健康と食と医
260919 水はたくさん飲むほうがいい??ってホント?
 
久保田彰子 ( 34 福岡 OL ) 12/01/28 AM01 【印刷用へ
一般的に「水をたくさん飲むほうがいい」といわれますが、それって昔からそうだったのでしょうか?

ちょっと、目からウロコです☆

「体温を上げる料理教室/若杉友子著」p42-43から引用します。

o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★
(引用開始☆)

「水分を摂りすぎると血が薄くなりバテやすくなる」

水はたくさん飲むほうがいいと言われているでしょう。でも、湯茶は飲みすぎてはいけませんよ。ばあちゃんなんか、絶対にがぶ飲みはしない。喉がちょっと湿るぐらいで十分なのよ。

昔の子どもたちは、体育のときとか運動するときに、先生から「水を飲むなよ」って言われたものですよ。今は逆で、「水を飲めよ、水分補給を忘れるなよ」でしょ。なぜこんなに変わってしまったかと言うと、それは食生活の変化と関係があるんです。

今の子どもたちは肉食をやっているでしょう。もともと陽性な子どもが陽性な肉食をするから、ものすごく体が焼けるわけ。だから、子どもたちも本能的に水気が欲しくなるんですね。昔の子どもはバランスがとれていたから、必要以上の水分は摂っていなかったんだよ。

水を飲みすぎるとどうなるかと言うと、血が薄くなってバテる。体力がなくなってくるの。血を薄めたら、体が陰性になってしまうからね。私たちは血で生きているんですよ。頭のてっぺんからつま先まで、どこを切っても血が出てくるじゃない。だから、血が汚れていたり薄くなると体調がどんどんおかしくなるし、病気にもなるわけね。

(引用終了)
o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★

食生活の変化で、水の摂りかたも違うんですね☆
水もお茶もたくさん摂ったらいいというものではないようです。
 
  List
  この記事は 260903 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_260919
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
261083 『冷え性』改善も、昔と今とでは効く食べ物が違う 〜『食の陰陽学』より 山田太郎 12/02/02 PM00
260921 豆腐や納豆が体にいいというのは間違っている。 久保田彰子 12/01/28 AM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
シベリアからの狩猟部族(替え刃式細石器)の渡来
2万年前に南からも移住していた
南からの海洋漁猟部族(磨製石器)
縄文と日本人論をめぐって 
縄文人と農耕技術
縄文ネットワーク
「五大文明(?)」
祈りの民アイヌ(1)
RES:縄文から「アイヌ」まで
円筒土器と石刃鏃@
縄文時代の豊かな色彩文化
西欧と日本の階層意識の違い
縄張り圧力ではなく期待・応望圧力
「倭」=「日本」であるという定説の嘘
【要約】『邪馬台国論争終結宣言』山形明郷著〜@古朝鮮はどこにあったか?
【要約】『邪馬台国論争終結宣言』山形明郷著〜A楽浪郡・帯方郡はどこにあったか?
大量渡来か少数渡来か(1)
大量渡来か少数渡来か(2)
渡来人の出自(2)
縄文・弥生論争への視点
弥生時代前夜の社会状況
村落共同体の自治の歴史
弥生の侵略闘争
居徳は弥生に突入していた
弥生の統合様式と私有意識
採取生産時代のまつり統合とその限界@
「支配者から見た属国意識」〜5、武士とは日本の支配史にとって何か
カタカムナに学ぶ 〜日本語は上古代人の認識が現代に残っている稀有な例〜
日本語の持つ力2

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp