日本人の起源(縄文・弥生・大和)
263074 カタカムナ関連周辺情報と各仮説
 
匿名希望 12/04/16 PM10 【印刷用へ
 カタカムナについては、ほとんど史実と言われる資料が今のところ存在しない。学者である楢崎皐月氏がカタカムナ図表を見出し、分析したという痕跡とその後の研究がなされたことは事実であり、学術的にも、考古学的に、史実として、作られた年代も、伝承した人物の実在の証明もわからないというものである。
 そこで、一旦、関係のありそうな言語をつないで、何らかの仮説から、歴史を紐解く必要があると思われます。ネットで拾った記事をもとに、仮に組み立ててみたい。
*********************************
◆関係図解
1】カタカムナ伝承家【平十字(ひらとうじ)氏】からの展開。
  ┣伝承するのは、平家(ひら)と食家(めし)(中家の三家?)だけ
  ┣平十字は、山窩族長?
  ┃┗雑賀 山窩(大王の密使)密教、陰陽道、修験道
  ┗父:カタカムナ神社宮司?
   ┗巻物は父祖代々『カタカムナの神のご神体』として伝わったもの
    (渦巻き状に丸と十字を基本とした図80種類)

2】カタカムナが伝えられた部族はアシア族・アシア人からの展開
 ┗チュルク(高令)の王を【アシナ】という部族?
  ┗アシアトウアン王朝
   ┃┣鳥をトーテム(神)とする部族(守護神とする部族)
   ┃┃┣斑鳩は斑の鳩の意、ペルシャに関連
   ┃┃┃┗聖徳太子
   ┃┃┃ ┗拝火教(ゾロアスター教)
   ┃┃┃  ┗原始仏教・ネトリウス派・ミトラ教・マニ教
   ┃┃┗遊牧民
   ┃┗芦屋道満(陰陽師)
   ┣月氏(アシ)
   ┃┗金官伽耶(半島国家 月支国)
   ┃ ┗タリム盆地出自(亀茲クチャ)
   ┃  ┗秦氏(秦(辰国))?
   ┣匈奴一派
   ┃┗天王朝:物部氏、新羅:蘇我氏、安曇水軍と対馬:阿比留一族
   ┃ 安部水軍、秋田水軍、メキシコアステカ人など関係
   ┗孝昭、孝安、孝霊、孝元、開化王朝
       ┃(神武、綏靖、安寧、懿徳王朝と対立)
       ┗孝安天皇:安日彦、王弟:長足彦(長スネ彦)
        安部貞任は子孫?
        ┗安部一族はアシアトウアン王朝の末裔?

3】カタカムナと陰陽道の類似より展開
 ┗陰陽道
  ┣古代の中国の自然哲学思想、陰陽五行説
  ┃┗易経
  ┃ ┗夏・殷
  ┃  ┗二里頭文化(苗族?)
  ┣賀茂忠行・賀茂保憲・安倍晴明
  ┃┗天文道:安倍氏と暦道:賀茂氏
  ┃ ┗葛城支族      ┣下鴨神社 ヤタガラス
  ┃  ┗金官伽耶     ┃┗賀茂氏と八咫烏(ヤタガラス)
  ┃   ┗鉄器      ┃ ┗勘解由使
  ┃    ┗半島と呉越人 ┗役小角  
  ┃             ┗修験道 
  ┗土御門家
   ┗土蜘蛛

4】カタカムナ人がシュメール人分派(古代列島移住した民族)から展開
 ┣カタカムナ文明はシュメール(メソポタミア)文明
 ┃┣シュメール神話継承(オリエント宗教)を持つバアル信仰ユダヤ
 ┃┃教徒イスラエル10支族列島渡来
 ┗┗融合して神道
   ┗継承した女王様が卑弥呼(鬼道という宗教)
    ┗エルサレム教団が日本列島に渡来(縄文人(カタカムナ人+
     イスラエル10支族)を東北地方においやり大和朝廷を樹立。
      ┗イエスのカッバーラ奥義より日本神道体系化
       (天照大神(キリスト)祖神)
        ┗天皇神話編纂   

5】楢崎氏が中国でであった蘆有三(らうさん)道士より展開
  ┗満州の吉林の老子教道院娘々廟(ニャンニャンビョウ)での出会い
   ┗老子教の古伝の不思議な話し
    ┃ 老子経古伝より、上古代の日本にアシヤ族の高度文明の種族
    ┃ あり。八鏡の文字(八鏡化美津之文字)を創り、鉄等開発。
    ┃ 神農氏らより伝承のシナの文化の原点。後代哲学、医学(易
    ┃ の思想や素文霊柩、漢方等)は、その文化の流れ。教えの源
    ┃ 流は古代日本からもたらされたものという言い伝えが秘かに
    ┃ 伝承シナ民族固有の文化(易・漢方医術・製錬法・老荘哲学
    ┃ ・堯舜(ぎょうしゅん)の理想政治等は、 日本上古代の文
    ┃ 化の流れをくむものとのこと
    ┣八鏡カミツ文字=神代文字
    ┃(神武天皇の即位の前の文字BC660年弥生?)
    ┃(八鏡カミツ文字 八鏡化美津之文字 八鏡文字)
    ┃ ┗古典四書・古伝四書・古史四書・異録四書
    ┃  ┣竹内文書(磯原文書、天津教文書)神代文字文書
    ┃  ┃武内宿禰の孫の平群真鳥編纂※現在は、偽書とされる?
    ┃  ┃天神7代・上古25代・不合朝73代の神武天皇前史あり
    ┃  ┗『フトマニ』『ホツマツタヱ』『ミカサフミ』三書は同
    ┃   一体系のホツマ系文書、ヲシテ文献とも。 
    ┗神農氏:古代中国伝説の皇帝。三皇五帝の三皇の一人。炎帝。
      諸人に医療と農耕の術を教えた。神農大帝と呼ばれる医薬と
      農業を司る神。

6】カタカムナ文献より日本の神名が随所に見られる
 ┗「イザナギ」「イザナミ」「カムミムスビ」「アマノミナカヌシ」
  など日本の神の名あり。
  ┗記紀などの歴史書との関係?
   ┗天皇との関係?
    ┗遊牧民の思想(万世一系、男子継承、天孫降臨など)?
*********************************
と羅列ながら、関係を見てきましたが、どうも、日本の過去の豪族との関係、天皇との関係、後代、天皇の密使とのつながり、さらに、大陸の西国とのつながりが見えそうです。
 
  List
  この記事は 255819 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_263074
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp