実現論を塗り重ねてゆく
257415 民主主義とは論争の政治である
 
田中素 HP ( 45 長崎 企画 ) 11/10/06 AM03 【印刷用へ
> こうして民主主義は、『学び』をないがしろにし、「発言権・議決権」を優先(=批判と要求を優先)させることによって、とことん自我を暴走させると共に、とことん人々を無能化させてきた。256228

こうした民主主義思想に危機感を抱いていた戦前の保守派論客の一人に、福田恆存<つねあり>(1912〜1994)という人がいる。戦前の日本のデモクラシーを知る者の中には、まだ無能化せず、オブラートに包まれていない民主主義の本質が見えていた人間がいたのかも知れない。

『民主主義といふのは論争の政治である。それを「話合ひ」の政治などと微温化するところに、日本人の人の好さ、事なかれ主義、生ぬるさ、そして偽善があるのだ。和としての「話合ひ」ではない、勝負としての論争が必要なのである。たがひに自分の方が真になることを証明しあひ、時には相手をごまかしてやるがよい。ごまかされた方が悪いのだ。ごまかしは悪であり、そのための雄弁は悪であるといふ偽善国に、民主主義が発達したためしはない。』(「論争のすすめ」)

『民主主義とは為政者の側が最も大事なことを隠すために詰まらぬことをささぬ やうにする政治制度である』(「外交を内政に利用するな」)

『民主主義の原理は、自分が独裁者になりたくないといふ心理に基づいてゐるのではなく他人を独裁者にしたくないという心理に基づいてゐるのである。一口に言へば、その根本には他人に対する軽蔑と不信と警戒心がある。さうと気づいてもらへれば、「正義の主張は犯罪と心得べし」といふ私の忠告は極く素直に受入れられるだらう。愛の陰には色情があり、 正義の陰には利己心がある。反省のふるひにかければ、愛や正義の名に値するものはめつたにないことになる。それがどういふわけか、今日の日本では、民主主義だけが筋の目を逃れ、ほとんど唯一の禁忌にまで昇格してしまつてゐる。敵も身方もそれを旗印にする。民主主義の名の下に暴力を犯し、あるいは暴力を犯してそれを肯定するために 民主主義を口実にする。さうかと思ふと、暴力は民主主義ではない、それに反するものだと言ひ、民主主義をもつてそれを説伏しようとする。民主主義とはそれほど便利なものか。』(「民主主義を疑ふ」)
 
  List
  この記事は 256228 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_257415
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
257427 Re:民主主義とは論争の政治である 関守石 11/10/06 PM03

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp