アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争
256703 気象操作:台風12号は気象コントロールされていた!?
 
ET 11/09/12 PM01 【印刷用へ
>世界を支配する勢力の一派は、連日、ケムトレイルと呼ばれる各種の微細な金属粉の空中散布を続けており、加えて、電磁波を照射して、電離層に穴を開けたり膨らませたりして気象を操作する気象兵器を実戦発動中である。しかも、このHAARPと呼ばれる気象兵器は、地震を起こすこともできる地震兵器だとも言われている。(255984)

どうやら地震を起こすことも、気象を操作することも出来るようです。
先の台風12号の動きはノロノロとしていて明らかにおかしな動きでしたが、
コントロールされたものだという記事がありましたので紹介します。
陽光堂主人の読書日記リンクより

-----------------------------------------------------------
台風12号は気象コントロールされている!?
 西日本を中心に、台風12号が各地に被害をもたらしていますが、この台風の動きは明らかに変です。気象庁も、2日の時点でこう述べています。(リンク

 強い勢力を保ったまま北上する台風12号は、自転車並みの速度でノロノロと進んでおり、進路にあたる地域では長時間にわたって暴風雨が続く恐れがある。3日も速度はそれほど上がらない見込みで、大阪管区気象台は四国や中国、近畿の各地方の住民に引き続き風雨や高潮への警戒を呼びかけている。

 同気象台によると、台風は通常、太平洋高気圧の周辺部に沿って北上し、上空の偏西風に流されて東に向かう。しかし、今回は両者の位置関係が例年の傾向とは異なっており、台風12号は東に向かう風にも乗れず、ノロノロと北上する動きになったとみられている。

 気象台はこうした動きについて、「8月の“夏台風”に特有のものだが、9月ではめずらしい」と指摘。そのうえで「過去に似たような進路をとった台風はあるが、勢力は今回の台風の方が強いのではないか」と警戒する。

 勢力が衰えない背景には海水温の高さがある。一般的に海水温は日本に近づくにつれて下がり、台風の勢力を保つための水蒸気を取り込めなくなるが、現在の日本の南海上は水蒸気の補給に十分な水温が保たれているという。気象台は「台風の勢力が衰えるのは上陸後」とみている。

 9月なのに偏西風に乗れずに、のろのろと自転車並み(ジョギング並みと言った方が近い)の速度で北上し、雨雲が長時間動かないので、崖崩れ等の被害が続出しています。気象庁もおかしいと見ているわけですが、その原因までは判っていないようです。(判っているけど、しらばっくれているのかも知れません)

 物理学者の井口和基氏は、昨日付のブログの中で、この台風は気象コントロールされていると述べています。(リンク 雲の動きから、気象コントロールされていることが判るということですが、この方面の知識に疎い素人にはよく判りません。

 ただ、北上する12号の台風の目はとても大きく、異様な感じでした。普通なら、非常に勢力が強くなるはずですが、大型であったものの、強さは並みのまま四国へ上陸しました。どうも、巨大台風に仕立てて日本列島を襲わせるつもりだったのが、失敗してしまったようです。

 我国では、発生する台風に順番に番号を振って識別していますが、2000年以降はアジア名が付けられるようになりました。番号だけでは覚えにくい、西欧風の名前ではなじみにくいといった理由からです。アジア名のリストは、世界気象機関(WMO)台風委員会(日本ほか14カ国が加盟)が作成しています。加盟各国の言葉で、動物や植物、山名、河川名、気象現象など主に自然に因んだ名前が準備されています。

 台風12号のアジア名は「タラス(Talas)」で、フィリピンの委員会から提出され、「鋭さ」という意味だそうです。何故こんな名前を付けたのか知りたいところですが、鋭い刃の如く、日本列島を引き裂くように縦断すると思われていた(計画されていた)からなのでしょうか?

 しかし実際には、「鋭さ」とは縁遠い、鈍刀のような動きしか見せていません。気象コントロールも、常に上手くいくわけではないようです。(気象コントロールには、例のHAARPが使われたと思われます)

 それにしても、311の人工地震に続いて、コントロールされた台風が次々と来襲し、世界権力のこの国に対する憎しみは半端なものではないようです。その矛先は、最近の地震やハリケーンなどに見られるように、米国国民にも向けられています。その狙いは世界政府の樹立にあると思われますが、その時期を早めようとして、矢継ぎ早に事を起こしているようです。

 我国は非常に危ういながらも、何とか持ち堪えています。守られているとしか思えませんが、この先もぎりぎりで最悪を回避できるかどうか判りません。気が抜けない状況がまだまだ続くことでしょう。
--------------------------------------------------------------

>このまま市場が崩壊すれば、資本主義は終焉する。実は、上記の気象兵器の発動も、崩壊寸前に追い詰められた支配勢力の一派の、最後の悪あがきである。(255984)

>米国東部地震も核爆発で引き起こされた(256331)
 
  List
  この記事は 255984 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_256703
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp