古代社会
258267 ギリシア神話〜最高神ゼウスにみる、婚姻による支配戦略〜
 
松井英仁 ( 40代 静岡 建築設計 ) 11/11/03 AM01 【印刷用へ
ギリシア神話の中で、最高神ゼウスは、ヘラという正妻がいながら浮気を繰り返していることから、無類の好色と評されることがあります。
こうした評価は、現代的視点からみた価値観に過ぎず、むしろ婚姻による侵略地の支配戦略と捉えるべきだと思われます。

YAHOO知恵袋(リンク)より引用
――――――――――――――――――――――――――――――――
神話は歴史的出来事が、歴史の記憶としてバックボーンになっています。

例えば、ヘラは昔からの(たぶん印欧族ではない)の古ギリシア人の地母神(大女神)で、母系崇拝と地母神(農業)です。翻ってゼウスはギリシアに侵入してきた印欧族の主神で男系崇拝の狩猟民族です。今のギリシア人の基です。
当然両者戦争があったのは考えられます。今の趨勢を見る限りゼウス族が勝利を収めたのでしょう。しかし慣習はそう簡単に変えられずしかもゼウス族も農耕をやりだしました。ここでデーメーテルという女神が穀物神となります。
この前史から考えるとお互いの妥協策としてヘラとゼウスの婚姻により社会の基盤を安定させたと思われます。

そこで歴史背景から神話に戻ります。ゼウスか浮気性なのは2つ。ひとつは誰でもやるだれだれの子孫でという箔をつけるため必要以上に浮気をしているという話。もうひとつのほうは戦略的に重要で2つの民族(トラキア・クレタ・フェニキアなどを加えるともっとたくさん)の架け橋になる事です。それには神様を増やさねばならない。実際は征服戦争でその土地の神をとりこんだのでしょう。
したがってゼウスと、浮気などしない貴婦人ヘラの白黒の対比が必要です。そこで浮気婚姻という神話が出来上がったのでしょう。

ゼウスはヘラを愛してはいますがお勤めは励まねばなりませんし、ヘラは理解しながらも高貴なオリュンポス最古の神としての威厳を発揮しなければならないのです。なおゼウスは自分の子供には手を出してはいません。子孫には出していますが、これも征服戦争の言い換えでしょう。
――――――――――――――――――――――――――――――――
 
  List
  この記事は 244974 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_258267
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
現代の神官=社会統合階級の欺瞞
個人主義者の詭弁 個人と自我
個人主義の責任捨象と言い逃れ
共認回路と自我回路
規範意識の形成の土台は? 
力の論理と共認機能
自我の源泉は、共認の部分否定にある
序列闘争は、共認されている
自我ではなく、共認こそ原点である
自我とは?(フロイトとラカン)
規範回路と観念回路の断層
我思う、故に我あり
漱石をねじ曲げる「奴隷」たちへ
「自我=エゴ」を制御するもの
相手尊重の意識の原点は?
歴史無視の表層的個人主義はウンザリ
共認充足がなければ生きられない
共認回路の特殊性
共認回路は個体境界を越えて情報を統合する
「自分らしさ」を理解できない人々
「心の豊かさ」に感じる胡散臭さ
規範の形成を阻んでいるもの
自己実現の「非」実現性
自我回路より共認回路の方が充足できる
“自我心理学”から“共認心理学”へ
あらゆる圧力を排除する個人主義
人類の本性は共同性にあるA
原始時代に自己中はいなかった
全体主義を生み出した犯人は、自己中
潮流1:共認原理と私権原理
私権時代から共認時代への大転換

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp