’70年貧困の消滅と私権の衰弱
257850 唯我独尊と事なかれ主義、その中軸は職能主義
 
喜田育樹 ( 38 京都 デザイナー ) 11/10/19 PM11 【印刷用へ
皆の充足を実現する時代になり、実現にむけてみんな発で思考し活力を上昇させている人と、従来の狭い仕事意識を引きずり成果も活力も衰弱している人との違いが顕著に現れてきました。部門やチームを引張る肩書きをもった統合者の転換の遅れや、出来ない理由ばかりを思考するスタッフまで、この問題は社会を貫通する普遍的な問題ですが、どうすれば変わっていけるか。社内ネットで明らかになってきたその問題構造を紹介します。


【唯我独尊と事なかれ主義、その中軸は職能主義】
全体としては充足基調⇒充足発信によって活力上昇している。ところが、充足基調の流れに乗れないメンバーがいる。それが「頭の重い人々」である。

全体の活力が上昇する中で、こういう人々が目につき鼻につくようになってきた。こういう後ろ向きな人間をどう教育(改造)してゆくか。欠陥に気づいてもらうためには、その原因構造を明らかにする必要がある。

勝てない部門長、成果の上がらないスタッフの頭には、やらない理由やできない理由が頭に詰まっている=否定観念が頭に張り巡らされている。

【1】唯我独尊と事なかれ主義は一体
こういうタイプが生まれる前提条件は私権圧力と身分序列である。身分序列に安住して、下にはダメ圧・説教や自慢話を繰り返す。それに対して下の方は事なかれになる。このように、一つの集団をとった場合に両者はセットになっていることがわかる。それだけでなく、ある人物の中でも、下には唯我独尊、上には事なかれというようにセットになっている。

唯我独尊の方は自我を撒き散らすので問題がわかりやすいが、多数派を占める事なかれの方は波風を立てたくないという意識なので、問題が見えにくいが実は重大な問題を孕んでいる。不当な命令であっても上に対しては異を唱えない。この姿勢は都合の悪い問題は隠蔽する体質を形成してゆく。しかし、問題の隠蔽は、集団に対して重大な被害をもたらす、集団にとって致命的な規範破りであることを肝に銘じる必要がある。

【2】中軸は職能主義
課題捨象を生み出す中心的な中身が職能主義だが、これも私権圧力⇒身分序列を前提とした私権意識そのものである。この意識が形成されるのは支配階級ではなく下層身分であるが、私権圧力は当然、下層身分にも強力に働く。そこで下層身分が収束する先は職能意識、つまり職能内での序列争いしかない。これが「職能意識が序列意識の末端形」であると言う所以である。

これまで「唯我独尊や事なかれが良くない」と言われることはあっても、「職能意識が良くない」と言われたことはなかった。これは職能意識が身分序列に支えられた大義名分をもっているからであるが、その結果、この手のタイプはその欠陥の自覚は貧弱なのが現状である。

しかし、私権時代は既に終焉し、実現の時代に入っている。実現の時代とは、(生物史〜人類史を見れば明らかなように)可能性のある所に進出してゆくということと同義であり、そんな中で、狭い職能意識にしがみついていては敗北する一方であり、それでは絶対に勝てない。それだけではない。それはぶら下がり以外の何者でもないのであって、それでは生きてゆけない。自分の職能に関係がないから発信しない、という意識は今や許されない時代である。

(つづく)
 
  List
  この記事は 255449 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_257850
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
262548 企業の共同体化における大きな壁となりつつある『職能意識』 小暮 勇午 12/03/29 AM00
258472 誰かが“絶対”なんて、ない。 月あかり 11/11/09 PM09
258161 充足仕事報告 〜仕事は絶好の共認充足機会〜 佐藤賢志 11/10/31 AM02

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp