学者とマスコミはグルで頭脳支配
261046 11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
 
岡田淳三郎 ( 70代 大阪 経営 ) 12/02/01 AM00 【印刷用へ
いまや、観念思考をする者は、近代観念をメシの種にしている専門家か、「自分」観念に毒された観念派しかおらず、全員が根本追求を忌避している。それが、新理論が登場してこない理由である。
またその結果、観念世界には役に立たない旧観念しか存在しない。それが、大衆をしてここまで徹底して理論を毛嫌いさせる理由である。
ところが、近代観念は、それが「絶対正しい」という形で刷り込まれているので、それに反する認識を受け付けない。かくして、潜在思念は動いているのに、観念はまるで止まった時計の針のように動かず、同じ方向を指し示したまま、大衆の意識を支配し続けている。今、大衆の頭は、役に立たない近代観念に支配されながら新理論は忌避するという、救い様のない無限地獄に封じ込められている。

これら全ては、学校教育とマスコミによる徹底した観念支配の結果である。その観念支配の先鋒が、金貸しの下僕たる学者とマスコミであるが、市場を支配する金貸し勢は、現在も学者とマスコミに対して決して根本追求には向かわせないように、様々な圧力を加え続けており、金貸しに発するこの圧力こそが、観念世界全般に根本追求を忌避する空気が蔓延した直接原因である。
その意味では、出版物であれ、ネットであれ、決して新理論の構築に向かおうとしない全ての発信者は、金貸しの手先ではないにしても、その罠に嵌ったピエロでしかない。このるいネットのお勧めサイトに掲示されているサイト群も、その大部分が、政府や金貸しに対する批判と要求を繰り返しているだけで、決して新理論の構築に向かおうとはしていない。

だが、考えても見よ。その批判と要求しか出来ない思考回路は、金貸しが作った近代観念の思考回路と全く同じではないか。批判するだけならマスコミと変わらない。何より、批判するだけでは世の中は変わらない。事実、批判するだけで社会が変わった試しはない。それでも、批判と要求を繰り返し、金貸しに踊らされるだけの道化を演じ続けるつもりなのか?変革者なら、もっと根底から切開し、もっと根本から創造せよ。

社会を変えるには、まずこの現実世界を動かしている力の構造を掴む必要がある。そこまでなら、すでに数多くの「構造論」らしき認識が存在するが、問題は、その先である。次に、その力の構造をさらに根底から覆してゆく実現基盤を発掘しなければならない。それは、まだ誰も出来ないでいるが、決して不可能なことではない。
そのためには、人類史を(必要なら生物史にまで)遡って、歴史的に塗り重ねられてきた意識の構造と社会の構造を、実現基盤に到達するまで徹底して解明し切る必要がある。それが出来て初めて、否定の論理を乗り越えることが出来る。そして、このような実現の論理を導きの糸として、はじめて新しい共認社会を実現してゆくことが可能になる。また、その構造認識は、普通の人が自分で答えを出してゆくためのOS=概念装置ともなる。
 
  List
  この記事は 261011 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_261046
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
「福祉」に予算を充てるなら・・・ 「心機一転」 13/06/17 AM07
276112 現実直視することは同類圧力を捉えにいくこと? 横田雅彦 13/05/22 PM09
【新しい潮流と新理論の必要】11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口 「これからは探求の時代」 12/08/04 PM09
264411 植草一秀によるネット上の政治運動「主権者国民連合」創設宣言 ET 12/05/20 PM10
共同体企業ネットワーク理論勉強会テキスト(11) 学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口〜否定の論理から実現の論理への転換〜 「日本を守るのに右も左もない」 12/05/10 PM03
262682 大学への信頼が崩れた理由〜吉岡立教大学総長の祝辞より 山澤貴志 12/04/02 PM05
262313 日本の学校教育の仕組みは「言いなりになる」人材を作り出すためのプロイセン型を輸入したもの スガイク 12/03/20 AM00
261592 渡辺京二に学ぶ1〜庶民にとって学校とはいかなる存在だったか 山澤貴志 12/02/21 PM00
261101 12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論) 岡田淳三郎 12/02/03 AM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp