実現論を塗り重ねてゆく
258352 10/30なんでや劇場6 影に隠れて暴走してきた金貸しの支配が明るみになった
 
冨田彰男 ( 48 兵庫 経営管理 ) 11/11/06 AM00 【印刷用へ
●金貸しが決して社会の表には出てこないのは、何故か?

社会の表に出ないのは金貸しが最初ではない。最初は官僚である。
王は戦争に対する大衆の防衛期待を受け、教会も大衆の救い期待を真正面から受けるが故に社会の表に出ざるを得ないが、官僚が社会の表に出てきたことは歴史上一度たりともない。

官僚支配になったのは大衆の秩序安定期待が高まったからだが、その期待は王が一身に引き受けることになる。そして、法制も王の名の下に施行される。

ところが、官僚は王を奉り、王を大衆の矢面に立たせながら、自分たちは大衆から責任を問われることのない位置に隠れており、その陰で法制化に伴う莫大な利権という旨い汁を吸い続けてきた。

この構造をはっきりと見抜いて、自分たちの責任逃れと利権の拡大に応用したのが商人(金貸し)である。
歴史上、金貸し自身が大衆の矢面に立った例はない。そして、裏では王や政治家を操っておきながら、その責任は全て王や議会に押し付けてきた。

それでも中世までは、官僚も金貸しも下手をしたら王によって首を切られることはあった。ところが近代以降は、王はいたとしても本当のお飾りで、王から首を切られる心配はない。議会や官僚も金貸し自身が支配している。

こうして、金貸しは上(王)からも下(議会や官僚)からも責任が問われることは全くない仕組みを作り上げてきた。大衆についても金貸しが支配する学者やマスコミが共認支配しているので、大衆から金貸しに追及の声が上がることはこれまでなかった。
つまり、近代の制度では金貸しの暴走に対する歯止めが完全に欠落している。だからこそ、地球をとことん破壊するに至るまで金貸しは暴走し続けてきたのである。

ところが、'00年に入って以降、ついにこの構造が白日の下に晒されようになった。

'70年貧困が消滅したことによって私権が衰弱し始め、資本主義=金貸し支配は終焉を迎えている。金貸したちの危機感は尋常ではないだろう。
何とかして終焉から逃れようとして、金貸したちは、マスコミや法制支配を始めとする全権力を行使して、やりたい放題の暴走を加速させてきた。

とりわけ、'00年以降の金貸しとその手先たる特権階級の暴走は目に余るものがあるが、彼らが奇麗事の衣装を脱ぎ捨てて暴走すればするほど、その正体が誰の目にも明らかになってゆく。さらには、追い詰められ生き残り競争に突入した金貸し同士が、互いにリーク合戦を繰り返せば繰り返すほど、地球破壊や経済危機の真犯人が金貸し支配にあることが、誰の目にも明らかになってきたのである。

このように近代社会を裏で牛耳ってきた金貸しが早晩終焉を迎えることは明らかである。問題は、お上捨象=社会捨象でこれまでモノを考えたことのなかった日本人が、いつ考え始めるのか? それが次の重要なテーマである。
 
  List
  この記事は 258326 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_258352
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
259624 11/27なんでや劇場1 集団は外圧に適応するためにあるが、その核を成すのは雌雄の性引力である 冨田彰男 11/12/17 PM00
共同体社会の実現に向けて−13〜実現論 序4.統合階級の暴走で失われた40年(その2)〜 「日本を守るのに右も左もない」 11/12/16 PM05
258487 強欲金融資本から金を引き出し、預け替えろ レオンロザ 11/11/10 AM08
258356 解った!!!! Silentservice 11/11/06 AM08

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp