日本人と縄文体質
253797 日本では、実権を持っている者はノーチェック(丸山真男の日本の思想)
 
岸良造 ( 58 香川 技術者 ) 11/07/01 PM09 【印刷用へ
なんでや劇場で議論された「支配階級の骨身に染み付いた属国根性(252930)」及び「庶民にとって『お上』のことなど、どうでもよかった(252990)」と、同様な考えを持っていた政治学者で日本政治思想史研究の「丸山真男」を紹介しているサイト
【こちらデスク:丸山真男と日本の外骨格:旧日本社会は全体依存的な共同体だ(リンク)】がありましたので紹介します。
【主旨】
日本社会は全体依存的な共同体でありそれに基づいた社会構造であって、統治権の帰属者と実質的な権利行使者が分離しており、また正統性の所在と、政策決定の所在が分離している。
日本伝統の共同体的支配体制は、「権威」を持つ天皇は祭り上げられていてなんの力もない。支配の「実権」を持っている官僚や武士は、真ん中にいて威張っていて、その下に被支配階級がいるという構図なのですが、重要な点は、実権を持っている者と権威をもっている者は、お互いがノーチェックであるということなのです。
__________________________________
 つまりね、まず基本は「旧日本社会は共同体だ」ということ。丸山は、こう指摘しています。
【自然の災害も人間の犯した罪も、ハライキヨメの対象と見る倫理意識の規範は所属している共同体にある。普遍的な倫理規範に昇華しない】

 そういう、なんとも無責任であなたまかせ、全体依存の社会観が日本人の社会観の根底にあります。
 そしてその共同体は、「天皇制」という不思議なシステムによって統治されています。
 その特徴は・・・、
【統治権の帰属者と実質的な権利行使者が分離している
 正統性の所在と、政策決定の所在が分離している  
 天皇が表に出てこないのが正統性の根拠
 天皇への奉仕は共同体への奉仕に限りなく近い
 「政事」という言葉の由来は、「祭事」ではなくて「奉仕事」であろう。 天下の臣連以下百僚が天皇の大命を受けて、各自その職務に奉仕するの が、即ち天下の政である。  ・・・つまり政事をするという場合の主語 は君ではなくて、君に奉仕する臣連たちなのだというのが宣長の解釈です。 (『政事の構造 政治意識の執拗低音』)】

「権威」を持つ天皇は祭り上げられていてなんの力もない。支配の「実権」を持っている官僚や武士は、真ん中にいて威張っていて、その下に被支配階級がいるという構図なのですが、重要な点は、実権を持っている者と権威をもっている者は、お互いがノーチェックであるということなのです。
 政治を実際にやるのは臣連(まへつきみ)なんです。彼らが天皇に「つかえまつる」というのが「政事」です。
 そういいながらこいつらは好きなように政治を行う。
 でもって、宮中に参内して「かえりことをます」、つまり報告するんですね。そうすると天皇は「きこしめす」、つまり聞いてあげるわけです。そうやって天皇は、「あめのしたしろしめす」(治天下)わけです。
 
【そして天皇自身も実は皇祖神に対しては、また天神地祇にたいしては「まつる」という奉仕=献上関係にあって・・・絶対的始点(最高統治者)としての「主」(Herr)は厳密にいえば存在の余地はありません。(『政事の構造』)】
__________________________________
 
  List
  この記事は 252990 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_253797
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp