法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕
263755 地検特捜部はアメリカによる政治謀略の実行部隊として生まれた〜GHQの指揮下で立件された「隠退蔵物資事件」にそにの原型がある。
 
阿部和雄 ( 41 東京 設備士 ) 12/05/03 PM10 【印刷用へ
特捜の前身をたどっていくうちに、敗戦直後に小沢裁判と酷似した事件があったことを発見しました。

以下時夢 杜寸氏ブログより引用(リンク
 -------------------------------------------
 東京地検特捜部の前身は、敗戦国日本の隠匿された軍需物資をアメリカが接収する為に、実質GHQが創設した組織である。
 東京地検特捜部は、47年(昭和22年)に「隠退蔵物資事件」を契機に、東京地検で特捜部の前身「隠匿退蔵物資事件捜査部」 通称「隠退蔵事件捜査部」が発足した。

 「隠退蔵物資事件」とは敗戦後、軍需物資の燃料・アルミ・銅・貴金属・食料約2,400億円相当(現在の貨幣価値に換算して数十兆円)が行方不明となった。
 この事件について、47年3月、日本自由党の世耕弘一が「日銀の地下倉庫に隠退蔵物資のダイヤモンドがあり、密かに売買されている」と発言した。

 この発言を契機に、連合国軍最高司令官総司令部経済科学局長のマーカット中将の指揮の下、日銀の地下金庫を捜索してダイヤモンドや貴金属類を押収し、衆議院不当財産取引調査特別委員会は実態を調査することになった。
 不当財産取引調査特別委員会が調査を開始したところ、その金の一部が大物フィクサー・辻嘉六に渡り、大物政治家に金をばら撒き、政界への発言力を増して、自身に有利な事業展開を図ったことが判明した。
 この事件を契機に、GHQの指揮下にあった検察庁に、隠匿退蔵物資事件捜査部(現・特別捜査部)が設置されたのだ。
---------------------------(引用終わり)

当時の報道では、辻嘉六は「軍需物資で私腹を肥やす天下の極悪人」ということになっているが、事件の背後にはかなり異なる状況があったようだ。

以下「ぴゅあ☆ぴゅあ1949」より引用(リンク

-----------------------------------------------
辻嘉六事件/世耕情報事件とは何か。
「誰と誰が、どの様に、何に」 関わった事件だったのか。
(中略)
1. 同事件は大きく分けて、
(1)辻嘉六の資金問題、
(2)中曽根幾太郎の軍服払い下げ詐欺事件、
(3)亀井貫一郎の資金問題、
の、3つの事件 (本来は個別の事件) で構成され、これらが(意図的に)一体化して論議されるようになること。
2. 検察主導でストーリーが構築され、それに人物を当てはめていくという検察得意の手法で構成された様子があること。
3. 発端は小さな詐欺事件であるにも関わらず、脇役であったはずの辻嘉六のフィクサー生命が、結果的に絶たれていること。
4. 「辻嘉六事件」と「昭電疑獄」は同時期に発覚し、両者は裏表の関係にあること。
5. 「辻嘉六事件」 と 「昭電疑獄」 の収束した昭和23年末期に、入れ替わるように第二次吉田茂政権が発足し、また岸信介/笹川良一/児玉誉士夫が巣鴨拘置所より釈放されたこと。
-------------------------------(引用終わり)

一連の小沢裁判とまったく同じ構造が浮かび上がってくる。この事件後、特捜が立件した汚職事件は、田中角栄(ロッキード事件)、竹下 登(リクルート事件)、金丸 信(佐川急便献金)、鈴木宗男(斡旋収賄)、橋本龍太郎(日歯連贈賄事件)と続く。 

隠匿退蔵物資事件を契機に特捜の前身である隠匿退蔵物資事件捜査部が設立された。と書けば「巨悪を暴く特捜」のイメージにつながる。
しかし実際は、GHQの指揮下で検察が政治的謀略を実行し、その成功体験を引継ぐ専門部隊として隠匿退蔵物資事件捜査部(そして現在の特別捜査部)が組織されたのである。“アメリカによる政治的謀略の実行部隊”が地検特捜部の本質なのである。
 
  List
  この記事は 174968 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_263755
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp