’70年貧困の消滅と私権の衰弱
256846 復興は信用創造でなく政府貨幣で【(株)アシスト 代表取締役ビル・トッテン】
 
やっさん ( 路上人 ) 11/09/17 AM01 【印刷用へ
東日本大震災で大打撃を受けた日本はどのような復興を遂げていくのか?

復興方策として、相変わらず政界では、国債発行や増税やむなしといった類のことばかり論じられている。

しかし、言うまでもなく、市場原理は崩壊を迎えようとしている。
従来通りのやりかたで、日本の真の復興はありえない。

以下、先見の明に長けていることで有名な、株式会社アシストの代表取締役社長ビル・トッテン氏のコラム『No.971 復興は信用創造でなく政府貨幣で 』リンクより転載します。
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
題名:No.971 復興は信用創造でなく政府貨幣で

昨年上梓した、『アングロサクソン資本主義の正体〜100%マネーで日本経済は復活する』でも述べたが、銀行の「信用創造」という特権をなくし、代わって「政府貨幣」を発行することが、日本の、またアメリカやヨーロッパでも問題になっている国家の財政危機の解決策になると私は思っている。 
(ビル・トッテン)

復興は信用創造でなく政府貨幣で

政府に対する銀行の強い影響力を考えると、それは非現実的なことだと多くの人は考えるだろう。

しかし手元にない(準備金として実際に持っていない)お金を貸し出して、それから金利を得られるという銀行の特権は、市場原理によってもたらされたものではなく、「部分準備銀行制度」という名のもとに、政府の法律によって支えられている仕組みであり、政府がこれを撤回するしか、この社会全体に対する不公平を取り除くことはできない。

部分準備銀行制度から政府貨幣へ移行することを提唱しているエコノミストは少なからず存在する。

アメリカが債務危機問題にゆれる7月、米民主党のデニス・クシニッチ議員が説明会を開催し、そこで議員に具体的な解決策を提示したのは同志社大学の山口薫教授であった。

日本の財政問題の解決方法も、国債を発行するか、復興のために増税はやむを得ない、といったものばかり論じられているが、アメリカのそれも富裕層の特権を保護し、一般国民への手当てを削減する方法ばかりである。

そこで山口教授が提示したのは、貨幣制度の改革であった。

銀行が、手元にあるお金の10倍以上の金額を「貸し付け」ることで貨幣を作りだせるのが現在の貨幣制度である。

この制度だと、政府や民間の借金は、天文学的、かつ無限に増える。この結果は、金融メルトダウンか債務不履行か、またはハイパーインフレとなり、それを増税や公務員のリストラ、福祉の削減で解決しようとすれば、経済は麻痺し、失業が増える。

国家税収は減少し、さらなる削減が必要という悪循環にはまる。しかし部分準備銀行制度を廃止して政府が貨幣を作り、そのお金を直接国家インフラ構築のために使うと、国債のように借金の必要もなく、またインフラ構築によって雇用の創出がもたらされるのである。

今の貨幣制度は貸し手(銀行)に一方的に有利であり、不公平な所得配分を作り続け、貨幣創造に付随する利子の支払いは、借り手である生産者に環境の許容量を超えるほどの継続的な経済成長を追い求めさせる、と山口教授は米議員の前で語ったという。

私が親しくしているエコノミストのマイケル・ハドソンは、クシニッチ議員のエコノミック・アドバイザーをしており、山口教授のスピーチを教えてくれたのも彼だった。

メディアは無視するが、クシニッチ議員のように真に国民のための政策を考えている議員はアメリカにもいるのだ。

わが国の状況を振り返ると、山口教授にはぜひ日本の政治家にも同じ話をして欲しいと願っている。

増税や国債ではなく、政府貨幣で震災復興をする、それが公的債務を増やさず日本の未来を構築する唯一の方法なのである。
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
 
  List
  この記事は 256816 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_256846
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
258091 中央銀行と民間銀行から「信用創造特権」をはく奪すれば 70%の不幸は解決される! やまと 11/10/28 PM05

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp