日本を守るのに、右も左もない
253969 市民運動という騙し。それも、すべての可能性の芽を摘みとる皆殺し的な騙し。
 
岡田淳三郎 ( 70代 大阪 経営 ) 11/07/05 AM00 【印刷用へ
原発事故の後、「事実はどうなってるの?」という情報収束が高まっている。どうやら、人々の意識が大きく動き出したようで、私権社会から共認社会への大転換の時が近づいているように感じる。
とすれば、『共認社会をどう実現するか』、その具体的な運動論を考える段階に来たようである。

私は40年前、チンケな運動を総括し、より現実に密着した運動として自主管理・共同体企業の建設を提起し、今も実現中である。
そして社会運動については、その実現基盤を探るべく、専ら人類史や生物史に遡って、社会構造の解明に取り組んできた。まだまだ解明しきれていない部分も多いが、もはや時間がない。やや見切り発車となるが、そろそろ具体的な実現過程に浮上する時がきたようである。

運動論を考えるにあたって、まず過去の市民運動を簡単に総括しておこう。

過去、’60年安保闘争にせよ、’69年全共闘運動にせよ、大衆の願いは実現された例がない。さらに遡れば、明治維新やフランス革命も同様であって、実現されたのは、金貸し(金融勢力)支配の体制だけであり、それらの革命に身を投じた若者たちは、金貸しに乗せられ踊らされてきただけであった。
つまり、近代の市民運動は、実現された例がない。従って、「市民運動」という言葉は、幻想と断じざるを得ない。
しかも、この幻想を信じた結果、多くの有為の若者が出口のない袋小路に追い詰められ、自滅していった。これは騙し、それも、社会変革のすべての可能性の芽を摘み取る、破滅的な騙しである。

その後、市民運動は、’70年、貧困の消滅(豊かさの実現)を契機に急速に衰弱していった。つまり、市民運動は、貧困の圧力→私権圧力が強いときにはそれなりに盛り上がり、私権圧力が衰弱するや否や衰退していったわけで、これは、市民運動が私権欠乏をエネルギー源にしていたという証である。
私権欠乏に立脚している限り、どれだけ市民運動を続けても、私権社会が永久に続くだけであって、私権社会から共認社会への転換など、実現するわけがない。

同じことは、それらの運動を導いてきた思想についても言える。
近代思想を生み出したのは、金貸し(金融勢力)である。ところが、市民運動の活動家たちも、同じ近代思想に立脚している。
同じ思想に立脚しながら、社会を変革することなど出来るわけがない。

あるいは、こうも言える。市民運動の活動家たちは、もっぱら大衆の意識の上昇に期待してきた。逆に云えば、彼らは「大衆の意識」以外に何の実現基盤も持ち合わせていなかった。
しかし大衆は、金貸しが支配する検定教科書とマスコミによって、ほぼ完全に染脳されてしまっており、新たな思想なしに大衆の意識が変革されることなどありえない。

本当に社会変革を実現するには、歴史を遡って、運動の実現基盤を発掘し、実現基盤を備えた新理論を構築しなければならない。彼らは大衆の意識に期待してきたと上に書いたが、実は、彼らが大衆の意識潮流を深く追求した痕跡はどこにも無い。これでは、本当の所は、大衆にさえ何も期待していなかったのだと言わざるを得ない。

大衆の意識を注視し続けていた私は、45年前、活動家たちに対して、マルクス主義に代わる新理論の必要を提起した。しかし、新理論の構築に取り組もうとした者は、(ごく少数を除いて)殆ど誰もいなかった。そして、次々と、大企業に就職し、あるいは学者になっていった。その後、彼らに残されたのは、社会変革に対する深い不可能視だけである。
それだけを見ると、彼らは本気で社会変革を実現する気などなかったようにも見えるが、むしろ、近代思想に代わる新理論の構築は、不可能に近いほどの超難課題であったということだろう。

〜続く〜

※共認とは…実現論1_4_05、共認統合とは…実現論1_4_11
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_253969
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
306714 デモも選挙も、金貸しが作ったツール・手段 紺碧空 15/08/10 PM09
「民主化ドミノ」の裏側(CIAの工作からNGO・エセ人権団体による大衆扇動へ) 「にほん民族解放戦線^o^」 11/12/29 AM03
256186 金貸し支配から脱却できない学者 田宮昌明 11/08/30 AM01
255854 「やらないより、やったほうがマシ」という意識 孫市 11/08/22 AM02
255849 市民運動の騙し momokun 11/08/21 PM11
255847 市民運動は「やらないよりは(やったほうが)いい」じゃなくて、「やらないほうがマシ」 西田美和 11/08/21 PM10
255796 やらないよりはいい?やらないほうがいい?市民運動 足立景 11/08/20 PM10
『民主主義』『市民運動』という騙しとその犯罪性 1〜市民運動という騙し 「日本を守るのに右も左もない」 11/08/09 AM03
シリーズ 大震災復興〜日本企業の底力!〜3-3金融勢力は民主主義を大衆支配の道具として利用し、共同体を破壊してきた! 「これからは共同体の時代」 11/08/06 PM09
地震・原発を契機に人々の意識はどう変わるか?【11】:シリーズまとめ(政策提言へ向けて) 「日本を守るのに右も左もない」 11/07/16 PM09
7/3なんでや劇場レポート(1)市民運動という騙し。それも、すべての可能性の芽を摘みとる破滅的な騙し。 「路上で世直し なんで屋【関西】」 11/07/14 PM05
254195 事実収束の時代は人収束の時代でもある 松岡隆 11/07/09 PM11
254191 意外と簡単にマスコミ共認は崩れる? ざしきわらし 11/07/09 PM10
254046 なんでや劇場が、昔の経験を総括し、昔の志を再生する貴重な場になった。 青山 秀雄 11/07/06 PM10
253997 市民運動の弊害!(^^; Silentservice 11/07/05 PM10
253987 現実に、社会を動かしてきた中核勢力とは? 岡田淳三郎 11/07/05 PM05

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、42年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp