健康と食と医
259491 「空腹を常態にする」はお薦めです
 
斎藤幸雄 HP ( 48 愛知 建築設計 ) 11/12/13 AM02 【印刷用へ
人類の歴史は、そのほとんどが極限的な飢えならば、「満腹」という状態は、異常な状態ではないのだろうか?

と、ふと思い「空腹を常態にする」ということを意識するようになりました。

実践しているは、食べる時に満腹感を感じるまで食べない、ちょっと物足りないところで食べるのをやめること。ここ1年ちょっと実践しています。

食べている時は「ちょっと物足りない」と感じても、食べ終わった時にはその感覚はなくなってしまいます。そして、その後も「空腹感」はあるのですが、それが心地よく感じます。

その効果は、
・満腹感がないので食べた直ぐ後も頭が冴えている。食べた後も直ぐに仕事に取り掛かれる。

・(直接関係ないかも知れませんが)朝も早く起きるようになり、仕事の取り掛かりから頭が冴えているので、午前中の時間を有効に使えるようになった。

・食べる量も減ったので、金銭的な節約になった。減量できた。

「空腹を常態にする」ことは良いことばかりで、悪いことは何一つ無い、が実践してみた感想です。
(もっとも私の場合は、朝起きた時には強い空腹感を感じているので、野菜スープを1杯口にするので、基本一日3食です)

「空腹感を感じたら、満腹になるまで食べる」というような現代の食生活は、人類にとっては異常なのでしょう。最近、頭が冴えない、ぼんやりしている時間が長いと感じている人は、ぜひ「一仕事して、強く空腹を感じたら食べる。満腹感を感じそうになったら食べるのをやめる」を実践してみてはどうでしょうか?お薦めです。
 
  List
  この記事は 259357 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_259491
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
260204 もったいないの語源は仏教にあり。 志水満 12/01/05 AM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
自我ではなく、共認こそ原点である
自我とは?(フロイトとラカン)
個人主義<=>全体主義 と、利己主義<=>利他主義
現実否定の自己欺瞞
社会運動の自己欺瞞
市民という言葉の欺瞞
自然法、基本的人権とは何か−1
自然法、基本的人権とは何か−2
自然法、基本的人権とは何か−3
前夜の意識状況3 無用となった感応観念(価値観念や規範観念)
構造認識の現況1 否定意識や自我観念から脱却できない近代人=現代人
構造認識の現況2 特権知識階級の商売道具と化した「構造認識」
構造認識の現況3 既成観念の全的否定
観念パラダイムの逆転1 現実捨象の倒錯観念から、観念捨象の現実直視へ
観念パラダイムの逆転2 現実否定の倒錯思考
観念パラダイムの逆転3 現実とは、人々の意識である
「現実=自分自身」は事実認識(構造論)の核心部
新たなグランドセオリーとしての実現論1−グランドセオリーとは何か
新たなグランドセオリーとしての実現論2−傍観者、あるいは引きこもりとしてのアカデミズム
近代思想は宗教と同根
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
若者が実感できる『旧観念』
「何でだろう?」を封印してきた価値観念
同化に不可能視はいらない
相手の感情を前提にしたら『権利』など崩壊する

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp