健康と食と医
260903 砂糖の摂りすぎは、物忘れ、うつ病の原因になる。
 
久保田彰子 ( 34 福岡 OL ) 12/01/27 PM03 【印刷用へ
それでは、「260902 塩分を控えめにすると活力も失われてしまう」に対して、砂糖はどうなのでしょうか?

「体温を上げる料理教室/若杉友子著」p34-35より引用します。

.。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★
(引用開始☆)

砂糖は「溶血性食品」と言って、陰陽で言うと陰がすごく強い(極陰)。そして血液を汚して、血管をもろくしてしまいます。それから陰性のものが脳に行くと脳細胞がやられて忘れっぽくなる。物忘れをするというのは砂糖のせいですね。そう思ったら食べたくないんじゃない?

今はうつ病が増えているでしょう。これも砂糖の害ですよ。さらに言えば、砂糖よりももっと恐ろしいアスパルテームなどの合成甘味料の弊害ね。合成甘味料は、今やスナック菓子や市販の弁当のおかずをはじめ、ダイエット食品にも、チューインガムにも、アイスクリームにも、チョコレートにも、あらゆる商品に使われるようになっています。
大量生産、大量消費しているから要注意。

自分では砂糖を摂っているつもりはなくても、こういう合成甘味料が含まれているから厄介ですよ。それらが脳細胞を破壊しているんです。だから、できるだけ外食はしない方がいいし、ご飯は家で作って食べるようにしてほしいんです。お昼も、お弁当を持っていくようにしたほうが安全でしょうね。

昔の人はだいたい日の丸弁当だったのよ。お弁当にご飯を詰めて梅干を真ん中に入れて、隅っこに海苔の佃煮か漬物かキンピラごぼうを少し入れたくらいだった。「ご飯三口にお菜が一箸」という小笠原流の食事礼法があるんだけど、日の丸弁当はまさにそれに当てはまるわけです。

今の子どもの弁当箱を見てごらんなさい。ご飯が少しに、おかずばかりが並んでいるでしょう。一日三十三品なんていうから、一所懸命おかずを増やしているわけですよ。
でも、ばあちゃんに言わせれば、それは毒を食わせようとしているのも同然ね。

しかも、コンビニのお弁当は電子レンジで温めるでしょう。電子レンジは栄養素を全部破壊しちゃうよ。「安くて、早くて、便利で、手軽」というのが今の風潮だけど、不自然なことをすれば、必ず食歴となってそれに見合った症状や病気が次々と表れるから御用心。

(引用終了☆)
o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★

砂糖に人工甘味料に電子レンジ。。。
こんな危険性があるんですね。

特に無意識に入ってくる砂糖の摂りすぎに注意しましょう☆
 
  List
  この記事は 260902 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_260903
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
260919 水はたくさん飲むほうがいい??ってホント? 久保田彰子 12/01/28 AM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp