日本人と縄文体質
255979 古代人の優れた直感性能を支えた思考方法
 
大脇正嗣 ( 26 愛知 会社員 ) 11/08/24 PM11 【印刷用へ
「楢崎皐月氏のカタカムナ説(1)宇宙から素粒子に至るまで、万象は共通構造(相似象)を示す( 255819 )」より、上古代人は直感性能に優れていたという内容の記述がありました。上古代人が何故そのような性能を持っていたのか調べてみました。

民俗学者の折口信夫(おりくちしのぶ)の研究の中で、彼は人間の思考能力を「別化性能」と「類化性能」のふたつに分けて考えています。古代人の思考の特徴もこの二つの思考能力をもって説明しようとしています。

文化人類学者の中沢新一が折口信夫について書いた書籍の内容が掲載されているサイトから転載します。( リンク )
********************************************************************
折口信夫は人間の思考能力を、「別化性能」と「類化性能」のふたつに分けて考えている。ものごとの違いを見抜く能力が「別化性能」であり、一見するとまるで違っているように見えるもののあいだに類似性や共通性を発見するのが「類化性能」であり、折口自身は自分は「類化性能」がとても発達していると語っていた。この言い方をとおして、彼は「古代人」の思考の特徴をしめそうとしていた。近代人は「別化性能」を異常に発達させた。

そしてその傾向はすでに、奈良朝からはじまっていた。ところが、「古代人」たちの精神生活は、「類化性能」を存分に生かしながらかたちづくられていた。「類化性能」とは、いまの言い方をすれば「アナロジー(類似)」のことであり、詩のことばなどが活用する「比喩」の能力が、それにあたる。ひとつのものごとを別のものと重ね合わすことによって、意味を発生させるやりかたである。この能力が発揮されると、音や形や意味やイメージのあいだにある「類似=どこか似ている」という感覚をもとにして、ふつうなら離れたところに分離されてあるようなものごと同士が、ひとつに結びあわされて、新しいイメージをつくりだしていくようになる。

このやり方で森羅万象のできごとを見直していくと、月と女性は「似ている」ということになり(どちらも周期的に満ちたり欠けたりする)、蛇と結びつけられ(昔の人は、蛇が脱皮を繰り返すことによって、死と再生を繰り返し生きている、と考えた)、湿気や水と結びついていくようになる。そこから、「水辺に立つ神聖な女性」という存在が考えられるようになる。ところが、奈良朝の知識人のような「近代人」には、その思考法がよく理解できていないから、「みずはのめ」は不気味な妖怪になってしまう。

折口信夫の考える「古代人」はこのようなアナロジーの思考法を駆使して、森羅万象を「象徴の森」で覆いつくそうとしたのである。現代の考古学は、そういう「比喩」が獲得されることによって、わたしたちホモサピエンスが出現したと考えている。つまり、折口の言う「類化性能」こそが、現在の人類の心を生みだしたものであり、その「類化性能」によって世界をとらえる能力を発達させていたのが「古代人」であったとすると、折口信夫の「古代」という概念は、じつはおそろしいほどに深い時間の深度をもっていることがわかる。その概念は、奈良朝を突き抜け、古墳時代を突き抜け、弥生時代を突き抜け、縄文時代にまで達する、大きな射程をもっている。それどころか、旧石器時代に現在の人類の心が生まれた、その最初の場面にまで触れようとしている。折口信夫がはじめようとした学問は、その意味では、未来に属する学問なのだと言える。
<転載終わり>
********************************************************************
「別化性能(=異化)」と「類化性能(=同化)」と捉える事が出来ます。古代人が自然現象の背後に精霊を措定できたのも、古代人の身の回りで起こるあらゆる現象から共通項を見出そうとした結果かも知れません。
※参考投稿
異化という近代科学の思考法( 171141 )
 
  List
  この記事は 255819 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_255979
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
287500 “口碑”からあらゆるものに同化するそのすべを学ぶ スガイク 14/02/18 PM10
286202 民俗学者に学ぶ思考 〜折口信夫の「概念」〜 小熊耕平 14/01/14 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp