日本を守るのに、右も左もない
254076 ツイッター「いまなにしてる?」ではなく「いま何が起きている?」
 
ギニュー特戦隊 ( 50♂ ) 11/07/07 PM10 【印刷用へ
Twitterは何を目指すサービスなのか?
それを示す象徴的な記事がありましたので紹介します。(少し古いですが)

シロクマ日報「Twitter、ユーザーへの問いかけを"What's happening?"に変更」リンクより

以下引用*************************************************************
最近 Twitter を Twitter.com から利用された方なら、ある大きな変化が起きたことに気づかれたのではないでしょうか。どこが変わったか、お分かりになりますか?ええ、「リスト機能の追加」「公式RTのベータテスト開始」等々も最近の変更点ではあるのですが……ある意味で、そうした機能追加よりも重要な変更が行われています:
------------------------------------------------------------------
■ What's Happening? (Twitter Blog)リンク

The fundamentally open model of Twitter created a new kind of information network and it has long outgrown the concept of personal status updates. Twitter helps you share and discover what's happening now among all the things, people, and events you care about. "What are you doing?" isn't the right question anymore—starting today, we've shortened it by two characters. Twitter now asks, "What's happening?"

Twitter が非常にオープンなモデルを採用したことで、新しい形の情報ネットワークが生まれ、「個人的な近況報告」という当初のコンセプトが合わなくなってきました。いまや Twitter は、あらゆる事象や人間、イベントなど人々が感心を抱いていることについて、「いま何が起きているか」の情報を共有することを実現しています。もはや「いまなにしてる?」は適切な質問ではなくなりました。本日より、この質問は2つの単語に縮められます。新しい質問は「いま何が起きている?」です。
------------------------------------------------------------------

そう、タイトルで答えを言ってしまっているのですが、Twitter.com のメッセージ入力欄に掲げられた「質問」が、"What are you doing?"(いまなにしてる?)から"What's happening?"(いま何が起きている?)へと変更されました。ちなみに日本語公式サイトでは「いまどうしてる?」と訳されているのですが、これだと若干ニュアンスが伝わりにくいかも(確かにこの表現は「最近どう?」といった挨拶の意味もあるのですが)。

ご存知の通り、Twitter はもはや「いましていること」だけを伝える場ではありません。メディアによるニュース速報や、行政機関による市民へのお知らせ、そして bot (人間ではなく、プログラムによって更新されるアカウント)が流す様々なメッセージなど、幅広い情報が流通するプラットフォームとして確立されつつあります。そのため「いまなにしてる?」という質問は適切ではないだろう、という指摘(揶揄?)が以前から行われていたわけですが、それに応える形で、ついに変更が行われたわけですね。

従ってこの変更は、機能追加に比べれば実質的な影響は小さいのですが、象徴的な意味としては非常に大きいものがあるのではないでしょうか。大げさに言えば、前述のような「情報プラットフォーム」になったことを、運営側が公式に宣言したものとして捉えることもできるかもしれません。少なくとも、Twitter が何を目指すサービスなのか、外見と中身が一致した日として記録されることになるのでしょうね
引用ここまで*****************************************************************
 
  List
  この記事は 254066 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_254076
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
260937 Twitter社は、国の依頼があれば、検閲を行い、アカウントや記事の削除をすることを発表! 吉田達乃鯉 12/01/28 PM05
255389 震災でツイッター人口急増⇒共認媒体として機能しはじめた ET 11/08/11 PM00
254939 福島県内では原発関連本が飛ぶように売れているようだが… 猛獣王S 11/07/30 PM09
254170 原発情報を集めたサイト☆ genpatsu.net 春風 11/07/09 PM07

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp