これからの暮らしはどうなるの?
260059 【MMS】入門編〜どんな病気・体調不良に効くの?☆*:・°〜
 
中川翔子 ( 23 山口 設計 ) 11/12/31 PM09 【印刷用へ
マラリアが治った!という偶然の発見から研究が進んだMMSですが、本当にありとあらゆるカラダの不調に効果を発揮するようです☆

過去10年間において、MMSによる回復または改善の報告があった病気の実例はなんと200種類以上!!

(以下リンクより抜粋)
* * * * * * * * * * * * * *
 
自閉症  
強迫神経症
アルツハイマー  
膀胱がん、乳がん、子宮頸がん  
強直性脊椎炎  
リンパ球性白血病  
白血病 
食道がん
関節炎 
肺がん 
リンパ腫  
転移性乳がん    
コレステロール 
背中の痛み  
慢性疲労  
肥満  
肝硬変 
風邪   
インフルエンザ  
腸がん     
糖尿病 
便秘  
クローン病  
貧血症  
盲目 
白内障
動脈の詰まり
心臓病  
心臓発作
癌(骨) 
重金属  
肝炎  
ヘルペス  
高血圧  
HIV エイズ 
骨肉腫
虫刺され  
不眠症
 
その他
* * * * * * * * * * * * * *
(抜粋終了)

続いて、
(以下リンクより転載)
* * * * * * * * * * * * * *
(前略)

MMS1滴は1円以下ですが、ClO2ガスを血流内に放出して、頑固なウイルス、寄生虫、病原菌を体外へと追放します。
8年 間にわたって、数十万人の人々が使用した結果と重ねて実施される血液検査結果および多くの医学研究論文が発表された結果から、安価で簡単に入手できる新し いデトックス方法が広がっているこの事実をお伝えすることができます。
体内の毒性物質をクレンズ(洗浄除去)する方法です。

MMS(実質は二酸化塩素ガス)は1947年以来、世界に広く知られており、パワフルな殺菌剤として様々な分野で使用されてきました。
この抗菌作用により、ほとんどすべてのバクテリア、真菌類、イースト菌、血流内の病原菌を的確に捉えて電気的な解体衝撃を加えて殺菌します。
一方では、健康な細胞に害を与えません。MMSは病原菌の壁から4個または5個の電子を剥ぎ取るのです。
ClO2分子は電気弾丸のような機能を持っており、免疫系が喜んでClO2を受け入れて直ぐに使用します。
 
赤血球がClO2をつかんで全身へ搬送します。
そして、全身のクレンジングとデトックス作用がじょじょに始まります。一例として、ほとんどのマラリアのケースにおいては、マラリア原虫は4〜10時間以内に消失します。
風邪やインフルエンザの攻撃から身を守ることができます。病原菌が侵入していれば、程度の違いはあっても、直ぐに病原菌の体内伝播を抑止できるのです。
* * * * * * * * * * * * * *
(転載終了)
 
  List
  この記事は 259964 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_260059
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、45年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp