健康と食と医
259491 「空腹を常態にする」はお薦めです
 
斎藤幸雄 HP ( 48 愛知 建築設計 ) 11/12/13 AM02 【印刷用へ
人類の歴史は、そのほとんどが極限的な飢えならば、「満腹」という状態は、異常な状態ではないのだろうか?

と、ふと思い「空腹を常態にする」ということを意識するようになりました。

実践しているは、食べる時に満腹感を感じるまで食べない、ちょっと物足りないところで食べるのをやめること。ここ1年ちょっと実践しています。

食べている時は「ちょっと物足りない」と感じても、食べ終わった時にはその感覚はなくなってしまいます。そして、その後も「空腹感」はあるのですが、それが心地よく感じます。

その効果は、
・満腹感がないので食べた直ぐ後も頭が冴えている。食べた後も直ぐに仕事に取り掛かれる。

・(直接関係ないかも知れませんが)朝も早く起きるようになり、仕事の取り掛かりから頭が冴えているので、午前中の時間を有効に使えるようになった。

・食べる量も減ったので、金銭的な節約になった。減量できた。

「空腹を常態にする」ことは良いことばかりで、悪いことは何一つ無い、が実践してみた感想です。
(もっとも私の場合は、朝起きた時には強い空腹感を感じているので、野菜スープを1杯口にするので、基本一日3食です)

「空腹感を感じたら、満腹になるまで食べる」というような現代の食生活は、人類にとっては異常なのでしょう。最近、頭が冴えない、ぼんやりしている時間が長いと感じている人は、ぜひ「一仕事して、強く空腹を感じたら食べる。満腹感を感じそうになったら食べるのをやめる」を実践してみてはどうでしょうか?お薦めです。
 
  List
  この記事は 259357 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_259491
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
260204 もったいないの語源は仏教にあり。 志水満 12/01/05 AM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
外圧適応態
外圧適応と多様化
根源的認識の理解、免疫系に見る…その2
収束と統合とは生きているという状態そのもの
雌雄分化における統合
闘争適応と共生適応の関係A
人類はDNAではなく、共認内容や観念内容を組み換えて適応している
ミラーニューロンと共認機能
改めて自然との共認
共認回路の特殊性
共認回路は個体境界を越えて情報を統合する
失語症の回復過程から言葉以前の共認を探る
主体認識と状況認識は一体では無いか
無意識とは本能・共認回路上の意識である
音読する感覚
音読と共認回路
対象への同化について
共認治癒力A
共認適応
ロール・レタリングという手法
脳構造についての視点
脳回路の2段階構造
胃腸から脳へ伝わる情報の方がはるかに多い
書籍紹介『奇跡の脳』B〜右脳マインドの働きとは?〜
書籍紹介『奇跡の脳』C〜左脳マインドの働きとは?〜
ドーパミンの基礎知識(ドーパミンの特異性)
ドーパミンは加速(増幅)物質
思考とドーパミンの分泌
エンドルフィンの不思議
エンドルフィンの不思議、その2
セロトニンの不思議、その1
セロトニンの不思議、その2
セロトニンの不思議、その3
「怒りのホルモン!」 ノルアドレナリン
「恐怖のホルモン!」 アドレナリン

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp