民主主義と市民運動の正体
25562 自然法、基本的人権とは何か−1
 
岩井裕介 ( 29 山口 再開発プランナー ) 02/03/04 AM01 【印刷用へ
「基本的人権」という概念は、法や政治を語る際に、いまさら問うまでもない自明の言葉として用いられ、その根拠や出自についてほとんど何の吟味もなしに、ただ、なくてはならないもの、保証されるべきものとしてイメージされていることが多いように思いますが、私は、自然法、基本的人権といった概念は、その歴史的出自からしてきわめて怪しげなものであると考えています。拙い文章ですが、少しまとめてみましたので参考にしてください。


まず、中世スコラ神学・法学における「自然法」についてです。

キリスト教的な世界観において、「自然」という言葉は、すなわち「神によって造られたもの」という意味を持っており、したがって、そこには当然、神の法の支配が及んでいるものと理解されます。そこから、例えば、「自然法」と言えば、人間の理性によって理解された限りでの神の法、ということになるし、「自然状態」と言えば、神が人間を己の似姿に創造したときの、その本性に従って、素朴で正しい生活を営んでいる状態を指す、ということになっていました。

要するに、「自然」とはいうものの、現実の生活社会そのものを表すものではなく、神という絶対価値により根拠付けられ、その神の摂理によって秩序付けられた完全なる「観念世界」を表象しています。つまり、人間存在の根拠は「神」の一点に求められるという観念上の絶対性を有しています。

この時代には、まだ「人権」という概念はなかったのではないかと思いますが、現実の私権圧力や生存圧力といった、力の原理やどうしようもない圧力を伴った現実世界とは全く別の位相で、神を根拠に人間存在を位置付けていたと言う意味で、上記の中世キリスト教的な世界観は、人権思想の前身のようなものではないかと考えられます。

 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_25562
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
179593 基本的人権とは?(1)                            〜私権獲得こそ人間のあるべき姿?〜 ミルクマン 08/06/21 PM03
人権って何? 「なんで屋@奈良」 05/12/12 PM09
25563 自然法、基本的人権とは何か−2 岩井裕介 02/03/04 AM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
自我ではなく、共認こそ原点である
自我とは?(フロイトとラカン)
個人主義<=>全体主義 と、利己主義<=>利他主義
現実否定の自己欺瞞
社会運動の自己欺瞞
市民という言葉の欺瞞
自然法、基本的人権とは何か−1
自然法、基本的人権とは何か−2
自然法、基本的人権とは何か−3
前夜の意識状況3 無用となった感応観念(価値観念や規範観念)
構造認識の現況1 否定意識や自我観念から脱却できない近代人=現代人
構造認識の現況2 特権知識階級の商売道具と化した「構造認識」
構造認識の現況3 既成観念の全的否定
観念パラダイムの逆転1 現実捨象の倒錯観念から、観念捨象の現実直視へ
観念パラダイムの逆転2 現実否定の倒錯思考
観念パラダイムの逆転3 現実とは、人々の意識である
「現実=自分自身」は事実認識(構造論)の核心部
新たなグランドセオリーとしての実現論1−グランドセオリーとは何か
新たなグランドセオリーとしての実現論2−傍観者、あるいは引きこもりとしてのアカデミズム
近代思想は宗教と同根
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
若者が実感できる『旧観念』
「何でだろう?」を封印してきた価値観念
同化に不可能視はいらない
相手の感情を前提にしたら『権利』など崩壊する

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp