試験・身分制度の根深い害
261592 渡辺京二に学ぶ1〜庶民にとって学校とはいかなる存在だったか
 
山澤貴志 ( 46 鹿児島 ITコンサル ) 12/02/21 PM00 【印刷用へ
「逝きし世の面影」の著者にして江戸再評価のきっかけをつくった在野の思想家、渡辺京二が女子大生を前に「現代の生きにくさ」を語った「女子学生、渡辺京二に会いに行く」は非常に面白い本だ。リンク 旧観念とそれにもとづく制度に縛られた女子大生の苦悩に寄り添いながら、水俣公害闘争にも携わった(それ故に左翼の問題性にも自覚的な)人生の先達として「豊かさ以前の社会の姿」を語り、また日本人として共同体の再生の可能性をともに探っている。いくつも紹介したい内容があるのだが、「大衆と学校制度と天皇制度」についての記述を紹介したい。

以下「」は「女子学生、渡辺京二に会いに行く」より引用()内は引用者による補足

「学校というのはいろいろ問題があるんですけど、要するに近代的な学校はひとつの国民国家の人材を養成するということで、日本の場合は特にエリート教育が非常にはっきりしていた。国民といってもいろいろで下で労働者、百姓として一生懸命働けばいいという連中と、それから中間あたりで技術的なこと、あるいは官僚的なことと、実務を担っていく層と、それからさらにその上の国家の全体を指導していく層。その教育課程が、戦前はみんな分かれていたんですね。庶民は小学校どまり。帝国大学を出たら要するに国家的な指導者になるということだった。戦前の教育は完全に国家の必要にあわせて編成されていた。日本の場合は徹底していて貧乏人でも東大にいけた。というのは小学校の先生がほっとかない。この子はできるのに家は貧乏だから小学校で終わるのは惜しい。田舎だったら地主が金を出して援助してくれた。そういう一種の社会的な平等性というものを、つまり社会の各層から国家に必要な人材を発掘するというシステムにおいては戦前の日本というのはかなり進んでいたわけです。近代化から遅れて出発したから、それだけシステムが新しかったともいえるわけです。」

「一般の小学校までしか行かなかった人たちには、上の学校に行った人に対する尊敬の念はありましたが、コンプレックスもあった。(しかし)庶民の持っている学校に行った人に対する尊敬の念を徹底的に打ち破ったのが戦争でした。日本には徴兵制がありましたが、(大学へ行った連中は)いろいろな兵役を回避する特権を持っていた。ところが日中戦争、日露戦争が始まって大学出もみんな兵隊にとられた。そうしたら百姓出の兵隊はあきれたのです。大学を出たやつって、なんもできん。ゲートルを巻けない。何か動作をやらせても間が抜けていてのろのろしている。こんなにアホやったか、というふうに初めて大学のエリートたちの実態を見た。(ですから戦後は大学出は威張れなくなった)」

「学校というものはそういうもの(近代国家のエリート養成機関)でしたから、庶民からいうと、尊敬の念は持っていますが、実は関係ないわけです。今でも(熊本の)年配のお百姓さんや漁師さんは俺は(熊本の宇土半島の先端の)三角の東大(灯台)出だと冗談を言います。つまり、小学校しか出ていないことが誇りなんです。そして俺は学校は好かんかった。行かんかったというのも、これまた誇りなんです。‘山学校’という言葉があります。学校に行ってきまーす、といって山に行って遊んでることです。庶民というものは、権力装置としての学校なんてものとまったく無関係の世界で、自立した自分の世界、価値観を持ってたんですね。」
 
  List
  この記事は 261046 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_261592
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
261594 渡辺京二に学ぶ2〜庶民にとって天皇とはいかなる存在であったか 山澤貴志 12/02/21 PM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp