西洋医療と東洋医療
261075 がんの原因は除草剤と農薬!がん細胞は肝臓を守るための浄化装置だった。
 
コロコロ ( 知りたい!がいっぱい☆ ) 12/02/02 AM00 【印刷用へ
増え続けているガンの死亡者数。
なぜこんなにガンに犯される人が増えたのでしょうか?

そもそも人間の体は丈夫にできており、
少しくらいの毒素は肝臓で処理できる。
その状況が一変したのが、生命力の強い雑草をも殺してしまう除草剤や
農薬がばら撒かれ始めたからだ。というのが今回ご紹介する仮説です。

『間違いだらけの健康常識 グローバルクリーン』リンクより引用します。

//////////////////////////////////////////////////////////

がん細胞は肝臓を守るための浄化装置だった

ガンの原因については世界中の学者が懸命に研究していますが、今だにガンの原因についての説明をする学説はありません。いろいろな要素が複雑に絡み合ってガンができてくるのだろうと一般的には考えられています。食品添加物、動物性食品の取り過ぎ、栄養過剰、塩分過剰、ビタミン不足、刺激の強い食品、たばこ、カビ、電磁波、ストレス、等々、いろいろなものが原因として挙げられていますが、これこそ原因というものはいまだにわかっておりません。これらのひとつひとつをチェックしてみてもどれもガンの根本原因にはなっていませんでした。人間の体は相当丈夫にできており自然治癒力が働いてそう簡単に病気にはならないようになっています。少しぐらいの毒素は肝臓でほとんど処理できます。

近代農業が農薬、除草剤を使うようになってからこの状況は一変いたしました。その毒性を調べていくにつけ仰天してしまったのです。最も生命力の強い雑草を枯らしてしまう除草剤の猛毒性についてはベトナム戦争ですでに実証済みです。どれだけのガン患者や奇形児が生まれたことでしょうか。遅発性の毒性で殺虫剤の50万倍、食品添加物の300万倍近い毒性があるという恐ろしいものです。これら除草剤の猛毒が人間の体内に入り始めてからガンや難病、奇病、原因不明の病気などが多くなったのです。医者は原因がわからないから治しようがありません。

日常の食品を通じて猛毒の除草剤などが肝臓にたまり始めてきたのです。肝臓の化学工場はこれほどの猛毒を処理するように設計されていませんでした。それでも肝臓は必死に働いて毒素を排せつしようと努力したのです。しかし化学工場肝臓の能力もすぐ限界に達してしまいます。人体で最も大切な器官である肝臓がダウンしては命がなくなってしまいます。それで少しでも命を守るために肝臓自体で処理できない毒素を1カ所に集めようとしたのがガン細胞だったのです。ガン細胞は体を守るためにできた非常浄化装置のようなものだったのです。

浄化装置を切ったらどうなりますか。又、どこかに浄化装置を作らなければいけません。これがガンの転移であり、切ってはいけない理由です。体内の血液を浄化していけば自然にガン細胞は使命を終えて小さくなっていきます。ガン細胞は肝臓や命を守るために第二の肝臓のような浄化装置として働いていたのです。だからガンに感謝しなければならないのです。ガン細胞を切り刻んで全身にばら撒くと3日ほどで死ぬそうです。毒が全身に回らないようにガン細胞は『毒素よ!ここに集まれ!』と集合をかけているようなものです。それでガンになっても半年から数年は生きられるのです。その間に食を改めれば治ってしまうのです。

現代人の90%近く、いや100%といってもいいくらい肝臓病になっています。肝臓で処理しきれない除草剤の猛毒は腎臓や前立腺、子宮、体内脂肪などへと回されていきます。脂肪のところに毒素が溜まっています。太っている人は体内毒素が多いと思って下さい。内臓に影響がないように脂肪のところに毒素を一時保管しているのです。

ガンがどんどん大きくなるのは体内に除草剤ダイオキシンを入れ続けるからです。しかしこれは生きている以上、食べていく以上防ぎようがなかったのです。市販の食品も魚介類も一切食べず、完全無農薬食品のみで生活できる人がどれだけいるでしょうか。 私たちは除草剤という猛毒を除草剤メーカーによって毎日、毒を盛られていると考えてもよいくらいです。除草剤を全廃しない限り人類の難病奇病、ガン、アトピーなどの病気の問題は絶対に解決しません。雑草を取る農作業が大変だから除草剤を使うという農家のエゴと恐るべきメーカーの企業エゴによって今日、人類の病気の苦難が続いているのです。絶対に許されてはならないことです。 この事を知った以上、除草剤の猛毒を体内に入れない努力とすでに体内にあるものを排せつすることを努力するしかありません。

////////////////////////////////////////////////引用終わり。

>日本の農薬使用量(1ヘクタール辺り)は、世界でダントツに高い。中国野菜は危険だ、などと認識していると思いますが、中国の2倍以上の農薬が、未だに使われています。260794

この事実からもがんの原因は除草剤と農薬であり、改めてがん細胞を切断するという治療法が体に負担をかける治療法であるかがわかります。
 
  List
  この記事は 259586 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_261075
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
273778 塩分の取りすぎがガンを誘発する 金時しょうが 13/03/16 AM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、42年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp