共認運動をどう実現してゆくか?
254066 7/3なんでや劇場 ツイッターで、ひたすら皆の役に立つ事実を伝える。自らが媒体になりきる。
 
冨田彰男 ( 47 兵庫 経営管理 ) 11/07/07 PM05 【印刷用へ
これから我々がやるべきことは、ひたすら事実を伝えてゆくこと、それだけである。しかも、それは誰にでもできる。

特に原発事故以降、『事実はどうなってるの?」という情報収束≒事実収束の需要が急速に高まっている。

こういう需要に応えるために発信側に求められるのは、とにかく皆の役に立ちそうな事実を伝える媒体に徹すること。自己主張など誰も聞きたくないのであって、ひたすら役に立つ情報を収集し、発信することが重要な仕事になってくる。

情報の収集と発信は一体の課題であるが、これまでは意識が発信に偏っていた。それが大きな間違いで、これからは、どれだけ有用な情報を集めてこれるか、つまり情報の収集力が成否を決する。

従って、『るいネット』も改良してゆく必要があるだろう。
これまでの『るいネット』は、「認識形成サイト」の色彩が強い。これは、社会を変えるためには新理論の構築が不可欠だという状況判断からそうしてきた訳であるが、今や大転換の時が近づいており、実践過程に入る段階を迎えている。従って、認識追求サイトという最終的な方向はそのままだが、当面は「情報紹介サイト」という色彩をより前面に出す必要があるだろう。

また、協働者の意識にも、180°の転換が求められる。

現実を変えるために必要なのが、何よりも事実を学ぶことであるなら、その事実が人々に広がりさえすれば、それでよい。
だとしたら、これまでの運動論では当たり前であった、とにかく自分の所に「人を集めよう」というような意識は、むしろ邪魔になる。それに改めて考えてみれば、そのような意識は邪心以外の何者でもない。

つまり、今求められているのは、『るいネット』に集客しようというような色気や欲は捨てて、一人一人が、ひたすら、みんなの役に立つ事実を伝える媒体に成り切ることである。
そのような姿勢で、万人が媒体となってゆくことで、はじめて大学やマスコミを倒すことが可能になる。

とすれば、そのためのツールとしては、サイトやブログよりも、ツイッターの方が適している。例えば、有用な情報が載っているブログにアクセスし、その内容をツイートしてゆく。それにフォロワーやリツイートがついてゆく。ここで重要なのは、フォロワーの数よりもリツイートされた数である。(∵リツイートの数だけ事実情報が伝わっているからである。このように誰もが媒体となって事実を伝えてゆけば、必ずマスコミに勝てる。)

勝負は、情報の質で決まる。
だとすれば、必要なのは、有用な情報を探索・発掘することである。そこでは、るいネットも発掘対象のひとつに過ぎなくなる。
もっとも、るいネットには、すでに社会系サイトやブログの主な記事が収集されているので、主要な発掘対象にはなるが、ツイッター上の有用な記事は探索できていない。
従って、ツイッターで有用な情報(事実)をつぶやいてくれる人をいかに発掘するかが、何より重要になってくる。
このツイッターで事実を拡散させるという課題は、なんでや専任の半分を投入して、どういう成果が出るか試してみる価値があるだろう。
(専任以外の人でも、今日の提起を聞いてなるほどと思った人は、媒体に徹してツイッターを始めてみてほしい)
 
  List
  この記事は 254050 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_254066
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
257251 ツイッターで成功している企業 トップ5から学ぶこと 宮谷和枝 11/10/01 AM00
255390 「るいネット」もモバイル対応の時期? 〜米43%のTwitterアカウントがモバイルからもアクセス 匿名希望 11/08/11 PM01
254490 ツイッターを始めてみて〜みんなを想う気持ちであふれてる;+' 三上香緒里 11/07/17 PM06
254123 「今起きてる事実」と信頼される情報→「当事者の情報」→ツイッターの可能性 三池晴与 11/07/08 PM11
254076 ツイッター「いまなにしてる?」ではなく「いま何が起きている?」 ギニュー特戦隊 11/07/07 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp