経済破局は来るのか?
261387 米国・中国ともに内戦必至の様相
 
猛獣王S ( バカボンのパパと同い年 ) 12/02/14 PM02 【印刷用へ
米国・中国ともに内戦必至の様相と見る向きがありますが、有り得ないシナリオではありません。日本も追随せぬように一線を画す必要があります。

『アメリカ国民の半分が生活保護』(ネットゲリラ)リンクより転載します。
----------------------------------------------------------------
 〜前略〜

新自由主義政策を推し進めれば進めるほど、落ちこぼれの貧乏人が増えます。格差拡大政策だから当然だ。貧乏人は政府が救済しなきゃならないが、政府は税金集めて運用されているので、原資に限りがある。そこで増税なんだが、新自由主義経済では金持ち優遇なので、カネを持っている人からは取り立てられない。落ちこぼれ寸前の貧乏人から増税して、ますます落ちこぼれを増やす。以下ループ。というのが現実です。史上空前の利益をあげた企業の法人税を減税して、消費税増税しようというんだから、日本も同じですね。

【国際】アメリカで生活保護に頼る人の数が増加 リンク

アメリカ国民の半数が生活保護に頼っており、その数が増加しています。
CNNによりますと、アメリカ・バージニア州にあるジョージメイソン大学の研究所の調査によれば、アメリカ人の3人に1人が、医療や食糧など、政府の支援を必要としているということです。
この報告では、この統計に、社会保障、医療保険、失業保険などの政府支援を加えると、アメリカ人の半数にあたる1億4800万人以上が、政府の支援によって暮らしているとされています。
アメリカの保守系シンクタンク、ヘリテージ財団も、報告の中で、「この2年で、国民の政府への依存度は230%以上増加した」としています。

 〜中略〜

1年前 アメリカはソ連にように崩壊すると予言した。
いまやそのとおりに進んでいる。小室直樹流の予言でいうなら2年以内に米国は崩壊する。
そして中国も同時期に内部崩壊する。
 
両国とも、内線状態に陥り分裂する。中国は、まず北京と上海に2分され、ウイグル モンゴル チベットでゲリラ活動が活発化するが、中央政府が消滅するので、おさえきれない。

地方軍閥が、それぞれ、自治政府をつくり、軍閥国家ができる。
米国では、内乱暴動で、州政府が、自治をする。南部 北部 西武 で3つの連合体国家ができる。

米国で内乱状態が収まるのに2年。ゆるい3国の州政府国家連合体になる。外見上 合衆国連邦政府の形となるが
実際には3つの州国家の集まりにすぎなくなる。
東部は社会民主主義政府
南部は保守的キリスト教宗教国家
西部が、従来的な米国国家となる。

 〜後略〜
----------------------------------------------------------------
 
  List
  この記事は 261370 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_261387
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
261462 アメリカ経済崩壊寸前!バルチック海運指数大暴落が示すものは中国経済の悪化 スパイシーモス 12/02/16 PM11

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp