実現論を塗り重ねてゆく
257715 10/9なんでや劇場6 思考の枠を広げるには素直になること
 
冨田彰男 ( 48 兵庫 経営管理 ) 11/10/15 PM08 【印刷用へ
●思考の枠を広げられるかどうかを左右するのは、眼前の未明問題に対して突っ込んでゆくか、逃げるかである。誰しも突っ込んでゆくのは怖いものだが、それでも尚、突っ込んでゆくのは実現可能性が感じられるかどうかにかかっている。

以下、岡田淳三郎氏の個人的体験から云えることである。

今ではどんな問題でも答は出せる(問題によって答を出すために要する時間が違うだけ)と思っている。ところが、理論追求を始めた頃は、新しい時代の実現可能性を感じ取って旧観念に対する違和感は意識したものの、答などあるはずがなかった。そこで実現可能性の直観だけに導かれて、実現イメージなどない真っ暗闇の中で追求過程に入っていった。

その原点は子供の頃のの模型作り(もちろんプラモデルなどではなく、限られた材料をかぎられた道具で加工する)にあるように思う。そこで使われていたのは工夫思考の回路である。そこには正解はない。常に壁にぶつかるが、常に「何か方法があるはず」と工夫を重ねていた。いわば工夫思考の成功体験が原点にある。

経営者も、人材・組織問題であれ営業問題であれ、どうする?と考える時は工夫思考の回路を使っているのではないか。そこでも、彼らがどんな問題であれ諦めずに答を出せるのは、何らかの答を出せるはずと思うからであり、それは幼少期の工夫思考の成功体験の蓄積による所が大きいのではないだろうか。

理論追求過程でも使っているのは幼少期に形成された工夫思考の回路のように思う。例えば、理論上の問題が10個あるとして、そのうちの8個までは収まったが、残り2個が収まらないとなると、論理全体を組み変えなければならない。これは模型作りの工夫思考と同じである。

但し、理論追求を始めた時に直観した時代の可能性をキャッチすることと、幼少期の工夫思考の成功体験がどう繋がっているのかは解明不十分のまま残っている。

●これはゼロからの創造過程の問題であり、大多数の人が直面している課題において、どう思考の枠を広げるかという問題はそれより簡単である。

実現イメージをつくるのは自分の力ではできないとしても、そこには先輩や周囲の人がいて既に半答えを出してくれている。それを素直に受け入れるだけで、思考の枠が広がってゆく。

大多数が素直に事実を認める中にあって、素直に認めない者は自我発(反みんな)で観念武装しているタイプである。観念武装の中身は近代思想で、昔からこういうタイプはどこにでも少数はいたが、'70年以降自我発の観念武装タイプは近代思想が生命力を失うのに伴って衰弱する一方である。'02年に顕在化した収束不全→共認収束の大潮流が顕在化して以降は、さらに急速に減る一方であり、今残っている連中も風前の灯火である。放っておいても近い将来には消えてゆく存在である。

素直でない者に対しては今や「お前は本当に仲間なのか?」が問われる段階に来ている。仲間であるなら素直になれ、あくまで己の狭い思考にしがみつくのであれば消えろという圧力が既に強く働いている。
つまり、こういう後ろ向きな人材をどうするかという問題は、終末期を迎えている。ほとんどの人材が充足基調で前進している中で、それに背を向けている人間は消えればよいのであって、そういう人材は無視してどんどん前に進んでゆけばいいのである。

素直さの欠片もない人材に対しては、大きな期待=エネルギーをかけてもその効果はほとんどなく、費用対効果で考えても不経済極まりない。後ろ向きな人材は変わるか、さもなくば消えるしかない。現実はそこまで来ているのである。10〜20年も経てばこういう人材は消滅しているであろう。

今後は素直に認識を塗り変えてゆける若い人材に対して、既存のメンバーは、狭い枠組みを取っ払える新しい認識を提示できるかどうかが問われてくる。

実現論序『共同体社会の実現に向けて』はそのための場の一つである。
 
  List
  この記事は 257616 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_257715
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
258196 10/30なんでや劇場1 原始人類集団のリーダーは、精霊信仰⇒祭祀を司る女であった 岡田淳三郎 11/11/01 AM02
257735 おしゃべりは発想の宝庫 匿名希望 11/10/16 AM02

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp