アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争
258301 あなたはこうやって騙される あなたに仕組まれた12のワナ(2/2)
 
森羅万象 ( 知命 森 万象 ) 11/11/03 PM11 【印刷用へ
〜続きです〜

具体的にどんな手法が使われるのか?
---------------------------
 今、世界でも有数の「日本の富」を収奪するために、世界が虎視眈々と狙っている。アメリカは手負いの狼として日本の富を狙い、中国や韓国は隣国の弱みを嗅ぎつけて日本の富を狙っている。
 強い相手から奪い取るのは難しい。しかし、弱った相手から奪い取るのは楽だ。
 日本はバブル崩壊、政治力低下、売国政治家の増加、経済失策、大震災、とあらゆる国難に襲われており、今まさに弱った犬なのである。財産を持った弱った犬とでも言うべきか。
 だから、政治家やマスコミが最初に乗っ取られ、今度はそれらが「あなた」に対して工作を仕掛けている。国を売り渡し、あなたを弱体化させるための「仕掛け」が連日のように続いている。
 では、どんな手段を使って、あなたに仕掛けられているのか。大きな手法だけを取り上げると12項目ある。以下のものだ。
1. 都合の悪い情報の小出し作戦
2. 都合の悪い情報の後出し作戦
3. 都合の悪い問題のすり変え
4. 都合の悪い情報の隠蔽
5. 都合の悪い情報の矮小化
6. 都合の悪い人間にはレッテル貼り
7. 都合の悪い人間には分断工作
8. 都合の悪い人間には批判
9. 都合の悪い人間にはスキャンダル追究
10. 都合の良い大量宣伝、広告
11. 都合の良い結論に「誘導」
12. 都合の良い結論に導く「やらせ」
 ひとつひとつはあなたも気がつくと思う。しかし、これらの手法が一度に怒涛のように仕掛けられてあなたに迫って来る。避けても避けても、あなたを騙そうとする仕掛けが無数に飛んでくる。
 テレビを見ても新聞を読んでも雑誌を見ても広告を見ても、ありとあらゆるところで、大小様々な仕掛けがなされている。
 一番分かりやすい問題は、やはりこの12項目を原発問題に当てはめて検証してみることだろう。
 原発問題は莫大な利権が関わっていたので、政府・報道・企業が、全力で「あなた」を騙すために動いている。だから、逆に12項目の仕掛けが動いているのを検証しやすいということも言える。
 メディアのマインド・コントロール力は非常に強い。

あなたも取り込まれていくかもしれない
-----------------------------
 TPPに関しても、韓国崇拝強制に関しても、あるいは他の重要法案についても、すべては上記の12項目が使われ、そして同時並行で行われている。
 すでに政治家もメディアも経団連も宗教も、あらゆる組織団体の上層部がアメリカ・中国・韓国に取り込まれて敵になっている。だから、まともな政治もまともな報道もない。
 すべて妙な方向に結論が誘導され、事実は隠蔽される。
 真実を叫ぶ人たちは妙なレッテルを貼られ、大量の批判をされ、スキャンダルを暴かれたり、完全無視される。権力の犬のような人間だけが利用され、世論を動かしていく。
 そうやって、国民を騙しきって、単なる羊のような無害な存在にしてしまえば、本格的な日本収奪が完成する。
 テレビや新聞の影響力は今でも非常に強い。
 その影響力で朝から晩まで繰り返しウソを流し続けていたら、あなたの隣にいる人が、今日もひとり、明日もひとりとマインド・コントロールされていく。
 「放射能はテレビが大丈夫と言っているから大丈夫」「テレビがこう言っているからこうだ」
 日本はすでに、かなり際どいところまで追い詰められている。そのうちに、あなたも取り込まれていくかもしれない。
 あなたが気を緩めたり、疲れ果てたり、まわりに飲まれて行くと、そこであなたも終わりになる。
★―――★―――★―――★―――★―――★―――
こちらの筆者が勧めている書籍
〜省略〜
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〜転載終わり〜
 
  List
  この記事は 258300 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_258301
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
258307 布石…。〜『ユダヤの叡智』を科学的に徹底検証する!〜 Silentservice 11/11/04 AM11

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp