アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争
260388 [ユーロ危機]は仕掛けられた危機!
 
新聞会 12/01/10 PM06 【印刷用へ
杉並からの情報発信ですリンクより転載します。
-------------------------------------------------------
私は1月6日のブログに[中央銀行の[金融独裁]反対する新たな動きが始まった!]という記事を書きハンガリーの国会がハンガリー中央銀行の[独立]を規制する法案を可決したことを書きましたが、ユダヤ国際金融資本の手先である3大格付け会社(S&P,ムーデイーズ、フィッチ)は 早速ハンガリー国債を[投機的]に格下げして[ハンガリー危機]を演出しています。

リンク

中央銀行の[金融独裁]反対する新たな動きが始まった!]

[ユーロ危機]がここに来て一段と進んできていますが、[ユーロ危機]とは[ユーロ]自体が危機ではなく、ゴールドマン・サックスを先頭とする[投機資本]=ユダヤ国際金融資本が利益と支配を狙ってEUの[実体経済]に攻撃を仕掛け[危機]を作り出している、と見るべきでしょう。

[ユーロ危機]の本当の狙いは、冷戦後の米国が[日本の経済力]を敵として[日本経済力破壊作戦]を仕掛けてまんまと成功したのと同じく、瀕死の米国を救済し[米経済防衛][ドル防衛][米国債防衛]のために米国が英国と一緒になって[米国の敵]となった[EUの経済力]を破壊する[EU経済力破壊作戦]なのです。

[EU経済力破壊作戦]の裏の司令塔はロスチャイルド、表の司令塔は米政府とFRB、BIS(国際決済銀行)、IMF、尖兵はゴールドマン・サッ クスと3大格付け会社(S&P,ムーデイーズ、フィッチ)でしょう。

▲ [EU経済力破壊作戦]の手順

(1)ゴールドマン・サックスは巨額な財政赤字に苦しむ当時のギリシャ政府と結託して、ゴールドマン・サックスからの融資を元に[粉飾決算書]を作成し2004年にギリシャの[ユーロ加盟]を実現させた。

(2)ギリシャでは[ユーロ加盟]によってバブルが発生し公務員優遇や放漫財政で財政赤字を膨らませた。

(3)3大格付け会社は[ギリシャ国債]をわざと高い付けにして主にEUの主要銀行が購入するように仕向けた。

(4)2008年ギリシアの政権交代によって[粉飾決算]が暴露され巨額な財政赤字が暴露された。

(5)2010年3大格付け会社は[ギリシャ国債]の格付けを一気に6段階格下げして[ギリシャ危機]を演出した。

(6)2011年紙くず同然の[ギリシャ国債]を大量に抱えたEU主要銀行は経営危機に陥った。

(7)特に大量の[ギリシャ国債]を抱えたフランスとドイツの主要銀行は政府による資本増強で救済された。

(8)[ギリシャ]の次には200兆円の財政赤字を抱えた[イタリア]をターゲットにして同じ作戦が実行された。ちなみにギリシャの新首相もイタリアの新首相もECB新総裁も全員ゴールドマン・サックスの元重役。

(9)[ギリシャ]→[イタリア]→[スペイン]→[フランス]→[ドイツ]へと[金融危機]を拡大させ[ユーロ]を弱体化させ[EU経済力破壊]するのが2012年の目標。

▲ 米英の[EU経済力破壊作戦]に対抗してEUがとるべき作戦

(1)国際投機資金に課税する[トービン税]を直ちに導入する。

(2)[ユーロ危機]を仕掛けたゴールドマン・サックスを始めとする投資銀行、ファンドなどを営業禁止にする。

(3)[ユーロ危機]を仕掛けた3大格付け会社を営業禁止とする。

(4)EU各国はユーロと自国通貨の二本立てとする。

(5)EU各国は中央銀行を国有化する。

(6)英国をEUから除名する。

(7)BISを解体しロスチャイルドとFRB、IMFの影響を排除する。

(8)民間銀行から[信用創造特権]を剥奪して[通帳マネー]と[投機マネー]を根絶する。
-------------------------------------------------------
以上です。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_260388
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
TPP、消費税は日本の企業生命をも奪う 「ねこってのフリーダムワールド」 12/02/21 AM09

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp