生命原理・自然の摂理
260439 エクサピーコ・ゼロヘルツな彼らは「鉱物」からのスタート
 
勝寛舟 ( 徳島 ) 12/01/11 PM11 【印刷用へ
2012年の激動の世界情勢、

国民の財産を守れるのか?
国民の生命を守れるのか?
世界同時金融経済大恐慌は防げるのか?
放射能災害は解決できるのか?
世界第三次大戦は起こらないのか?
最終核戦争は防げるのか?
世界の大局を見ているのか?
人類の将来をどう思っているのか?
日本人の将来をどう思っているのか?
日本人の世界への役割・貢献をどう捉えているのか?
日本国の未来を見ているのか?
世界の人類の将来を考えているのか?

この問いに、彼らの誰一人として答えることが出来ません。
ただ、自分たちの権力維持とその低次元な争いにのみ集中し、広く世界を見ることが出来ません。
また、考えてもいません。
世界の会議に出かけても、世界支配層の配下のレベルの低い各国首脳陣にさえ相手にされません。

それも当然です。
彼らは、エクサピーコ(EXA PIECO)=原子核集合体は動いていません。
振動していません。
波動力がゼロです。
すなわち、ゼロHzです。

原子核集合体=エクサピーコは振動が高くなるほど軽くなります。
どこまでも移動できるようになります。
宇宙からの情報も入りやすくなります。
天才のように閃きます。

しかし、振動数が低くなると重くなります。
移動するのが難しくなります。

そして、肉体を失うと、どんどん沈みます。
地球の中心へ沈みます。
やがて、マグマから鉱物になります。

エクサピーコがゼロHzな彼らは鉱物からのスタートになります。

彼らとは、小泉、竹中、野中、仙石、菅、野田ほか愚かな既成政党の政治家や勝栄二郎はじめ官僚たち、日銀、司法、検察、警察、マスコミ、経済団体首脳たち・・・・・

あまりに低次元で低俗な輩たちです。

本来であれば、このブログで論じること自体遠慮したい輩たちです。

もう、彼らのことは「ほっときましょう」論じることは無意味です。

私たち日本人にはもっと大事な役目があります。
人類のすべてが存続できるよう、まともな世界が築けるよう世界の人々に示す役目があるはずです。

ベンジャミンさんの情報が真実であるなら、急がなければなりません。

しかし、たとえその情報どおりでなくても目指す方向は、エクサピーコを高めることです。
それが、この世で生を受けた目的ではないでしょうか。

今日は、予定変更をして申し訳ありません。
あまりに愚かな連中に「ムカッ」ときたので、愚かな記事を書いてしまいました。
私もまだまだエクサピーコが低いようです。
明日は、時空間移動の本質を理解しよう。
時空間移動した先で再生できるよう「本質」を磨こう。
を説明するつもりです。

つづく

関連情報は・・・ リンク
 
  List
  トラックバックを再送する(投稿者本人のみ)
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_260439
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp