古代社会
254864 遊牧民の中国支配史2: 〜夏・殷・周の成立〜
 
ブログ 日本を守るのに右も左もない 11/07/28 PM04 【印刷用へ
プロローグでは、 イラン高原を基点とした略奪闘争前夜の中国(中原)を巡る状況を押さえました。
今回は、夏・殷・周の成立までです。

◆略奪闘争が本格化する中での中国の国家統合原理、支配原理
(るいネットよりリンク
遊牧社会と農耕都市社会との関係は、平時は、対立闘争関係にあるよりも、密接な経済的共存関係にあった。
農耕都市社会は、富の蓄積が進み、文明が発達すればするほど、馬や毛皮、羊毛、毛織物、肉、乳製品、金銀銅錫などの金属器、石材や玉などへの欠乏が高まった。
遊牧社会の方でも、農耕都市社会が生産する穀物や絹織物などの手工業製品や塩などを必要とした。
こうして、遊牧地帯と農耕地帯の境界では、盛んに交易が行われるようになった。
しかし、モンゴル高原からカスピ海までを繋ぐ草原の道は、気候変動の影響を受けやすい地域でもある。そのため、寒冷化・乾燥化が進んで草原の道の生産力が下がると、草原の遊牧民はモンゴル高原から黄河流域に南下し、農耕民を征服・支配するという最も効果的な収奪方法を取ることになる。 こうして黄河流域に誕生した国家が、夏→殷→周であった。 ... 続きはこちら
 
  List
  この記事は 243129 243368 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_254864
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
遊牧民の中国支配史3: 〜春秋戦国時代・秦〜 550年間にわたる遊牧部族同士の同類闘争が、心を歪ませ、思想を発達させた 「日本を守るのに右も左もない」 11/08/04 AM08

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp