健康と食と医
261266 原爆で被爆しても原爆症が出なかった人たち〜放射能を排出軽減中和する食品一覧〜
 
たっぴ ( 36 京都 会社員 ) 12/02/10 AM08 【印刷用へ
放射能汚染から身を守る為の知恵〜塩、味噌が身を守る!
(247376)を補完する内容です。

日本の今通信リンクより以下転載。

《放射能を排出軽減中和する食品一覧》をご紹介します。
短期間で在っても放射能の影響を受け易い成長過程にある子どもだけでなく、大人(40歳以上)でも長期間では確実に放射能が蓄積し染色体異常そして微細癌等を引き起こしてしまう体内被爆を先ずは日々の食生活を通じて防ぐことが最も大切です。

また余り知られていない真実ですが中国のゴビ砂漠等での核実験で発生した多大な放射性物質が偏西風に乗って黄砂として日本列島に降り注ぎ長期に渡り国土が汚染された結果、様々な癌の増加,気管支炎,アレルギーが発生しているので可能なら路地物よりハウス生産の野菜等を取ることが望ましいと【元自衛管の木内鶴彦氏】 リンクが伝えています。

-----------------------
《放射能を排出軽減中和する食品一覧》

「放射能を排出する食品」
●食で放射能をなるべく排出する方法。 過去の広島や長崎の前列から。

砂糖類摂らない。 水分控える。 塩を努めて摂る。 海藻、味噌、玄米。 玄米にすり黒胡麻塩。

放射能は体を冷やす【極陰性】、★自然治癒力が働く【温める陽性の食】を、そして放射能を排出する働きの食をできるだけ努めて摂る。

●放射線を防ぐ(軽減する)食品をお探しの貴方へ  
〜福島の方は今すぐ召し上がってください〜

「ヨウ素をたくさん含む食品ベスト10」
乾燥昆布一切れ1枚1グラム
トロロ昆布大さじ販売1グラム
乾燥ワカメ5グラム
いわし中2匹96グラム
さば1切れ100グラム
かつお1切れ100グラム
焼き海苔10枚3グラム
ぶり1切れ80グラム
塩鮭1切れ60グラム
寒天1角の半分4グラム
リンク

●放射線を中和する食品をお探しの貴方へ
放射能は【極陰性】、焼き梅干、玄米、昆布、で中和されるようだ。
広島原爆の時も知識ある人は『焼き梅干』で中和したと文献で読んだ。

砂糖、小麦粉、牛乳を飲まないようにする事で放射能被害の症状悪化は防げる。しょっぱいもの、塩気のものを取ってください。

「爆弾をうけた人には塩がいい。玄米飯にうんと塩をつけてにぎるんだ。塩からい味噌汁をつくって毎日食べさせろ。そして、甘いものを避けろ。砂糖は絶対にいかんぞ」秋月辰一郎 著書『死の同心円―長崎被爆医師の記録』(長崎文献社名著復刻シリーズ 2) リンク

1945年長崎に原爆が投下され多数の方が放射能を浴びて亡くなられました。その中で放射能による被害を免れた、爆心地から1km程度のところにあった聖フランシス病院内科部長であった秋月博士の体験されたことが、下記URLで紹介されていますので、是非ご参照ください。

秋月博士や救助にあたった人すべてが強烈な放射能を浴びながらも原爆症になることはなく、助かったそうです。
★秋月博士は最近までご健在でした。それは、玄米、味噌汁、昆布などの海草類からなる【伝統的日本食】を摂ることによって、体内の毒物を排出することができたからです。

一般に塩辛いものは身体に悪いとされます が、強烈な放射能に晒された非常事態下、秋月博士は味噌汁は塩分を濃くし、できるだけ辛くするように指導しました。

★そして甘い砂糖の使用は一切厳禁とした食事の結果、『救助に当ったすべての人』が放射能の被害から免れることができたとのことです。

《参考情報》
自然治癒力を生かした「命もうけ」の知恵&原爆症の出なかった人達 リンク 
===========転載終了================
以下は、ヨウ素の効能をリンクより転載します。

■ヨウ素の働き
ヨウ素は体内に15〜20mg存在し、そのうち70〜80%は甲状腺に含まれます。甲状腺ホルモン(トリヨードチロニン、モノヨードチロキシン、チロキシンなど)の構成要素として、たんぱく質の合成やエネルギー代謝、交感神経の感受性に関与します。

たんぱく質の合成への関わりから、皮膚や髪を健康で美しく保つ働きもあります。また発育の促進や基礎代謝の向上とも関係します。

■ヨウ素の吸収・排泄
ヨウ素は腸管での吸収率が高く、摂取量とほぼ同量が吸収され、
そのほとんどが尿中に排泄されます。

■欠乏症・過剰症
ヨウ素は欠乏すると甲状腺腫(甲状腺がはれる病気)を引き起こします。
また取りすぎても、甲状腺腫や甲状腺機能障害を引き起こします。
海草や魚介類に多く含まれるため、それらを多くとる日本では世界の傾向とは逆に不足はまれです。海からはなれた内陸地帯などでは、欠乏症がしばしば問題となります。
 
  List
  この記事は 247376 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_261266
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp