日本を守るのに、右も左もない
254286 皇統の争い〜現天皇家:闇組織の謀略〜
 
彗星 ( 中年 ) 11/07/12 PM04 【印刷用へ
[現天皇家と元天皇家=満州国/関東軍/闇組織]のブログより、『現天皇家:闇組織の謀略(リンク)より紹介します。
元天皇家【朝鮮王朝で朝鮮系統の歴史を持つ民族:北朝系?】と現天皇家【秦皇帝家(秦の始皇帝の末裔)・韓皇帝家で中国・韓国系統の歴史をもつ民族:南朝系?】との綱引きが現在も続いている?とのこと。詳細は調査が必要であるが・・・
------------------------------転載
 明治維新において、「天皇家・入れ替わり事件」が起こりました。具体的には、「元・天皇家」(=京都)が追い出されて、「現・天皇家」(=秦皇帝家・東京)が誕生したわけです。
 「追い出された元・天皇家」の最後の天皇は、「孝明天皇」で、後「榎本武揚」と呼ばれます。榎本武揚は、「北海道での五稜郭戦争」で敗退しましたが、後に「海軍中将」に就きます。
ここから「榎本武揚派」いわゆる「元・天皇家派」(=反皇帝家派・反現天皇家派)が、海軍内部に密かに組織されていきます。日本軍内部に結成された「元・天皇家派」は、やがて「日本海軍・日本陸軍の総司令部」や「大本営本部」を乗っ取る事になります。
 この事が、後に「連合艦隊長官・山本五十六の暗殺」や「ミッドウェー海戦での日本海軍の大敗北」を招く事になります。
又「元・天皇家派」は、「米国中央情報機関」(=CIA)と裏側で結託し、「日本軍の機密暗号・機密作戦」を米国側に垂れ流してきました。その結果、「日本海軍・日本陸軍」は大敗北を招く事になります。この件については、後に詳しく紹介します。
 さて皆さんは、明治維新時の「榎本武揚」(=元・天皇家の最後の天皇・孝明天皇)が、「社会主義理論・共産主義理論」を考案した事をご存じですか?
ここから、「社会主義革命・共産主義革命」(=皇帝家・現天皇家を打倒する思想)が世界中に広められたのです。つまり「元・天皇家派」が、皇帝家=現・天皇家を打倒する為に、「社会主義革命・共産主義革命」をロシア・中国や世界各国に普及させたという事ですね。
当然日本国内でも同様であり、「新」(=元・天皇家)を復活させる為に組織されたのが、「革新政党・革新団体」であり、「日本のマスコミ・報道界」です。
 明治維新に追い出された「元・天皇家」(=京都)は、「皇帝家」(=現・天皇家)を打倒する為に、やがて「闇組織」を形成していきます。この「闇組織」(=元・天皇家)が、「様々な陰謀・謀略・テロ活動等」を次々と計画・実行していきます。
この「闇組織が実行してきた様々な陰謀・謀略・テロ活動等」については、後に詳しく紹介します。
 さて問題は、「闇組織」(=元・天皇家)が様々な陰謀・謀略・テロ活動等を行って、「現・天皇家」(=皇帝家)の打倒を謀ってきました。しかしながら「現・天皇家」(=皇帝家)は未だに健在であり、「元・天皇家」は未だに闇組織のままです。
この事実は、「闇組織」(=元・天皇家)が企ててきた陰謀・謀略・テロ活動等が、「全て失敗に終わった」事を表しています。解り易く言えば、「闇組織」(=元・天皇家)は、百戦して百敗に終わったという事です。
 この「闇組織」(=元・天皇家)が企ててきた様々な陰謀・謀略・テロ活動等が、何故「全て失敗に終わっている」のでしょうか? その理由は、「闇組織」(=元・天皇家)の天敵である、「秘密結社の存在」があるからです。
 「秘密結社」というのは、秘密裏に「皇帝家」(=現・天皇家)を守護する、「忍者集団」の事です。
しかもこの「秘密結社」は、歴史上「元・天皇家」(=闇組織)に対して、「非常な恨み」を抱いている集団です。一言で言えば、「元・天皇家の人々を全て大虐殺しても良い」とさえ考えている程、「元・天皇家」(=闇組織)にとっては非常に恐ろしい集団なのです。
 ところがこの「秘密結社」に関しては、「その存在」そのものが全く不明です。もちろん「元・天皇家」(=闇組織)も、「秘密結社」に関しては何も解っていません。
つまり「元・天皇家」(=闇組織)側は、全くの正体不明である「秘密結社」から、常に監視されかつ「元・天皇家の人々の命」さえ握られているのです。
 「現在の秘密結社」に関しては全く不明ですが、「秘密結社の歴史的ルーツ」については、日本史上で明確に記録されています。次回は、「秘密結社の歴史的ルーツ」について紹介します。
------------------------------終了
 
  List
  この記事は 253023 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_254286
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp