健康と食と医
260919 水はたくさん飲むほうがいい??ってホント?
 
久保田彰子 ( 34 福岡 OL ) 12/01/28 AM01 【印刷用へ
一般的に「水をたくさん飲むほうがいい」といわれますが、それって昔からそうだったのでしょうか?

ちょっと、目からウロコです☆

「体温を上げる料理教室/若杉友子著」p42-43から引用します。

o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★
(引用開始☆)

「水分を摂りすぎると血が薄くなりバテやすくなる」

水はたくさん飲むほうがいいと言われているでしょう。でも、湯茶は飲みすぎてはいけませんよ。ばあちゃんなんか、絶対にがぶ飲みはしない。喉がちょっと湿るぐらいで十分なのよ。

昔の子どもたちは、体育のときとか運動するときに、先生から「水を飲むなよ」って言われたものですよ。今は逆で、「水を飲めよ、水分補給を忘れるなよ」でしょ。なぜこんなに変わってしまったかと言うと、それは食生活の変化と関係があるんです。

今の子どもたちは肉食をやっているでしょう。もともと陽性な子どもが陽性な肉食をするから、ものすごく体が焼けるわけ。だから、子どもたちも本能的に水気が欲しくなるんですね。昔の子どもはバランスがとれていたから、必要以上の水分は摂っていなかったんだよ。

水を飲みすぎるとどうなるかと言うと、血が薄くなってバテる。体力がなくなってくるの。血を薄めたら、体が陰性になってしまうからね。私たちは血で生きているんですよ。頭のてっぺんからつま先まで、どこを切っても血が出てくるじゃない。だから、血が汚れていたり薄くなると体調がどんどんおかしくなるし、病気にもなるわけね。

(引用終了)
o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★

食生活の変化で、水の摂りかたも違うんですね☆
水もお茶もたくさん摂ったらいいというものではないようです。
 
  List
  この記事は 260903 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_260919
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
261083 『冷え性』改善も、昔と今とでは効く食べ物が違う 〜『食の陰陽学』より 山田太郎 12/02/02 PM00
260921 豆腐や納豆が体にいいというのは間違っている。 久保田彰子 12/01/28 AM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
自我ではなく、共認こそ原点である
自我とは?(フロイトとラカン)
個人主義<=>全体主義 と、利己主義<=>利他主義
現実否定の自己欺瞞
社会運動の自己欺瞞
市民という言葉の欺瞞
自然法、基本的人権とは何か−1
自然法、基本的人権とは何か−2
自然法、基本的人権とは何か−3
前夜の意識状況3 無用となった感応観念(価値観念や規範観念)
構造認識の現況1 否定意識や自我観念から脱却できない近代人=現代人
構造認識の現況2 特権知識階級の商売道具と化した「構造認識」
構造認識の現況3 既成観念の全的否定
観念パラダイムの逆転1 現実捨象の倒錯観念から、観念捨象の現実直視へ
観念パラダイムの逆転2 現実否定の倒錯思考
観念パラダイムの逆転3 現実とは、人々の意識である
「現実=自分自身」は事実認識(構造論)の核心部
新たなグランドセオリーとしての実現論1−グランドセオリーとは何か
新たなグランドセオリーとしての実現論2−傍観者、あるいは引きこもりとしてのアカデミズム
近代思想は宗教と同根
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
若者が実感できる『旧観念』
「何でだろう?」を封印してきた価値観念
同化に不可能視はいらない
相手の感情を前提にしたら『権利』など崩壊する

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp