否定脳(旧観念)からの脱却
254761 先住民(インディアン)の大虐殺の上に成り立っている民主主義国家アメリカ
 
西村真治 ( 40代 滋賀 建築設計 ) 11/07/25 AM02 【印刷用へ
民主主義国家アメリカの歴史は、先住民の大量虐殺の上に成り立っている。人数は1000万人とも1500万人とも言われている。人数の多さもさることながら、一つの大陸で文化を築いてきた民族を根こそぎ根絶やしする“民主主義”国家アメリカに正義は無い。はっきり言って異常である。

アメリカ・インディアンリンク より転載します。
/////////////////////////////////
1890年12月ウンデッド・ニーの虐殺により、白人によるインディアン
戦争は終結した。推定500万人いたインディアンは白人の直接・間接虐殺により実に95%が死に絶えた。

しかし、彼らの「与え尽くし」に実践された高貴な精神文化には私達文明人が遠い過去に忘れてしまった何かを思い起こさせずにはおかない。西洋人が野蛮人とレッテルを貼ったインディアン、確かに一部の部族による捕虜の虐待や処刑、そして西欧の覇権争いに巻き込まれたインディアン同士の戦争には目を覆うものが存在するが、命ある全てものが自分の兄弟であり、人のためにいつでも喜んで命をさしだすことを最高の美徳としていたインディアンが数多くいたのも事実である。

しかし、文明人は彼らの命ばかりでなく、この崇高な精神を同化政策により徹底的に踏みにじり、現在でも多くのインディアンを苦しめ続けている、自己基盤を喪ったインディアン社会はアルコール依存、事故による自殺、貧困、育児放棄、肥満などに直面している。ナチスによるユダヤ人虐殺の犠牲者600万人に勝るとも劣らない血が刻まれた真のアメリカの歴史。そして現在においてもなお虐げられ続けているインディアンの心に、また私たちの記憶の中に生き続けている。
(後略)
/////////////////////////////////

北米インディアン絶滅へ 『 大量虐殺 』 大陸乗っ取り完了“117年前”!!! リンク より転載します。
/////////////////////////////////
1492年コロンブスのアメリカ大陸上陸以降は劣悪なヨーロッパ人の侵略でインディアンは大陸の領土を次々と奪われ、老若男女すべて『 大量虐殺 』され、あるいは劣悪なヨーロッパ人の持ち込んだ伝染病に斃[たお]れていった。

劣悪なヨーロッパ人が侵略する以前のインディアンはヨーロッパ土着の伝染病に対する免疫を欠いていたためである。
劣悪なヨーロッパ人は大規模農園の開拓で大陸の領土や水源を奪ったり、バッファローなどの自然資源の略奪を巡って度々衝突した。

インディアンを殲滅[せんめつ]する目的で劣悪なヨーロッパ人が病原菌が付着した毛布などを贈り故意に伝染病に感染させた悪辣な記録も多く残っている。

『 大量虐殺 』は大陸侵略開始の1492年から、『 約400年間 』、今からたった『 117年前 』までも延々と『 大量虐殺 』し続けた。
その犠牲者数は実際には『 何千万人 』にも達したという『 人類史上最悪 』の、『 大量虐殺 』となったのである。

米大陸は『 血塗られ呪われた悪魔の歴史 』で建国されたことを、我々人類は肝に銘じておく必要がある。
『 人類史上最悪 』の、『 大量虐殺 』と、『 大陸侵略乗っ取り 』国が、人類を牛耳っていることもまた肝に銘じておく必要がある。

米国にはいわゆる正義などというものはまったく存在しないことも、我々は肝に銘じておかなければならない。
米国に何かいちゃ門付けられたら、米大陸が『 血塗られ呪われた悪魔の歴史で建国された 』ことをクドクドと述べればいい。

策略[同化政策]でインディアン言語を始め民族文化を消し、生き延びた者も混血化が進み純粋な部族は残り少ない。
約400年間にも及ぶ『 大量虐殺 』と、北米大陸各国政府が勝手な法律を定め、狭い居留地にインディアンを押し込めて合法を装った。

なかでも有名なものに、1838年10月[ 169年前 ]から1839年3月にかけてのチェロキー族の強制移住がある。
これはインディアンの領地[ 元来、インディアンの大陸 ]で北米大陸南東部オザーク高原で『 金鉱 』を発見し地価が暴騰する。

これに目をつけた大統領アンドリュー・ジャクソンが「 インディアン強制移住法 」を定めて住んでいたチェロキー族を、インディアン準州[ 現在のオクラホマ州 ]に追いやった。

厳しい冬の時期を陸路で1千kmも歩かせたため1万2千人もいたチェロキー族は、8千人以上も死んだ[殺した]。
のちにインディアンの間では、この悲惨さを「 涙[ 死 ]の旅路 [ Trail Of Tears ]」と嘆いだ。

劣悪なヨーロッパ人との戦争の歴史は極めて悲惨である。インディアンは北米政府との間で一方的な条約に署名させられ、しかも劣悪なヨーロッパ人が自らで、その条約を勝手に破るの繰り返しをやる。

穏健で無知なインディアンの中には劣悪なヨーロッパ人側について、抵抗するインディアンを非難するという者もいた。

この状況下で決して条約に署名しないスー族のクレージー・ホース[Crazy Horse]は、劣悪なヨーロッパ人を震え上がらせた。
アパッチ族のジェロニモ[Geronimo]らの抵抗は戦果をあげたものの、結局は、『 大量虐殺 』されるか降伏した。

スー族もチェロキーの「涙[ 死 ]の旅路」同様の移住を強いられ、サウスダコタ州の聖地ブラック・ヒルズ[Black Hills]に移り住まされるのである。

条約が結ばれ、劣悪なヨーロッパ人はブラック・ヒルズを侵さないはずだったが、ブラック・ヒルズに『 金鉱 』が見つかると、劣悪なヨーロッパ人は金を求めてブラック・ヒルズに侵入し、またもや条約[ 法 ]を不法にも破ったのである。

劣悪なヨーロッパ人にすれば、そもそも条約[ 法 ]なんぞというものは『 破る 』もの、『 悪用 』する都合のいい道具である。
我々はこれを肝に銘じておく必要がある。

このように抵抗が無駄な状況下で、スー族は平和なインディアンの国ができるという幻から『 ゴーストダンス 』が盛んになった。

この宗教を恐れた劣悪なヨーロッパ人は、『 ゴーストダンス 』を禁じ、従わないキッキング・ベア[ Kicking Bear ]らの一団をサウスダコタ州のウンデッド・ニー[Wounded Knee]に追いやり、またも『 虐殺 』を繰り返したのである。

劣悪なヨーロッパ人の話では一人が銃で抵抗などとしたが、真実は、一人がナイフを持って手放さなかったというだけで、200人以上もを『 虐殺 』したのである。これが有名な『 ウンデット・ニーの虐殺 』である。

1890年12月29日[ たった『 117年前 』のこの日 ]、劣悪なヨーロッパ人による、『 アメリカインディアン大量虐殺 』と、
『 インディアン大陸乗っ取り 』がここに完了するのである。

『 正論 』からすれは、1890年 [ たった『 117年前』]、アメリカインディアンの大陸が『 侵略 』され、『 大量虐殺 』され、
『 大陸が侵略され乗っ取られ 』て完全に征服された年である。

悪どいヨーロッパ人は1890年 [『 117年前 』]をフロンティア消滅 [ 大陸侵略完了 ]の輝かしい年などと嘯[うそぶ]いている。
(後略)
/////////////////////////////////
 
  List
  この記事は 152758 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_254761
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
254762 インディアンの大量虐殺によって労働が不足した為にアフリカから黒人奴隷を密輸 西村真治 11/07/25 AM03

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、43年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp