共認運動をどう実現してゆくか?
261070 【大阪府立高校の学区、14年度に撤廃】日刊NewStream(2012年1月31日付)
 
地域を守る人たち(旧:なんで屋) 12/02/01 PM09 【印刷用へ
ニュースの見方が変わる『日刊NewStream』をお届けします。

●大阪府立高校の学区、14年度に撤廃(リンク
地域政党・大阪維新の会(代表=橋下徹・大阪市長)が提案した教育基本条例案を巡り、修正案を検討していた橋下市長と松井一郎・大阪府知事は30日開いた府市統合本部会議で、府立高校の学区を2014年度に撤廃することを盛り込むと決めた。

3年連続定員割れの府立高を統廃合対象とすることも明記する。学区の撤廃・統合は近年、公立人気の復権を目指す都市部の自治体で目立つ。03年度以降、東京都や神奈川県などで撤廃が相次ぎ、大阪府でも07年度に9学区から現行の4学区に統合したばかり。兵庫県では15年度入試から現行の16学区を5学区に再編する方針だ。(1/31 読売新聞)

⇒一昨年からの私立高校の無償化と今回の公立高校の学区撤廃によって、競争原理が働き生徒のトップ校収束が強まっていくと考えられる。このトップ校収束によって高校に淘汰圧力が掛かり、公立高校の統廃合が進められていく。

(参考記事)
「大阪都構想」と「道州制」議論の本質とは?(リンク


●ペルー南東部でM6.3の地震(リンク
米地質調査所(USGS)によると、ペルー南東部イカ近郊で30日早朝、マグニチュード(M)6.3の地震があった。現在のところ、被害や負傷者の情報は入っていない。震源は首都リマの南南東約280キロ。リマでも揺れが観測され、住民らはビルが揺れたのを感じたと話した。地元メディアによると、震源地近くには地震発生当時、警報が出され、住民は屋外に避難したという。

イカに住むブランカ・カバニーリャさんは、「ひどい揺れを感じて本当に怖かった。2007年に起こったことと似ていた」と地元ラジオに語った。イカでは2007年に起きたM8.0の地震で500人以上が死亡、数千軒の家屋が損壊した。(1/30 ロイター)

⇒環太平洋で地震が頻発している。地震の予兆としては電場の変化と温度変化があり、ナマズ(電気受容器を持つ)やヘビ(赤外線受容器を持つ)などの動物はこれを感知して予知行動を起こしていると考えられる。

(参考記事)
【自然災害の予知シリーズ】-3-先人の知恵に学ぶ(動物編その2)〜地震の前、動物が感知するのは電流と熱!(リンク


●米イリノイ州の原発が緊急停止、外部電源喪失(リンク
米イリノイ州北部にあるバイロン原子力発電所で30日、2基ある原子炉のうち1基につながる外部電源が失われたため、炉が緊急自動停止した。非常用のディーゼル電源が作動し、炉の状態は安定しているという。別の1基は通常通り作動している。原発を運転するエクセロン社と米原子力規制委員会(NRC)が発表した。

既定の手順通り、炉の圧力を下げるため、低レベル放射性物質のトリチウムを含む蒸気を大気中に放出したが、原発作業員や周辺住民の健康には影響しないレベルという。NRCが定める原発緊急事態の深刻度4段階のうち、今回は一番低いレベルだった。(1/31 47NEWS)

⇒人間は自然の一部であり、自然の摂理の中でしか生きていくことはできない。自然の摂理に反した科学技術への慢心によって人類が滅亡の危機に陥っているとすれば、改めて目の前の事実を固定し直し、総括する必要がある。

(参考記事)
「科学技術は敗北した」という事実を認められるか、それとも科学技術と心中するか(リンク

路上で発信:なんで屋(リンク
 
  List
  この記事は 261027 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_261070
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
261080 【耐震設計ミスで14億円賠償命令】日刊NewStream(2012年2月1日付) 地域を守る人たち(旧:なんで屋) 12/02/02 AM09

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
お金〜ことわざより〜
市場と国家の共犯関係
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
潮流4:輸血経済(自由市場の終焉)
潮流5:失われた40年
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
市場の起源、原資拡大の方法、その真実の姿
金貸しの存在構造、不換紙幣の成立
国家債務危機〜ジャック・アタリ氏から21世紀を読み取る3
現実に社会を動かしてきた中核勢力
統合階級の暴走で失われた40年
米国債デフォルト:金融勢力の狙いは旧紙幣の廃棄
国債暴落後の世界経済はどうなる?
経済破局の下で秩序は維持できるのか?
国家紙幣によるゼロ成長の経済運営
学者・官僚・マスコミは、骨の髄まで金貸しの手先である
劣勢のロックフェラー勢は日本篭城計画を進めるしかなくなった
バブルとバブル崩壊〜金融資本主義の罠を仕掛けたロスチャイルド勢
40年の長期戦略を持ってEU統合と世界の多極化を進めてきた欧州貴族
闇の勢力争いの現状分析〜闇の支配勢力研究家の諸説をどう読むか。
「特権階級の世界」と「大衆の世界」〜2つの世界の断絶と接点は?
民間銀行から「信用創造・破壊権」を取り上げ中央銀行を国有化すればすべては解決する!
アメリカ、欧州で反金融の階級闘争が勃発か
金貸しは目先の利益追求に追われて、地球を破壊してきただけ
マネー経済の急拡大
マネー経済拡大の原因 Aグローバリゼーション
電通を媒介にしたアメリカによるメディア支配
世界中を巨大市場化していく諜報機関
ロックフェラーVSロスチャイルド 2大企業群
「ロックフェラー 対 ロスチャイルド」って何?(2)
「アメリカに食い尽くされる日本」を読んでA
9・11テロはアメリカの自作自演という世界世論
FRBは、アメリカ闇の勢力の中核部

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp