西欧科学は狂っている
260003 『科学はどこで道を誤ったのか?』(1)プロローグ〜「科学技術は万能」という幻想を打ち砕いた福島原発災害〜
 
ブログ 地球と気象・地震を考える 11/12/30 AM03 【印刷用へ
今年は、東北大震災と原発災害という日本社会の根幹を揺るがす大きな出来事がありました。
この激動の年から新たな年を迎えるにあたり、年末・年始で12回にわたり特別シリーズ記事を配信します。
内容は、福島原発災害を通じて違和感が明確になった、「(信仰ともいえる)科学技術にたいする万能観」についてです。

◆ ◆ ◆ 「科学技術は万能」という幻想を打ち砕いた福島原発災害

----------------------------------------------
原発事故で大量の放射性物質が、大気中や大海中に放出された。
それでも多くの人は、安全視して普通に生活しているが、それは表面だけで、心中の不安は消えないでいる。むしろ今後は、時が経つにつれて、放射能被害の深刻さが明らかになってゆくだろう。
日本の政府やマスコミが、どれだけ事実を隠蔽し、デマを流そうとも、世界が福島を注視しており、事実に近い情報が明るみに出てくるからである。

※【実現論 序1.近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機(リンク)】より引用
----------------------------------------------

福島原発からの放射能汚染は、現地の被害も凄まじいですが、日本全国に拡大し続けています。
原発事故は、一部地域で済む話ではなく全国いや世界に影響することが明らかになり、そればかりかこれから何世代にもわたる次世代に負担を強いることも明らかになりました。
この現実に直面し、核エネルギーは、自然の摂理に反し、人間のキャパシティーを超えるものであることを人々は気付きつつあります。
そして、普通の感覚をもつ人々は、近代科学技術にたいする意識も変化しつつあるのではないでしょうか。

なぜ、このようなことになったのだろう? 科学はどこで道を誤ったのだろう?    ... 続きはこちら
 
  List
  この記事は 249153 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_260003
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
『科学はどこで道を誤ったのか?』(9)近代U〜国家体制に組み込まれ、専門化体制の中で無能化した学者〜 「地球と気象・地震を考える」 12/01/10 AM00
『科学はどこで道を誤ったのか?』(8) 近代T〜実験室で生まれた電磁気学が技術を先導し、観念発の「科学技術」が始まる〜 「地球と気象・地震を考える」 12/01/09 PM01
『科学はどこで道を誤ったのか?』(7)近代の前夜〜「科学技術による自然の征服」という思想の登場〜 「地球と気象・地震を考える」 12/01/08 PM09
『科学はどこで道を誤ったのか?』(5)ルネサンス(14〜16c)〜自然魔術による自然支配観念の萌芽と、「科学」「技術」統合への流れ 「地球と気象・地震を考える」 12/01/05 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp