古代社会
258267 ギリシア神話〜最高神ゼウスにみる、婚姻による支配戦略〜
 
松井英仁 ( 40代 静岡 建築設計 ) 11/11/03 AM01 【印刷用へ
ギリシア神話の中で、最高神ゼウスは、ヘラという正妻がいながら浮気を繰り返していることから、無類の好色と評されることがあります。
こうした評価は、現代的視点からみた価値観に過ぎず、むしろ婚姻による侵略地の支配戦略と捉えるべきだと思われます。

YAHOO知恵袋(リンク)より引用
――――――――――――――――――――――――――――――――
神話は歴史的出来事が、歴史の記憶としてバックボーンになっています。

例えば、ヘラは昔からの(たぶん印欧族ではない)の古ギリシア人の地母神(大女神)で、母系崇拝と地母神(農業)です。翻ってゼウスはギリシアに侵入してきた印欧族の主神で男系崇拝の狩猟民族です。今のギリシア人の基です。
当然両者戦争があったのは考えられます。今の趨勢を見る限りゼウス族が勝利を収めたのでしょう。しかし慣習はそう簡単に変えられずしかもゼウス族も農耕をやりだしました。ここでデーメーテルという女神が穀物神となります。
この前史から考えるとお互いの妥協策としてヘラとゼウスの婚姻により社会の基盤を安定させたと思われます。

そこで歴史背景から神話に戻ります。ゼウスか浮気性なのは2つ。ひとつは誰でもやるだれだれの子孫でという箔をつけるため必要以上に浮気をしているという話。もうひとつのほうは戦略的に重要で2つの民族(トラキア・クレタ・フェニキアなどを加えるともっとたくさん)の架け橋になる事です。それには神様を増やさねばならない。実際は征服戦争でその土地の神をとりこんだのでしょう。
したがってゼウスと、浮気などしない貴婦人ヘラの白黒の対比が必要です。そこで浮気婚姻という神話が出来上がったのでしょう。

ゼウスはヘラを愛してはいますがお勤めは励まねばなりませんし、ヘラは理解しながらも高貴なオリュンポス最古の神としての威厳を発揮しなければならないのです。なおゼウスは自分の子供には手を出してはいません。子孫には出していますが、これも征服戦争の言い換えでしょう。
――――――――――――――――――――――――――――――――
 
  List
  この記事は 244974 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_258267
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
本能と観念の中間領域とは霊長類の世界では?
哺乳類の性闘争本能
ゴリラ、テナガザル、オランウータンと人類
『性闘争本能から縄張り闘争へ』
原猿における共感機能の進化の流れ
原猿のメスについて
原猿の縄張り闘争と子供の集団への残留
哺乳類のオスメスの庇護依存関係と原猿の雌雄共認との違い
原猿→真猿→人類のメスの共認回路@
原猿→真猿→人類のメスの共認回路A
真猿の同類闘争と共認機能
縄張り闘争と同類闘争
同類闘争の安定化と衰弱の一般則
農業・百姓を通して見た現代人−A
チンパンジー
種間闘争→大型化の矛盾と特殊解
サル時代の婚姻様式
特殊解としての大型化→性闘争→子殺し
チンパンジーの娘移籍に関する仮説
共認回路と自我回路
力の論理と共認機能
自我の源泉は、共認の部分否定にある
序列闘争は、共認されている
原猿類の生態(資料です)
驚くほど人間っぽい
原哺乳類と原猿の進化について@
真猿の進化史
アジアにおける原猿〜真猿への進化(3)
親和・性充足の強化による秩序維持の例
相手と自分を同一視する潜在思念

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp