暴走する悪徳エリートの所業
257607 小沢問題の真相に迫る柏市戸籍改ざん事件1〜司法の闇に巣食う創価学会とロシア正教人脈
 
山澤貴志 ( 46 鹿児島 ITコンサル ) 11/10/12 PM07 【印刷用へ
フリージャーナリストの服部順治さんという方のブログとYOUTUBEに司法の闇に迫るドキュメンタリー記事が掲載されている。北関東に巣食う忍者の系譜を受け継ぐ日本の闇勢力が受け入れた朝鮮、ロシア正教人脈が戦後、権力中枢に食い込んでいった。その流れの先に創価学会による司法支配があるとする。(東京地検への創価学会の影響についてはネット会では広く噂されているところである。)現在の小沢事件をはじめとする様々な司法権力の暴走の背景を考える上で重要なドキュメンタリー記事だと思う。是非、みなさん、動画を見てみて下さい。

リンク

***************************

日刊ゲンダイでの小沢さんが言ったという私にとって意味不明な言葉

「--この国では戦国時代や江戸時代や宮家などの家系が尊重され、それに反逆し改革を志す者は滅亡する一方、今の野田貧民上がり宰相のように八方平身低頭する体制順応人間だけが生き残りを許されている」

 それを解明してくれた人がいました。
戸籍を改ざんされ財産をのっとられた元柏市議会議員、小川達夫さんです。この人の語る驚愕の日本の闇の組織の歴史がいまだにこの裁判所にも引き継がれている、ことがわかったのです。
そして小沢さんのお母さんはその朝鮮部落の出身で闇の組織のことはよくわかっているはず、とのことでした。(^_^;)

 戦国時代、江戸時代とこの日本の中で虐げられた朝鮮の人たち、中国の人たち、そしてロシア革命で移住してきたロシア正教の人たちが戦後、表向きの戦勝国アメリカの支配の下、日本で裁判所、検察などの官僚支配構造や創価学会の宗教、さらに闇の組織にも組み込まれ、いまだにその支配体制が続いている、と言うのです。

それも小田原城で徳川に騙されて殺された2800人の風魔忍者らの怨みが根底にあり、残った200人の忍者らは利根川(刀根川)、取手(砦)、など千葉県に生き延び、朝廷や幕府の転覆をはかってきたとのこと。これは千葉県柏市近辺の古い歴史を親子代々にわたって研究しながらも、自らもその闇の組織に狙われ、財産を奪われ、裁判をたたかってきた小川さんならではの切り口でした。


小沢一郎を抹殺しようとする裁判所が、悪の組織に操られている絶対的な証拠を握っている小川達夫さん。その証拠とは何か?それが改ざんされた柏市役所から発行された戸籍と改ざん前のお母さんが死ぬ直前に渡してくれた、本当の戸籍なのでした。この改ざんを行えるのは法務省か役所しかありえません。そしてそれを当時、指示したのは千葉県の自民党時代の政治家かもしれませんが、少なくともそれを隠すように指示しているのは裁判所、それも最高裁判所であることが推認できるのです。

 ただお母さんから渡された戸籍謄本が本物と認定するには原本の副本と照合する必要があります。副本は地方法務局にあるのですが、なんと先の江田五月元法務大臣にあてて開示請求をしても、返ってきたのは開示できない理由書で「開示すると混乱を与えるから」と書かれてあったのでした。そこで裁判を開いているので、裁判官に開示させて比較するように求めているのですが、裁判所では開示させることすらしないのです。こんな簡単なことなのに、ずっと裁判所は開示させずにその判断を拒み続けているのです。

リンク
 
  List
  この記事は 256988 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_257607
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
258177 特捜からの不受理通知 遂犯無罪 11/10/31 PM07
257739 柏市戸籍改ざん銀行事件 遂犯無罪 11/10/16 AM10
257608 小沢問題の真相に迫る柏市戸籍改ざん事件2〜司法の闇は風魔忍者の系譜に連なる 山澤貴志 11/10/12 PM07

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp