社員の活力を引き上げるには?
255568 普通の会社でも男と女の役割再生、活力再生の方法を求めている
 
石川笑美 ( 30代 静岡 デザイナー ) 11/08/14 PM10 【印刷用へ
先日、他の設計事務所の方と話す機会がありました。その女性の設計事務所勤務の方から、「うちの設計事務所では、自分の仕事だけって感じで仕事していて、トラブルが続出しています。監理と設計の仲が悪くって…会社のお仲間はどうですか?」と聞かれました。

そんな時パッと浮かんだのは、社内ネットの存在で、状況認識をみんなと共有するために発信していて、ひとたびトラブルが起これば、同じチームだけでなく、他の物件の人も、他部署の者であっても解決できそうな考えを発信してくれて、みんなで解決していく土俵があることを伝えました。

それだけでも「すごい!」って反応があったのですが、会社のシステムとなると少しハードルが高い感じでした。そこで、

女性の方だったという事もあり、「実はもうひとつ女ならではのやり方があるんです☆」と伝えたもう一つの方法がウケました。

女の人だから、男の人は女の人が状況を聞いていけばいろいろ教えてくれるし、「変だな?!」って感じたら、他の答えを出せる男の人にも「ちょっと聞いたんですけど、どう思いますか?」って、聞いていったら、自分で答えを出さなくっちゃ!!って必死な男の人の代わりに、周りの男の人を巻き込んでいったりもできるんです。そうすれば物件が上手く回りだすし、何より男の人たちが喜びますよ☆って女の人の役割の一つを伝えたら、

「それ面白そう☆やってみます!」ってパ〜ッと笑顔がこぼれ、
「楽しそうな案をありがとう☆女として頑張りましょうね☆」と言って握手を求められました。

ちょっと古い体制の企業では社員の活力は下がる一方で、このままではいけない!!って気がついているものの、どうしていいか分からない状況なのだと思います。

>肯定視・充足と言えば、女の方がはるかに発達しているのであって、女たちを中心にして充足・肯定の空気を作り出すことが必要。女たちが充足期待の空気を作り出し、男の活力を引き出す。これが男女関係再生のカギであり、同時に企業活力を上昇させる突破口である。(229248

序列の残る、普通の会社でも、「このままではいけない!」と、男と女の役割再生、活力再生の実践方法が求めているんだ!!。この実感が新しい企業の可能性に繋がりました。
 
  List
  この記事は 229248 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_255568
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
257325 女が変わると、場の空気が変わる☆ 倉田慈満 11/10/03 AM00
256296 他人事ではなく自分事で考えよう!相手を変えるのではなく、一人ひとりが変わることだ 鈴木邦彦 11/09/01 PM05
255861 共同体経営の必須アイテム:社内ネット 佐藤祥司 11/08/22 PM03
○○なんだから当たり前ってホント? 「男と女の職場話」 11/08/16 PM03

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、42年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp