脳回路と駆動物質
260269 南米シャーマンが見ているもの 〜事例紹介〜
 
渡邊真也 ( 34 神奈川 建築設計 ) 12/01/06 PM11 【印刷用へ
南米アマゾンのシャーマンは自身と場合によっては患者にもアヤワスカを飲ませ幻覚状態で治療を施すのが特徴です。
また、治療は精霊の歌(イカロ)と言われる歌を歌いながら行われます。

実際彼らに、どのような世界がみえているのか。
元アマゾンのシャーマンだった画家パブロ・アマリンゴ氏の実体験に基づいた著書に事例が記載されていたので抜粋します。
本人が治療をされた際と自身が呪術師になる際の2つの事例を紹介します。

--------------------------------------------------------------------

■アヤワスカとの出会い
〜略〜
ある時、父さんは私の心臓が治るようにと、再び私にアヤワスカを飲ませた。
父さんは近くのピチリおじさんを師匠として病気を治す方法を学んでいた。
父さんは精霊の歌(イカロ)を歌って、私にアヤワスカを飲ませた。
すると、女性の姿をしたアヤワスカの精霊たちが現れた。私にかしずき、医者のチームさながらに、私の心臓を手術した。
彼女たちは心臓を取り出すと悪い部分を取り去って縫い、再び心臓を入れた。
そして翌日は一日寝ているように、その後数日は、塩や砂糖、脂などを抜いた食事制限をするようにと言った。
〜中略〜
その次の日は、まるでどこも悪くなかったかようにとても健康に感じた。そして霊的(スピリチャル)な存在が、人に作用するんだということを初めて知った。


■精霊に祝福されて呪術師になる
九時になると、女呪術師が再びやってきた。そして妹に三回の治療をすると、妹は完全に直った。
それから、女呪術師が歌い続けると、なんとその身体が、地面から40pよど浮かび上がった。身体が浮いていたのだった。
女呪術師は、集まった人一人ずつにアヤワスカを飲むように与えた。

〜外へ出ると、隣の家との間に座りこんでしまった。何かにとりつかれ死んでしまうような感じになって、何がなんだがわからなくなった。
すると、そこらじゅうに天使がいるのが見えた。話したり抱擁し合ったりしていた。

〜その時だった。精霊たちが私の前に現れてきた。ほとんどが女性の姿をしていた。彼女たちは見事な冠、ベルト、靴を私にくれた。
そして私の身にそれぞれを飾り付けたかと思うと、私を祝福し、キスをして行ってしまった。

〜アヤワスカを飲んだ後、10日間、食事制限をするようにと言われたので、その通りにした。
それから1ヶ月が過ぎた夜の九時だった。女呪術師が歌っているのとまったく同じ歌が、耳に聞こえてきた。
そして学ぶこともなく歌が歌えるようになった。さらにいろいろなことがわかるようになった。
ある時、若者が手紙を届けに来た。その姿を見ただけで、若者の具合が悪いのがわかった。それで思わず言った。
「あなたはここに痛みがあって、そこからそっちの方へも痛みが続いているでしょう。」と。
若者はどうしてそんな事がわかるんだと、びっくりしたが、本当だった。
私は若者の痛みをそのまま感じた。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_260269
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
260697 南米系シャーマンの世界 山田徹 12/01/20 PM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp