素人による創造
25431 新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
 
四方勢至 ( 老年 京都 編集 ) 02/03/02 AM02 【印刷用へ
30年来の思想不信によって、古代以来連綿と精練されてきた言葉群が、全てダメになり、捨象されて終った。新しい言葉=実現論も荒削りで未だ普遍性を獲得していない。現代は、言葉が崩壊し、言葉が捨象されてゆく時代であり、そこでは新しい言葉も弱い力しか持ち得ない。
例えば、若者は明らかに言葉を捨てて仲間に向かっている。とすれば現状は、言葉よりも仲間(共認orつながり・広がり)の方が引力が強いという事は、疑う余地がない。だからこそ、知人連鎖でなければ言葉を伝えられず、人と答えが一体のまつりでないと人は集まらないのだ。

しかし現在は、言葉よりも仲間ではあるが、どうも共認充足に先行して、人そのもの(の引力)に向かっている様にも見える。

そこには、共認欠乏(本源収束)と外向欠乏(外向収束)の二つの引力が働いている。

共認機能は、原理的に人が居ないと作動しない。従って、共認充足に先行して先ず人を求めるのは、原理的に当然の様に見える。しかし、通常、周りに人(友人や仲間)が居るのが当然の状態なのであって、まず人を求めるというのは異常である。実際、携帯やネットやサークルで相手を求めるのは、関係閉塞型に多い現象であり、共認充足している実現派はネットで相手探しなどしない。
結局、多数派に刻印された異常な共認非充足の状態が、共認充足に先行して人を求める根深い人欠乏を作り出し、人こそが(共認充足に先行する)最高価値であるという空気をも作り出している。それは事実であるが、しかし、それが人類史上の異常事態(但し、間違ってはいない)であることも、忘れてはならない。

他方、外向欠乏(社会探索)が、分かり難い構造認識よりも、先ずは具象的で分かり易い人に向かうのは、当然で、これは正常である。そしてそこでも、その人の言葉ではなく、行間にある潜在思念(その人が何を感じ、何をしているか、あるいは熱意や自信や感性、一言で云えば“輝き”)に注目している。

要するに、人こそ外向基調の最大の対象であり、かつ、共認機能に先行する最高価値である。何よりもまず人という、この人欠乏こそ本源収束の基軸を成すもの(あるいは真の民主主義の基礎を成すもの)であり、集客欠乏やひいては演場社会の基礎を成すものである。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_25431
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
社会を変える『トモダチづくり』(6)〜新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代〜 「感謝の心を育むには」 11/08/23 PM01
243854 「相手の不全は何か」を読み取ることってどういうこと? 中村淳子 11/01/12 AM01
242423 自分の仲間収束と社会収束の移り変わりと実感 吉永洋平 10/12/18 PM11
242413 私のなんで屋活動の動機 SHOW 10/12/18 PM10
239756 人に収束すれば、新しい認識が必要になってくる。 麻丘東出 10/10/22 PM11
239751 背後の社会構造をつかむ! ぴのこ 10/10/22 PM09
239749 ブロック図解で文章の構成を意識する。 佐々木尊一 10/10/22 PM09
239747 短時間で構造を掴むブロック図解 center_axis 10/10/22 PM07
234113 【図解】新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代 こうた 10/07/03 PM01
234100 【図解】新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代 志水満 10/07/03 AM01
234036 人との関わり合い もりちゃん 10/07/01 PM10
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 10/06/29 PM10
230840 国語力をつけるためには何が必要か? 村田頼哉 10/04/28 PM07
230116 【図解】新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代 喜田育樹 10/04/15 PM05
230075 「言葉」から「実践」へ 小林雅志 10/04/14 PM07
229862 潜在思念で感じるその人の“輝き”って? コールスロー 10/04/09 PM09
222210 人収束は、路上でも顕著になってきた。 長谷暢二 09/12/19 AM00
219186 「言葉それ自体が引力を持ち得ない」ことを実感します。 中村淳子 09/11/08 AM01
219115 女たちは、日々“新しい言葉・新しい認識”を紡いでいる☆ ぴのこ 09/11/07 PM00
209518 購買意識も人収束している (口コミの力) 杉山直之 09/06/25 PM05
208509 視覚化する言葉 坂本日出夫 09/06/10 AM02
206830 『不全⇒可能性収束』という思考をもった、新認識にしか出来ない!! 西田美和 09/05/18 PM07
206306 なんで屋の心がまえ 宮本昇 09/05/11 PM10
203928 【図解】新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代 新川啓一 09/04/09 AM09
202653 事実探索・事実収束から社会収束へ 西村真治 09/03/22 AM01
202606 仲間収束から社会収束へ 金木洋平 09/03/21 PM05
202583 仲間といても物足りないのは何で? 斎藤一浩 09/03/21 AM03
202581 共認非充足のエネルギー 山名宏明 09/03/21 AM02
202572 【図解】新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代 山田渉 09/03/20 PM11
202463 【図解】観念パラダイムの逆転4、5  三島史路 09/03/19 PM03
201258 漢字ブームについて思う。 岸良造 09/03/03 AM10
201075 若者言葉 ちょっとわかる気もするが・・・・? 星埜洋 09/02/28 PM00
201058 【図解】言葉それ自体が引力を持ち得ない時代(どうする?) 田村正道 09/02/28 AM03
201043 いよいよ言葉忌避の時代から、答えとなる言葉への収束が始まった 佐藤晴彦 09/02/27 PM11
197052 若者達から一気に認識収束が顕在化 八代至誠 09/01/11 PM06
196940 新たな構造認識の登場が近いか 井上光利 09/01/10 PM07
196917 【図解】新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代 浅見昌良 09/01/10 PM02
194969 潜在思念で感じた事を常に言葉=構造認識に置き換えることが重要 大嶋洋一 08/12/16 AM11
194949 潜在思念による輝きを感じたとき 熊澤敬輔 08/12/15 PM11
194936 人々は『How to』本の何に惹かれるのか? 本田真吾 08/12/15 PM10
194923 生物史上の大転換期だから言葉⇒観念の再統合は必然 鈴木康夫 08/12/15 PM07
194391 言葉が引力を持ち始めた 若林勇夫 08/12/08 PM09
191843 頭が古い言葉に支配されているから「現実」が見えない。 向芳孝 08/11/09 PM06
190219 時代の流れであった プリプリいか天 08/10/21 AM01
185689 【幹図解】 新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代 たっぴ 08/09/14 PM06
185684 言葉に引力を持たせるには? 匿名希望 08/09/14 PM04
185472 可能性をみつける! 柴田理紗 08/09/11 PM10
185235 読書離れする日本 りん 08/09/09 PM08
183907 「言葉それ自体が引力を持ち得ない時代」=「潜在思念が現実の圧力に適応できる言葉を模索している時代」 西村秀彦 08/08/24 AM01
181847 答えだけでは収束できない! historyroad 08/07/22 PM06
181650 人が人を求めるのは、なんで? 高間愛美 08/07/19 PM11
178650 人を集客できても、答えがなければ・・・。 きなこ 08/06/07 PM07
178120 異常事態は自然収束するの? ヒゲ眼鏡 08/06/01 PM09
177660 ネットに求める対象の違いによって 茉莉花 08/05/28 AM03
177609 周りに人はいっぱいいるのに… 宮崎敬子 08/05/27 PM07
173559 社会不全→認識欠乏⇒答え収束⇒るいネット・劇場・サロンへ パンダマン 08/04/05 PM02
173278 答えが共認非充足を解消する 磯貝朋広 08/03/31 AM08
172707 【図解】人類史上の異常事態とも言える人欠乏とは? 匿名希望 08/03/19 PM03
172686 本当は個性ではなく答えを求めている 安藤太地 08/03/19 AM04
172684 【図解】新しい潮流3,4 人と答えの一体化 みち 08/03/19 AM02
172490 まつり場は、ここにある。 川井孝浩 08/03/15 PM10
172050 行間にある潜在思念と同化する。 彗星 08/03/07 PM07
171994 現代は【人収束】よりも【答え探索】に向かっているのでは 志水満 08/03/06 PM02
171976 言葉の引力が復活する兆し? こうた 08/03/06 AM01
171956 共認非充足をどうする? 斎藤裕一 08/03/05 PM07
168741 人収束を超えた事実認識の構築へ 渡辺卓郎 08/01/09 PM11
167958 【図解】30年間の思想不信から人収束 村田頼哉 07/12/27 PM08
167944 観念機能の再生によって、人と答えが一体となったまつり場に 喜田育樹 07/12/27 PM02
167848 観念機能の復活なくして言葉の力を取り戻せない 小林雅志 07/12/27 AM00
167847 今、現在強まっている「活字収束」の流れは、どういう仕組み? 田中瑠衣 07/12/26 PM11
165288 言葉を超え、新しい言葉=認識に収束する時代に入った 酒井裕志 07/11/15 AM02
165279 「言葉が引力を持てない時代」から30年…いよいよマスコミの終焉 毛沢民 07/11/14 PM11
165268 【図解】多数派(共認非充足を刻印)の意識潮流 新川啓一 07/11/14 PM08
163857 表面的な“人収束”、“輝き”の時代が終わり、ついにマスコミの時代が終わる。 井上宏 07/10/20 PM09
163836 小中学生の「学力低下」は、大転換時代の結末か? 岸良造 07/10/20 PM03
163835 「言葉よりも仲間の時代」が変わりつつある。 田村正道 07/10/20 PM03
163815 【図解】言葉それ自体が引力をもち得ない時代 佐藤晴彦 07/10/20 AM03
163793 言葉の重みがない 星埜洋 07/10/19 PM09
163778 人収束の度合いが評価対象として共認されている 菅原正輝 07/10/19 PM06
163545 ストレートに答えを求める傾向が強まっている? 矢ヶ崎裕 07/10/16 AM01
163435 引力ある言葉とは ばきちょこ 07/10/14 AM02
163406 向かっていこう ミュウ 07/10/13 PM10
162881 潜在思念という確実な指標をもとに 鈴木康夫 07/10/06 PM07
161692 人欠乏・・・互いに認め、認められてはじめて充足 太刀川省治 07/09/20 PM04
161655 人に収束? 清水 由記子 07/09/19 PM11
160895 書を捨て言葉を捨てよ社会へ出よう 庄恵三 07/09/09 PM08
160881 社会収束の潮流を顕在化させるには? ダイ 07/09/09 PM03
157561 言葉よりも人収束の20代 コスモス 07/07/25 AM11
157546 人そのもの(の引力)に向かう構造 【図解】 大森義也 07/07/24 PM11
157526 共認非充足ゆえの異常事態 わっと 07/07/24 PM06
149747 ”輝き”の中身とは・・・。 田野健 07/04/19 PM09
149036 仲間か言葉か 狒狒 07/04/10 PM10
146164 探索の過程は表層から事実追及へ ケリ太 07/03/01 PM10
146144 国語力低下という社会問題をどうする 匿名希望 07/03/01 PM09
146038 充足可能性は、まだ無数にある 矢野悟 07/02/28 PM01
145610 昔と今の言葉の持つ意味 大橋いずみ 07/02/23 PM00
145580 【図解】新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代 ふるてぃ 07/02/23 AM00
145363 収束先、昔は「自分」で今は「仲間」 magarimame 07/02/19 PM11
144187 言葉に力を吹き込む環境を作る 32 07/02/05 PM05
144178 言葉捨象と、自分収束の相乗 ジャック・ダニエル 07/02/05 PM02
142785 営業って何?〜仕事を通じて思うこと〜 ぷっち 07/01/19 PM09
142474 共認欠乏から人収束への断層に見られるもの 藤澤仁 07/01/16 PM01
142441 【図解】新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代 永峰正規 07/01/15 PM10
142368 発信者はどんな人か? チウエ* 07/01/14 PM11
142210 輝きが求められる時代 船長 07/01/13 PM01
142203 魅力ある人を真似る 鈴木龍也 07/01/13 AM11
142183 友人の動向をチェックし続ける若者たち 高菜ごはん 07/01/13 AM03
142126 言葉よりみんなの意識 ハリマ 07/01/12 PM05
140473 なんとなく ぎゃお 06/12/18 PM00
139915 流行語も今や人。ただし構造まで見えなければ単なる流行 高田敦 06/12/12 PM00
136500 図解】新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代 長谷暢二 06/11/04 PM08
135837 言葉に引力が無くなったら、歌謡曲の歌詞もフワフワして来た。 新井弘 06/10/28 PM11
135821 みんなと事実を共認したい 立石裕美 06/10/28 PM10
135818 【図解】新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代 二力 06/10/28 PM09
135782 『人と答えが一体のまつり場』形成のためにみんなが集まってくるのも時間の問題か コータロー 06/10/28 PM04
135758 唯一可能性…それが『人』 R 06/10/28 AM08
135751 人収束だけではもはや限界。 ちわわ 06/10/28 AM04
135447 異常な共認非充足は異常な仲間収束を生む 橋田和弘 06/10/25 PM01
135434 まず人収束。その先は 佐藤晴彦 06/10/25 AM10
135414 【図解】新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代 山田孝治 06/10/25 AM01
135157 潜在思念はまずは人、次に社会 岡本誠 06/10/22 PM05
135076 【図解】新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代 若林勇夫 06/10/21 PM09
135054 【人と答が一体の場】の構築はみんなの臨戦課題 平野令 06/10/21 PM05
134991 人収束=人が最高の価値であり対象であるということ 笠原光 06/10/21 AM04
133913 共認欠乏と外向欠乏を収束させる条件 越見源 06/10/11 PM10
133902 時代は答え収束へ加速している 酒井俊弘 06/10/11 PM10
133899 民主主義制度は現代の最大の人収束。 志水満 06/10/11 PM09
133898 言葉の引力が復活?〜首相の会見と演説より〜 近藤文人 06/10/11 PM09
133869 人(繋がり)欠乏の、何で? 斎藤裕一 06/10/11 PM06
132725 小泉劇場政治の終焉、真の答えを探索する次代 馬場康一郎 06/10/01 AM06
131034 露店主に求められるのは輝き 野田雄二 06/09/16 PM00
130990 「活字離れ」って本当? ベジータ 06/09/16 AM00
130847 人を求めて答えを与えられるから答えを求めて人と出会うに 星埜洋 06/09/14 PM07
118082 変わっていく言葉。〜みんなへ、社会へ〜 Route246 06/06/02 PM11
114707 繋がり欠乏からの変化 北村浩司 06/05/19 PM07
113536 私権観念崩壊とマッタリの間 玄太 06/05/14 AM01
113345 まったり派が増えてきたのは? お昼寝王国 06/05/13 PM03
103968 新しい言葉を伝える媒体 馬場真一 06/01/13 PM08
103493 弟子が本当に求めているものは何か? 小松由布樹 06/01/02 AM07
101379 社会探索も本格化の兆し。 高梨俊寛 05/11/24 PM11
99803 若者の「方言」志向は何を意味するのか 佐藤晴彦 05/10/26 PM08
98716 対面とネットが生み出す、これからの充足。 永峰正規 05/10/07 PM11
98007 観念支配不能の時代へ 佐藤賢志 05/09/27 PM11
97339 まずは『人』、でも最終的には『認識(答え)』がなければ滅亡する 山上勝義 05/09/14 PM11
96990 輝きの中身 渡邊かお里 05/09/07 PM11
95526 哲学や思想よりも「みんな」 山田孝治 05/08/03 PM10
94936 正しい言葉遣いって? 岡村基之 05/07/22 PM07
94932 私権時固有の言葉 unclefootballer 05/07/22 PM05
94602 > 新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代 寺嶋眞一 05/07/16 AM05
94599 答えにたいして若者と中高年の反応の差 岸良造 05/07/16 AM01
94580 序列がない方が旨くいく 今井勝行 05/07/15 PM09
93689 ネットを通じた人収束こそ、パラダイム転換の始まり 星埜洋 05/07/01 AM03
90798 人収束と答え探索 馬場真一 05/05/15 PM08
88703 観念探索の背後に不全の共認が広がっている 佐藤祥司 05/04/12 AM00
88696 なんで屋は話題の宝庫 阿部和雄 05/04/11 PM11
88469 露店をやるにあたって 石井佳織 05/04/06 PM09
84657 共認充足発外向収束が社会を変える 加藤弘行 05/01/26 PM09
84002 プロジェクト営業の異様な先端、「共認非充足」の常態。 阿部紘 05/01/14 PM08
83546 共認充足の起点となる、新しい言葉 佐藤賢志 05/01/03 AM02
83145 共認充足に先行する人欠乏とは? 白子佳世 04/12/25 PM04
83102 言葉→仲間→共認充足へ。 匿名希望 04/12/24 PM03
82210 露店に来ない世代は悩んでる人たち 前山修司 04/12/07 PM09
82175 娘も出口を求めている 金岡景太 04/12/06 PM09
26528 「メル友」は、関係閉塞ゆえか?認識仲間の兆しか? 西谷文宏 02/03/14 AM01
25759 人欠乏に見られる可能性への兆し 山上勝義 02/03/06 AM00
25696 文学界にみる新しい潮流 大木康子 02/03/05 PM01
25691 言葉を失った原因 匿名希望 02/03/05 PM01
25641 「・・・できない」なんて。 一力広明 02/03/04 PM11
25621 生きる力となりうる可能性を指し示すことば 八木繁昭 02/03/04 PM10
25523 認識仲間との「出逢いの連鎖」 宮川悠子 02/03/03 AM06
25465 対面の場で感受する潜在思念は活力の源。 阿部紘 02/03/02 PM09

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
素人の社会活動11 マスコミの共認支配
三文脚本家としてのマスコミ
小泉の支持率と目先の秩序収束
マスコミの煽動報道と、その最後
マスコミのからくり:::露出≒人気
電通を媒介にしたアメリカによるメディア支配
ネット工作員の正体。
特権階級の自家中毒
なぜ学問は退廃するか
あれは、そうだったのか! 学者と報道の謎が解ける
構造認識の現況2 特権知識階級の商売道具と化した「構造認識」
それがどうした、いんちき教授!
潮流7:暴走する社会(特権階級の暴走と下層階級の暴走)
原発:近代科学原理主義者たちの産物
『科学はどこで道を誤ったのか?』(9)近代U〜国家体制に組み込まれ、専門化体制の中で無能化した学者〜
なんで、こんなことになってしまったのか?⇒科学者たちの信じられないアホさ加減
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
「観念力を鍛えるには?」(4) 求道者と解釈者では思考の自在さが全く違う
詭弁を説明しようとするから難解になってゆく
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
朝日の捏造・・・1 何らの被害の声も出ていない類塾に、突然襲い掛かった朝日・・・
「報道の自由」を盾に、社会秩序を根底から破壊してゆく者たち。 
国民の「知る権利」を踏みにじる捏造報道
テレビが考える時間を奪う(清水幾多郎)
テレビが人間を愚鈍にさせるというのが科学的に証明された
「小沢を切れ」と合唱する大新聞この国の大新聞は常にデタラメだった
新聞社による偽装の実態〜「押し紙」による販売収入と広告収入の不正取得
NHK解説委員・長谷川浩氏の変死事件
恐るべき全人類監視ツール『Facebook』の危険性
LINEはなぜ無料なの?完全無料の通話アプリが儲けを出す「危険なカラクリ」が分かった。

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp