健康と食と医
261083 『冷え性』改善も、昔と今とでは効く食べ物が違う 〜『食の陰陽学』より
 
山田太郎 ( 34 千葉 会社員 ) 12/02/02 PM00 【印刷用へ
昔から『冷え性』はあります。
けれども、昔の冷え症の人と、今の冷え性の人とでは、原因が違っていて、
それに効く食べ物も違ってくるらしいのです。
以下、『食の陰陽学』の教室で先生が話していた内容です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

昔の冷え性の人は、いわゆる栄養が足りない人。
冷え性の人は総じて「陰性」だった。食べ物自体も今よりもっと少ないし、肉なんか食べなかったからね。
だから冬なんか、比較的「陽性」のかぼちゃを茹でて 食べさせると、冷え性は改善したのよ。「陽性」は身体が絞まるから、毛穴なんかから熱も放出されなくなるのよね。

けれどね、今の冷え性の人に同じことをすると、実はもっと悪くなるの。気をつけて。
今の冷え性の人はね、飽食の時代だし、肉とか沢山食べてるから、ほとんどが「陽性」。
「陽性」なのに冷え性?って思うでしょ?
「陽性」はさっきも言ったように、身体を締めるの。血管もね。
冷え性の人って、冷えるのは手先、足先でしょ?ここは すごく細い毛細血管が走っているんだけど、
ただでさえ細い毛細血管が絞まりすぎてると、血液が流れなくなるの。これが現代の冷え症の原因。
昔と全く違うでしょ?
だから、現代の冷え症の人は適度に「陰性」のものを与えると、血管が緩んで、手先 足先にも血液が流れるようになる。
具体的には、大根・じゃがいも・たまねぎ を煮て、茹でたスープごと頂くのがいいのよ。

おばあちゃんの知恵袋ってすごい大事だけど、時として昔と今とでは状況(外圧)が違っているから注意が必要なのよ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

同じ『冷え性』でも、昔と今とでは状況(外圧)が違うから、原因も違う。だから対処方法も違ってくるんですね。
 
  List
  この記事は 260919 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_261083
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
遺伝子の共同体
「利己的な遺伝子」を切開する 1
「利己的な遺伝子」を切開する 2
雌雄分化における統合
オスメス分化の塗り重ね構造
もともと、生物には親子関係など無かった
蛋白質は多様に連鎖反応する
オス・メスの事実の確認
進化積層体の意味
原始生物の適応(1)代謝系の進化と循環系
全てを個体に還元することはできない
根源的認識の理解、免疫系に見る…その2
免疫系に見られる認識、階層と構造について、その2
HLA分子
今西錦司の自然観に対する共感
老化のメカニズム
精子と卵細胞、そして母体
連続と不連続 mt-DNA解析への疑問
「種」をめぐって「構造」と「機能」
生物多様性のなぞ、その実現構造1
生物多様性のなぞ、その実現構造2
機能進化は遺伝子の変化に直結していない。
ウィルスの変異の仕組み
@iPS細胞とは?〜ES細胞の起源〜
AiPS細胞とは?〜ドリーの誕生〜

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp