健康と食と医
260786 ほとんど食わない生活
 
新聞会 12/01/23 PM02 【印刷用へ
生玄米と1日100cc位の豆乳ヨーグルトを食うだけで充分という生活を実践している飯山氏の記事を紹介します。

飯山一郎のLittle HPリンクより転載します。
---------------------------------------------------------------
きょうは、農暦では大晦日(おおみそか)だ。
「本年も大変お世話になりました。来年も宜しくお願いします。」
と、中国・韓国・北朝鮮在住の鷲の朋友・顧客には御挨拶を申し上げたい。
さて、きょうの日曜日、鷲は朝寝を楽しんだ。いや、惰眠をむさぼった。
なぜか最近、鷲は睡眠が楽しくてしょーがない。
最近、脳味噌はボケ気味だが、鷲、体調だけは絶好調なのだ。
「深く眠るには体力が要る!」
この格言どおり、最近の鷲は、ひじょーに深く眠っている。

「悪いヤツほど良く眠る…」
言っておく。こんな文句は、鷲には関係ないからな!

半年前、鷲の体重は68kg。見た目にもメタボ爺さんだった。
それが、生玄米100回咀嚼(そしゃく。噛むこと)の『仙人道』の修行の結果…、
現在は、59kg! 凄い! おそるべし! 生玄米の『仙人道』!
あ、『仙人道』とは、放射能対策のための『日本仙人道』のことである。

くわしいことは、下のリンクをクリックすれば分かる。読んでほしい。
◆ 日本仙人道:霞(カスミ)の食い方 (1)リンク
◆ 日本仙人道:霞(カスミ)の食い方 (2)リンク
◆ 日本仙人道:霞(カスミ)の食い方 (3)リンク
◆ 日本仙人道:霞(カスミ)の食い方 (4)リンク
◆ 日本仙人道:霞(カスミ)の食い方 (5)リンク
◆ 日本仙人道:霞(カスミ)の食い方 (6)リンク
◆ 日本仙人道:霞(カスミ)の食い方 (7)リンク
◆ 日本仙人道:霞(カスミ)の食い方 (8)リンク 
よーするに…、
人間は、生玄米と1日100cc位の豆乳ヨーグルトを食うだけで充分!
ということを鷲は実証しつつあるワケだ。
いまは、ほとんど食わなくても、59kg以下には落ちない。
これは、腸内で乳酸菌主体の発酵微生物が猛烈に繁殖しているからだ。
つまり、腸内の微生物。これは蛋白質と脂肪の塊(かたまり)なので…、
この腸内微生物の死骸が、鷲の体力を維持する栄養源になっている!
ちゅーワケなのだよ。
分かるね? この実証理論。
そーUーワケなので、諸君も「ほとんど食わない生活」をヤッてみたらE!
つの。
-------------------------------------------------------------
以上です。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_260786
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
294374 がん:死ぬも生きるも考え方次第だ 匿名希望 14/08/24 PM10
261216 【腸内細菌】パプアニューギニアの原住民は何故肉を食べないのに筋骨隆々なのか 山田真寛 12/02/08 AM08
261171 一日青汁一杯で13年間!栄養学では説明できない「生きるためのメカニズム」 阿部和雄 12/02/05 PM11

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、45年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp