思想
257126 『波動の法則』足立育朗著
「宇宙の仕組みを理解しよう 「波動の法則」より」
 
勝寛舟 ( 徳島 ) 11/09/26 PM10 【印刷用へ
私はもちろん量子物理学者でも何でもありません。その分野の本はいくらか読んだことがありますが、まったくの素人です。昨日、紹介した足立育朗さんの「波動の法則」から宇宙の仕組みを探ってみたいと思います。
その前に、昨日の投稿で「色不異空、空不異色、色即是空、空即是色」は真言密教空海さんの般若心経で有名な真言ですが。
要は「物質は空でなく空間は物質ではない、物質は空であり空間は物質である」と説いているわけです。これは、前段は五感で表し、後段は心眼で表したことのようです。
と、いいましたが前段の解釈が間違っていました。前段は「色不異空」ですから物質は空に異なることに不ずですので、「物質は空のようなもの」、「空間は物質のようなもの」といっているようです。結局、物質は空、空間は物資であることを前段は柔らかく表現し、後段はハッキリと断定しているようです。ですので、前段は五感で表した言葉ではありません。
しかし、現代の最先端の量子物理学でも物質と空間を完全に証明できているとは思えませんが、その宇宙の真理を千200年前に空海さんが紹介していたことはまったく驚くべきことだと思います。正確には中国の仏典に書かれていたそうですが、いずれにしても千数百年以上前にその宇宙の真理をどうのように知りえたのでしょうか。超古代の科学は現代より数段進んでいてその記録が残っていたのでしょうか。それとも山田さんや足立さんのようなエスパーが宇宙からの情報を受け取り記録したのかも知れません。
現在の最小物質はトップクオークと言われていますが、足立さんによれば宇宙に存在するトップクオークの種類は10の400乗種類あるそうです。

以下、足立育朗さんの「波動の法則」より

宇宙の仕組の成り立ちを理解しよう

要するに物質が回転運動をしてエネルギーを生み、エネルギーが回転運動をして物質になる。簡単に言いますと、宇宙の仕組はその繰り返しで成り立っています。しかもそれは第一段階目の水のエネルギーから始まって、第二段階目が空気のエネルギー、第三段階目がコージャ(COJA)、エネルギー、第四段階目がゲリス(GELIS)エネルギー、第五段階目がクオーク(CAU)エネルギー・・・という具合に全部で10の25万乗段階ぐらいあるとのことですから、地球の科学では想像することさえ不可能かと思われます。

間違った方向へ進んでいる現代のクオークの研究

地中奥深いところに直径何キロというトンネルを作り、陽子ひとつを回転させて加速度を加えて陽子と反陽子をぶつけるのです。「素粒子を見つけて出てきた素粒子がクオークの何とかだ」といった見つけ方を今現在行っているわけですが、それで見つかったものが最近(1995年当時)トップクオークと言われています。中略 強烈な加速度を加えて、エネルギーを加えてしまうわけですから、見つけたものは本来の姿ではないのです。残念なことに地球の文化は、みなそうなのです。それが悪いということでなくて、自然を理解するステップとして止むを得ないのです。

現代地球文化がまず気づくべきこと

「水」というのはエネルギーであるということを、地球では本質的にまだ理解できていません。(2011年現在、水をエネルギーに変換することに成功した事例がいくつか発表されています)電気分解して水素と酸素に分かれたから、それらからできているという解釈をしようとしているわけですが、基本的にエネルギーを加えたら本来の姿は見えません。
地球の文化は、宇宙の全部を「現象」で理解しようとし、「波動」で理解できていません。

自然界のあらゆる現象は「波動」の組み合わせ

自然界では、「波動」が組み合わさることによってあらゆる現象を起こしています。時空間そのものが存在するのも、「波動」の組み合わせによりますし、全ては「波動」の組み合わせによって存在しているという情報なのです。
転載終わり

以上のように、この宇宙には発見されているトップクオーク以外に10の400乗種類の物質が満ち溢れ、それが回転運動し、それぞれの「波動」を発し、エネルギーとなり、そのエネルギーが回転して陽子、中性子、電子となり物質となっているようです。しかも、その「波動」の組み合わせが全部で10の25万乗段階ぐらいあるとのことで、それにより物質やエネルギーが生み出されている。宇宙の仕組はこの途方も無い種類のトップクオークとその回転によるエネルギーと「波動」の組み合わせにより出来ているとの事です。
私はまだ充分に理解できていませんが。
詳細は「波動の法則」著者;足立育朗 発行;PHP研究所 を御購読下さい。
 
  List
  トラックバックを再送する(投稿者本人のみ)
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_257126
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
257139 色即是空 空即是色について hosop 11/09/27 PM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp