健康と食と医
260903 砂糖の摂りすぎは、物忘れ、うつ病の原因になる。
 
久保田彰子 ( 34 福岡 OL ) 12/01/27 PM03 【印刷用へ
それでは、「260902 塩分を控えめにすると活力も失われてしまう」に対して、砂糖はどうなのでしょうか?

「体温を上げる料理教室/若杉友子著」p34-35より引用します。

.。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★
(引用開始☆)

砂糖は「溶血性食品」と言って、陰陽で言うと陰がすごく強い(極陰)。そして血液を汚して、血管をもろくしてしまいます。それから陰性のものが脳に行くと脳細胞がやられて忘れっぽくなる。物忘れをするというのは砂糖のせいですね。そう思ったら食べたくないんじゃない?

今はうつ病が増えているでしょう。これも砂糖の害ですよ。さらに言えば、砂糖よりももっと恐ろしいアスパルテームなどの合成甘味料の弊害ね。合成甘味料は、今やスナック菓子や市販の弁当のおかずをはじめ、ダイエット食品にも、チューインガムにも、アイスクリームにも、チョコレートにも、あらゆる商品に使われるようになっています。
大量生産、大量消費しているから要注意。

自分では砂糖を摂っているつもりはなくても、こういう合成甘味料が含まれているから厄介ですよ。それらが脳細胞を破壊しているんです。だから、できるだけ外食はしない方がいいし、ご飯は家で作って食べるようにしてほしいんです。お昼も、お弁当を持っていくようにしたほうが安全でしょうね。

昔の人はだいたい日の丸弁当だったのよ。お弁当にご飯を詰めて梅干を真ん中に入れて、隅っこに海苔の佃煮か漬物かキンピラごぼうを少し入れたくらいだった。「ご飯三口にお菜が一箸」という小笠原流の食事礼法があるんだけど、日の丸弁当はまさにそれに当てはまるわけです。

今の子どもの弁当箱を見てごらんなさい。ご飯が少しに、おかずばかりが並んでいるでしょう。一日三十三品なんていうから、一所懸命おかずを増やしているわけですよ。
でも、ばあちゃんに言わせれば、それは毒を食わせようとしているのも同然ね。

しかも、コンビニのお弁当は電子レンジで温めるでしょう。電子レンジは栄養素を全部破壊しちゃうよ。「安くて、早くて、便利で、手軽」というのが今の風潮だけど、不自然なことをすれば、必ず食歴となってそれに見合った症状や病気が次々と表れるから御用心。

(引用終了☆)
o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★

砂糖に人工甘味料に電子レンジ。。。
こんな危険性があるんですね。

特に無意識に入ってくる砂糖の摂りすぎに注意しましょう☆
 
  List
  この記事は 260902 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_260903
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
260919 水はたくさん飲むほうがいい??ってホント? 久保田彰子 12/01/28 AM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp