学者とマスコミはグルで頭脳支配
256283 子供にも見抜かれている統合階級の無能さと犯罪性
 
橋口健一 HP ( 48 大阪 技術者 ) 11/09/01 AM03 【印刷用へ
官僚や国会議員などの統合階級が答えを出せないことは、子供でも気が付いています。特に原発事故の当事者である福島の子供たちには、正に「無駄メシ食いどころか、人類を滅亡に導く狂信集団 255984」と映っていることでしょう。

以下、NEVADAブログ『子供の声と国会議員』リンク より引用
---------------------------------------------------
「週刊アエラ9月5日号、ふつうの子供、産めますか」を読んで、菅総理他、与党民主党の国会議員は何と答えるのでしょうか?
原発担当大臣は何と答えるのでしょうか?
そして霞が関官僚は家に戻って自分の子供にどのように説明できるというのでしょうか?

原発事故後、衆議院第一議員会館で、原子力災害対策本部と原子力安全・保安院、文部科学省の担当者10名と福島の子供達との会合が開催され、この会合後、以下のような発言が子供から発せられているのです。

『大人なのに子供の言葉が伝わらないのは、子供の時ちゃんと勉強していなかったからだと思います』

小学三年生の言葉ですが、この言葉を聞いて参加していた政府担当者は一体どのような言葉を返すのでしょうか?

また、この会合の中で中学2年生(女子)は以下のような手紙を読み上げたと報じられています。

【全国に避難している福島の人たちがどんな思いで故郷を離れてきたのか皆さんに分かって貰えるでしょうか?
福島の子供たちがプールに入れず、マスクをして登下校しているこの状況を安全だと言い張る政府に、私はとても疑問を感じます。
今まで法律で決まっていた数値を何十倍に引き上げて、それが安全だと言われても、私には信じられません。
そんなやり方は、私たち中学生の間でも通用しないでしょう】

これは中学2年生の手紙です。

更に続きます。

【福島県民よりもお金の方が大切なのですか?(中略)これほどの事故が起きても、どうしてまた原発再開を目指すのか。私には全く分かりません。
このような状況で総理大臣が変わっても、よい国がつくれるとは思いません。】

子供はよく知っています。
知らないのは我々大人だと言えますが、不思議なことがあります。

この会合は、衆議院第一議員会館で開催されているにも拘わらず、一体衆議院議員で誰が参加したか、記載が一切ないのです。
まさか誰も出席しなかった筈はない筈ですが、誰が参加してどのような発言をしたか記載がないのです。

以前から、国会議員は料亭でしか政治をしないとか、選挙権がない子供には関心がないとも言われていますが、とにかく、この会合に参加した国会議員の意見を聞きたいのです。

万が一、誰も参加していないとすれば、国会議員全員にくびを言い渡しましても罰は当たらないと思います。

このアエラを是非購入し、家族全員でお読みください。
日本(人)の惨状が嫌という程分かります。
---------------------------------------------------------
(引用終わり)
 
  List
  この記事は 255984 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_256283
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
集団のパフォーマンスを上げられる人材こそが「有能」 「にほん民族解放戦線^o^」 14/12/05 PM09
安心できる社会をつくろう!(1)〜これまでの市民運動、これからの市民運動〜 「感謝の心を育むには」 11/09/10 AM03
256556 国が頼れないなら、「自分たちで何とかする」〜住民の意思によって、福島の学校給食が変わった〜 柳瀬尚弘 11/09/08 PM05
256554 武田邦彦氏が勝部一関市長を見事に論破 猛獣王S 11/09/08 PM03

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp