国家の支配構造と私権原理
258265 10/30なんでや劇場3 大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
 
岡田淳三郎 ( 70代 大阪 経営 ) 11/11/03 AM00 【印刷用へ
●では、「王は、形の上では最高権力者だが、それは表向きだけで、実権は官僚や教団が握って好きなように社会を動かすようになり、王は彼らが進める彼らに都合のよい施策に、お墨付きを与えるだけの存在にまで形骸化した」のは何故か?

戦争状態では武装勢力に人々の期待が集まるが、戦争が終って100年も経てば、大衆の期待は日常の生活の安定に移る。従って、この秩序安定期待に応える法制化が重要になり、法制度を司る官僚が大きな力を持つようになる。

ところが、(現代でもそうであるように)法制度は利権と不可分一体である。法制化とは利権の囲い込みであると言っても過言ではない。従って、法制化が進めば進むほど、官僚たちは私腹を肥やし、必然的に腐敗してゆく。従って、法制化が進めば進むほど、搾取が酷くなり庶民の生活は貧しくなってゆく。

とりわけ欧州では支配階級による搾取が甚だしく、大衆の救い期待が強まってゆく。この救い期待に応えたのがキリスト教会である。従って、搾取が酷くなればなるほど、教会に対する救い期待が大きくなり、それと共に教会の力が大きくなってゆく。かくして、中世では、遂に教会(法王)が国王をも超える絶対権力を持つに至る。

大衆の期待⇒統合力⇒支配的な中核勢力の変遷をまとめると、
【1】戦争時代は、戦争圧力に対する防衛・勝利期待⇒武力が統合力⇒武装勢力(王)による支配
【2】戦争が終った後は、秩序安定期待⇒法制共認力が統合力⇒法制度を司る官僚による支配
【3】法制化は利権の塊なので、官僚が私腹を肥やし民が貧しくなり、救い期待が上昇して救い期待⇒宗教共認力が統合力⇒教団(神官)勢力による支配

こうして出来上がった支配体制も官僚や教会の腐敗で最大400年間しかもたず、安定秩序が破れて再び戦乱状態に戻り、【1】武装勢力支配⇒【2】官僚支配⇒【3】教団支配を繰り返してきた。

【2】官僚支配、【3】教団支配の過程では、実権は官僚や教団が牛耳ることになり、一貫して王はツンボ桟敷に置かれて形骸化する。
 
  List
  この記事は 258231 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_258265
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
10/30なんでや劇場レポート(2)〜大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく〜 「日本を守るのに右も左もない」 11/12/10 AM08
近代科学の成立過程5〜戦場で活躍した外科医が支配階級に取り立てられ権威化していった〜 「日本を守るのに右も左もない」 11/11/12 AM00
258302 10/30なんでや劇場4 民の「お上捨象」とお上の「民の生活第一」という日本人の特異な体質 冨田彰男 11/11/04 AM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
「経済破局に至る基本構造」
銀行国有化しかない
金貸しの没落=私権原理の終焉
2008年、世界金融危機は何を意味するのか?
西欧近代:宮廷ユダヤが王族への借金をカタに近代国家システムを形成
日本銀行の通貨発行の仕組み
影に隠れて暴走してきた金貸しの支配が明るみになった
TPPをめぐる俗論を反証する@〜横行する数字のトリック、おかしな議論への反証
TPPをめぐる俗論を反証するA〜「国益VS農業保護」論は、国益に反する
国破れてTPP在り
忘れられた経済学者シルビオ・ゲゼル@
忘れられた経済学者シルビオ・ゲゼルA
脱金貸し支配・脱市場原理の経済理論家たち(2)カール・ポランニー
脱金貸し支配・脱市場原理の経済理論家たち(3)ミヒャエル・エンデ
脱金貸し支配・脱市場原理の経済理論家たち(5)エルンスト・フリードリッヒ・シューマッハー
脱金貸し支配・脱市場原理の経済理論家たち(7)サティシュ・クマールその2
脱金貸し支配・脱市場原理の経済理論家たち(8)ヴァンダナ・シヴァ
脱金貸し支配・脱市場原理の経済理論家たち(9)宇沢弘文
江戸時代の思想11 大衆支配のための既成観念を全的に否定し、新概念を創出しようとした安藤昌益
現状の経済システムに問題あり
作られた物欲
過剰消費のもう一つの理由
消費社会と受動社会がつくり出す、矛盾と危険性
国債残高
貨幣の問題をめぐってC
貨幣の問題をめぐってD
長期金利の上昇は本当に起こるのでしょうか?
市場「原理主義」の限界
市場は等価交換ではない、外部不経済を捨象している
等価交換など存在しない
消費の自由のいかがわしさ。
消費が変わる。消費を変える。
「所有価値」から「利用価値」への転換
市場社会は人間の欲望を飽くことなく増幅させるーーー金銭犯罪の五つの類型
フェアトレードは市場拡大の幻想取引ではないか?
自我経済学から共認経済学へ
「需要発から供給発へ」
諸外国の公共事業民営化はなぜ失敗したのか?

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp