると、市場は拡大を停止し、見せかけの数字だけが膨らんでゆく金融経済(=バブル経済)に突入するしかなくなる。そして、バブル経済に入って25年以上経った現在、市場は末期症状を呈しており、いつ崩壊してもおかしくない状況にある。
そこで、先ずは金融経済の終末の姿を描写しておこう。

┌─────────────────────────────┐
|金融商品(CDS債権等)の暴落→ペーパー会社に付け替えて塩漬け |
|                    ↓        |
|                 投機資金量の減少    |  
└─────────────────────────────┘
  ↓      ↓   
  ↓┌────────────────────────────┐
  ↓|それでも年2〜3%の企業や金持ちが破産→更に総資金量が減少|
  ↓└────────────────────────────┘
  ↓      ↑
┌─────────────────────────┐
|金融勢力(巨大企業を含む)を倒産させない為に税金投入|
|        ↓                |
|     大衆の窮乏化が進む           |
└─────────────────────────┘
         ↓
┌───────────────────────────┐
|それでも税収が大幅に不足するので、大量の赤字国債を発行|
└───────────────────────────┘
         ↓           ↓
┌─────────────────────────┐  
|国債利払いを抑えるために超低金利策→紙幣を大量増刷|
|                    ↓    |      |            ギリシャetcは国債暴落でデフォルト|
└─────────────────────────┘
         ↓    
┌───────────────────────────────┐
|超低金利で金融勢力の利幅が低下                |
|    ↓      それに加え総投機資金の減少で投機益も減少|
└───────────────────────────────┘
     ↓          
┌───────────────────────────────┐
|甘い貸付に走り、不良債権が増大→幽霊会社に付け替えて塩漬け  |
└───────────────────────────────┘
                       ↓
┌───────────────────────────────┐
|更に総投機資金量が減少(すでに株式市場の出来高は、ほぼ半減) |
└───────────────────────────────┘
      ↓
┌───────────────────────────────┐
|金貸しの資金減少で、軍人や学者や官僚に対する支配力が衰弱   |
|             ↓                 |
|         統制不能に陥ってゆく            |
└───────────────────────────────┘

中銀にとって、最も警戒すべきは、過剰供給による紙幣価値の暴落。従って、投機市場が回り続けるのに必要な資金以下≒金融勢力の塩漬けetcで減少した資金量以下しか供給できない。
従って、投機市場の総資金量はジリジリと減り続ける。従って、金融商品の価格を維持するために、最終的には国家が買い手となって買い支えに回り、その結果、国家財政に更なる大穴を空けることになる。
従って、このままでは、国家財政の破綻と紙幣の大増刷の必然的な帰結として、国債の暴落は不可避である。

例えば、米債が暴落して超インフレに陥れば、すでに窮乏化している大衆の大暴動は必至であり、そうなれば秩序崩壊して殺し合いから国家崩壊に至る可能性が高い。アメリカが崩壊すれば中国をはじめ十カ国以上が連動して崩壊するだろう。
金貸しが、最後まで中央銀行の紙幣発行権にしがみ付いて離さなければ、そうなる。

金貸しが、米・中その他の崩壊と自身の晒し首を避けたければ、中央銀行の支配権を手放し、国家紙幣の発行を認めるしかないが、彼らは最後まで権力にしがみつき、米・中崩壊と共に自滅してゆく可能性の方が高い。
 
  List
  この記事は 264228 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_264384
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
なんでや劇場レポート 「力の原理から共認原理への大転換」その3〜力の原理と私権原理(統合)の関係構造〜 「日本を守るのに右も左もない」 12/06/08 PM08
米国はどのように衰退してゆくのか?(3)〜アメリカの侵略を支えてきた軍事力〜 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 12/06/05 PM11
264574 いよいよ経済破局に突入か 辻一洋 12/05/24 PM11
264419 金貸しと悪徳エリートに止めを刺すのは? 縄文男児 12/05/21 AM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp