日本を守るのに、右も左もない
254387 【世見】今度は長野県?「永平寺」という地名が出ています。
 
匿名希望 11/07/15 AM00 【印刷用へ
あの2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震を予言したサイト『世見』に、気になる内容が書いてありました。
日頃からの気構えにお役に立てばと思い、紹介します。

------------------------------------------------------------------
■最近よく揺れています posted by 照 on 2011.7.12
<世見> 2011/07/12 リンクより

最近よく揺れています。
午前中も緊急地震速報がテレビ画面に出て身構えていたのですが、大きな揺れではなく一安心をしました。
私はこのところ地震や大災害の事に付いて、ご報告するのが恐くなっています。
今朝の緊急地震速報のように当たる当たらないではなく、ご自分の身を守るお役に立てればよいのですが、書き方を違えると皆様のお心を混乱させるのではと、気の弱い方の私が出ています。

それと、この間の大災害の映像が心に焼き付き、今も尚、被災地の皆様は現実の苦しみを体験されておられると思いますと、一人の力の弱さを痛感しております。
私に出来る事は犠牲に遭われた皆様が天上高い所で美しい光に溶け込まれて、笑顔で過ごして頂ける事を日々願うだけしか出来ません。

又、「復興」この言葉を忘れることなく過ごす事しか出来ません。被災された皆様に頑張ってなんて軽々しくは言えませんが、過去の歴史を見ても人間の底力には時には、その人に神が宿ったかのように、不思議な力が与えられます。

被災地の皆様、どうか希望を捨てないで下さい。
「今、生きている」
この事の意味を大切になさって下さい。
いつの日か悲しくて辛い思い出ですが、生きていてよかったと思える出来事は必ず来ます。私や私の文をお読み下さっておられる皆様も同じ気持ちです。

今日、あの心を泣かせた日から4カ月目がスタートした日に、あの日の記憶がよみがえり、被災地の皆様に気のエールをお送りしたくなりました。
「本当に、何も出来ずにごめんなさい。」
でも、今回の大災害を機に、これからは役立つ事を考えて、私のこれからの人生を捧げます。

私のこの文をお読み下さっておられる皆様、どうか3月11日を忘れずにいて下さい。
いつ、私が、あなた様が体験するかもしれないのです。他人事と心の処理をしてはいけません。何も出来なくとも、苦しんでおられる方がおられるのです。その事を忘れると、ご自分の幸福が見えなくなります。人を思い遣る気持ちを態度で示せなくても、心の根源に人を大切に思う慈しみの心を育てると、ご自分とご自分の周りの人をいいお顔に出来ます。

今からご報告申し上げる事を「当たる」とか「当たらない」と云った評価はしないで頂けますか。この事に触れられると、気の弱い方の私が出て来て、何も出来なくなります。
ただ、気になる事があり、書いておきたくなっています。

この十年間は、本当に油断など出来ないと思えて仕方がないのです。
地図を触ると、日本列島の地下が至る所で、岩盤と岩盤にひびが入ったり、岩盤が重なる所に上からの土が流れ込んでいたり、断層がどんななのか分かりませんが、山合いの坂辺りから周りを見ると、その下には集落があり、その坂から右の先の前向きに電車が通り、その電車を目で追って行くと、かなり大きい川の鉄橋を電車が渡る。すると、古くからある温泉街の様な看板が電車の中から見える。こんな光景って、日本中にいっぱいあるのだろうなぁ〜。

でも、今、見えている場所が知りたくて、知りたくて仕方がない。
もう一度、先程の山合い坂に戻り、今度は反対の左を小枝や木々をかき分けて進んでいくと、6〜8畳くらいの場所に出た。そこからは下が良く見える。
左・左と目をこらすと数キロ先?に、この地方では一番大きいショッピングセンターがある。エエ、何?この先って長野県?「永平寺」?
又、何でこんな事を書いたのだろう。そう思いながら元の山合いに戻ると、断層が動くのが見えた。
今日はこれくらいで急に終わりたくなってしまいましたが、これから9月迄は太平洋側だけではなく、この間の大地震で揺れた場所はいつ何処が震源地になるか分からないとも書きたくなりました。
どうか皆様、気を緩めてはいけません。でも、日頃からの気構え次第であなた様は大丈夫ですから、怖がらないで下さい。

------------------------------------------------------------------
 
  List
  この記事は 247210 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_254387
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp