西欧科学は狂っている
260544 社会統合観念としてのキリスト教史【年表】 〜近代科学技術を考察する基礎資料として
 
鈴木隆史 ( 47 大阪 技術 ) 12/01/15 AM01 【印刷用へ
>近代の科学者たちは自然をあるがままに観るのでは無く、数学的形式にあてはまるように(都合よく)現実には存在しない抽象概念を創出しました。そして、事物の本質の探究よりも、数学的表現を用いて現象の定量的法則の確立を優先させたのです。 (『科学はどこで道を誤ったのか?』(11)〜“観念の絶対視”が近代科学技術の根本問題〜 260440

“観念の絶対視”と言えば「宗教(一神教)」があり、一方で、生産力上昇(⇒科学技術の発展)を国力の源泉とする国家が形作ってきた「社会統合観念」があります。科学技術を考える上で、両者との関係が気になるところです。

そこで、キリスト教史の年表から、社会統合観念としての歴史を抜き出しました。参考にしてください。( リンク より)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●1世紀
64  ローマの大火を理由として皇帝ネロがキリスト教徒を迫害する。

●3世紀
250  皇帝デキウスによる大迫害が始まる。

●4世紀
301  アルメニア王国がキリスト教を国教とする。当時のアルメニアは、ローマ帝国の従属国だが、国家の国教としては世界初。
303  皇帝ディオクレティアヌスがキリスト教禁圧令を出し迫害する。
313  ローマ皇帝コンスタンティヌス1世がミラノ寛容令を発しキリスト教を公認する。
327  グルジアがキリスト教を国教とする(グルジア正教会)。
350頃 エチオピアがキリスト教を国教とする(コプト教・エチオピア正教会)。
361  皇帝ユリアヌス(背教者ユリアヌス)がローマ古来の宗教の復活を企てる。
391  皇帝テオドシウス1世がキリスト教を国教に定める

●5世紀
409  サーサーン朝ペルシア帝国が、キリスト教寛容令を出す。

●10世紀
950  デンマーク王ハーラル1世がキリスト教を公認
1000頃 アイスランドがアルシングにおいてキリスト教を国教として受け入れる
1000頃 スウェーデン王オーロフ・シェットコンヌングがイングランド人宣教師によって受洗

●11世紀
1014  デンマーク王クヌーズ2世がキリスト教を国教とする
1077  教皇グレゴリウス7世に破門された神聖ローマ皇帝ハインリヒ4世が赦しを請う(カノッサの屈辱)
1099  十字軍がエルサレム王国を建国。アンティオキア公国などの十字軍国家も並立

●12世紀
1155  スウェーデン王エリク9世、フィンランドへ布教(北方十字軍)

●13世紀
1202  第4回十字軍がコンスタンチノープルを占領し、ラテン帝国を建国。
1217  ハンガリー王の十字軍がエジプトを攻撃する。
1245  第1リヨン公会議開催、フリードリヒ2世の皇帝位を剥奪。
1255  パリ大学がアリストテレス哲学の講義を開始する。
1273  パリ大学教授でドミニコ会のトマス・アクィナスが『神学大全』を完成する。

●16世紀
1532  神聖ローマ皇帝カール5世がプロテスタントを容認する
1534  イングランド王ヘンリー8世が国王至上法を発布してイングランド国教会を創設し、カトリック教会から分裂する。
1536  ヘンリー8世がイギリス国内の修道院を解散させる
1598  フランスでナントの勅令により、プロテスタントが容認される。
1600  スウェーデン、リンチェピングの血浴を行ない、ルター派を国教に定める。

●17世紀
1648  清教徒革命により、イングランドの王制が廃止され、共和国となる
1683  オスマン帝国の第二次ウィーン包囲失敗。キリスト教各国、神聖同盟を結び、イスラム教に反撃

●19世紀
1804  ナポレオン1世がローマ教皇より戴冠されフランス皇帝に即位する。
1864  教皇が「誤謬表」を発表して、近代思想を非難する。
1871  ドイツで体制側とカトリック教会側が対立し、文化闘争が行われる。教皇無謬説が原因でドイツの一部のカトリック教会が復古カトリック教会として離脱する。

●20世紀
1922  ロシア革命の結果としてソ連が成立し、これ以降ソ連政権下でロシア正教会は大弾圧を受ける


 
 
  List
  この記事は 260440 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_260544
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
260996 東洋医学も西洋医学も自然哲学から誕生した 中村淳子 12/01/30 PM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp